咆哮とは? わかりやすく解説

咆哮

読み方:ほうこう
別表記:咆吼

激しい勢いで咆えること。猛って啼くさま。通常「咆哮」の字用いられるが、「獅子吼」などでは「吼」も含まれる

ほう‐こう〔ハウカウ〕【××哮】

読み方:ほうこう

[名](スル)猛獣などが、ほえたけること。また、その声。「虎(とら)が―する」


咆哮

読み方:ホウコウ(houkou)

ほえること


咆哮

作者藤川晴男

収載図書欅の園生
出版社近代文芸社
刊行年月1991.2


咆哮

作者インゲボルク・バッハマン

収載図書ジムルターン
出版社鳥影社ロゴス企画部
刊行年月2004.6
シリーズ名女の創造力


咆哮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 06:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「咆哮」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「咆哮」を含むページの一覧/「咆哮」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「咆哮」が役に立つかも知れません。


咆哮(wild things)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:55 UTC 版)

バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の記事における「咆哮(wild things)」の解説

避難用ヘリ発着場たどり着くべく、凶暴化した動物たち徘徊するラクーン動物園内を通過する園内植物園熱帯エリア淡水エリアなどといった広大なエリアからなり動物園舞台であるため登場するクリーチャー多種多様である。強敵のゾンビエレファントが序盤から登場して園内徘徊しているため、難易度は高い。敵は主に凶暴化した動物たちで、人間ゾンビ序盤にごく少数登場する程度園内各所に落ちているマスコットメダルは、事務所内の仕掛け使用することで行動可能範囲を広げるために必要な鍵のほか、弾薬などが手に入る難易度によってメダル位置変化し要求される枚数変わる。ボス条件次第で、ゾンビエレファントかゾンビライオンオス)のどちらかになる。

※この「咆哮(wild things)」の解説は、「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の解説の一部です。
「咆哮(wild things)」を含む「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の記事については、「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の概要を参照ください。


咆哮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:55 UTC 版)

バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の記事における「咆哮」解説

オースチン・テイラー ラクーン動物園監視員ハンターとしての腕前一流だが、園内私物の銃を持ち込むなどしていたため勤務態度評価低かった。 なお、作中登場する武器ハンティングライフル』も自身の持ち物で、上司からは持ち帰るように注意されていたが、皮肉にもこの事がメインキャラクター達の脱出大い貢献することとなる。 難易度ハード以上にすると監視所登場し生き残った職員自分の無事を伝えるように依頼するパトリック・レイズ ラクーン動物園職員で、オースチン腕前信頼しているゾンビ逃げ出した動物達襲われたらしく、象ステージ2階に倒れてプレイヤーキャラ達が発見する頃にはひどく衰弱している。 オースチンの無事を伝えたか否か死に際多少変化し、無事を伝えた場合アイテム渡しつつ、安らかな表情事切れるロイド・スチュアート ラクーン動物園職員で、帽子深くかぶっているため素顔見えない動物園正門施錠担当してたらしく園長彼に宛てて書いた施錠に関するメモ確認できるまた、パトリック同じくオースチン信頼している事務所逃げ込んでおり、オースチンの無事を伝えると「機会を見て彼のところに向かう」と言いつつ、アイテムをくれる。

※この「咆哮」の解説は、「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の解説の一部です。
「咆哮」を含む「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の記事については、「バイオハザード アウトブレイク ファイル2」の概要を参照ください。


咆哮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 01:20 UTC 版)

スノー・ライオン」の記事における「咆哮」解説

スノーライオンの咆哮は「空」(サンスクリット: Śūnyatā)、勇気真実の音を具現化しているため、ブッダ教えを表す法と同義であるとして扱われカルマからの解放菩提への呼び声意味する。その咆哮は力強く1回の咆哮で7頭の龍が空から落ちとされている

※この「咆哮」の解説は、「スノー・ライオン」の解説の一部です。
「咆哮」を含む「スノー・ライオン」の記事については、「スノー・ライオン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「咆哮」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

咆哮

出典:『Wiktionary』 (2021/10/03 12:22 UTC 版)

名詞

ほうこう

  1. 猛りほえること。また、その鳴き声

動詞

活用

サ行変格活用
咆哮-する

「咆哮」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「咆哮」の関連用語

咆哮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



咆哮のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの咆哮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバイオハザード アウトブレイク ファイル2 (改訂履歴)、スノー・ライオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの咆哮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS