茶人とは? わかりやすく解説

さ‐じん【茶人】

読み方:さじん

ちゃじん(茶人)


ちゃ‐じん【茶人】

読み方:ちゃじん

茶の湯を好む人。茶道に通じた人。茶道の宗匠

普通の人違った好みある人物好き風流人


茶人

読み方:ちゃじん

  1. 物好きな人をいふ。又珍奇な女を好く男のこと。すべて茶人は数寄者であるから
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

茶人人物一覧

(茶人 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 23:26 UTC 版)

茶人人物一覧(ちゃじんじんぶついちらん)は、茶人茶道に通じた人)の一覧。




「茶人人物一覧」の続きの解説一覧

茶人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 19:35 UTC 版)

信長の野望・将星録」の記事における「茶人」の解説

特になし台詞変わ程度

※この「茶人」の解説は、「信長の野望・将星録」の解説の一部です。
「茶人」を含む「信長の野望・将星録」の記事については、「信長の野望・将星録」の概要を参照ください。


茶人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/09 09:53 UTC 版)

信長の野望・革新」の記事における「茶人」の解説

千利休など。商人町を造る来訪する。主に国内茶道道具武具などを売ってくれる。中国地方には商人町を作ることできない

※この「茶人」の解説は、「信長の野望・革新」の解説の一部です。
「茶人」を含む「信長の野望・革新」の記事については、「信長の野望・革新」の概要を参照ください。


茶人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 02:15 UTC 版)

信長の野望・武将風雲録」の記事における「茶人」の解説

茶会開催要求してくる。各茶人にはレベルがあり、そのレベル見合うだけの等級茶器を持っている時茶会成功し茶会参加した武将教養忠誠度上がり、その国の文化上がることがある。茶人のレベル見合う茶器が無い時や、茶器が無い時に茶会開催すると、茶会失敗し、その国の家臣忠誠度下がり、さらにはその国の文化までも下がことがある。茶人は4人おり、千利休(〜2級)、津田宗及(〜4級)、長谷川宗仁(〜6級)、松井友閑(〜7級)と続く。

※この「茶人」の解説は、「信長の野望・武将風雲録」の解説の一部です。
「茶人」を含む「信長の野望・武将風雲録」の記事については、「信長の野望・武将風雲録」の概要を参照ください。


茶人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 00:58 UTC 版)

後醍醐天皇」の記事における「茶人」の解説

中世に闘茶茶道前身といって香りや味から産地当てる遊び流行したが、後醍醐天皇はそれを最も早く始めた人物の一人として知られる闘茶会であると明言されたものの史料上の初見は、後醍醐天皇政敵ある光天皇元弘2年/正慶元年6月5日1332年6月28日)に開いた茶寄合(『光厳天皇宸記』同日条)であるが、実際はそれに先立つ8年ごろ前に後醍醐天皇無礼講開催され飲茶会(『花園院宸記元亨四年十一月朔日条(1324年11月18日))闘茶であったろう推測されている。 後醍醐天皇開始した建武政権(1333–1336年)の下では、闘茶貴族社会外に爆発的に流行した様子が、当時風刺詩二条河原の落書』に「香十炷」として記されている。さらに、武士の間でも広まり室町幕府の『建武式目』(延元元年/建武3年11月7日1336年12月10日))では茶寄合賭け事をすることが禁じられ『太平記』1370年ごろ完成でも、バサラ大名たちが豪華な室礼部屋飾り大量の景品積み上げて闘茶をしたという物語描かれるまた、茶器一種で、金輪寺きんりんじ/こんりんじ)茶入という薄茶器薄茶入れ容器)を代表する形式考案した。これは、後醍醐天皇大和吉野金輪寺修験道総本山金峯山寺)で「一字金輪の法」を修行していた時にの木から茶入作り天皇自ら修験僧らのために立てて振る舞ったのが起源であるという。また、信長公記『太閤記』四度宗論記』『安土問答正伝記』等によれば戦国時代の武将織田信長は、後醍醐天皇御製金輪寺本歌原品)であるという伝説茶器所持していたことがあり、天正7年1579年5月27日に、安土宗論勝利した浄土宗高僧の貞安に下賜した[信頼性検証]。

※この「茶人」の解説は、「後醍醐天皇」の解説の一部です。
「茶人」を含む「後醍醐天皇」の記事については、「後醍醐天皇」の概要を参照ください。


茶人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 14:28 UTC 版)

吉良義央」の記事における「茶人」の解説

茶人としての義央は、「卜一」(ぼくいち)というの号を名乗り一流興した。また『茶道便蒙抄』を著した茶人山田宗徧などとも親交を持っており、千宗旦晩年弟子一人であるという。ただし千宗旦は義央が未だ五歳であった正保3年1646年)に隠居しており、義央が初めて京を訪れ寛文2年1662年より前万治元年1658年)に亡くなっている。 佐賀鍋島藩支藩である鹿島藩の江戸留守居公用日記御在日記』の元禄11年(1698年)9月2日記述に「吉良上野介様より香炉御所望に付き獅子香炉・町伯荒木酒一器副え御手紙にて陸使にて遣わされ候、唐冠香炉御所望候へども之無く、右の香炉有り合わせ候由て遣わされ候」、同じく11月15日記述に「吉良上野介様卓香炉一つ花色染付大花生一つ、袖香炉二つ物恕付一つ遣わされ候」などが見えるように、義央が所望したため、度々、家宝茶道具いくつも用立てている。 秋田藩家老岡本元朝の『岡本元朝日記』にも松の廊下事件から10日後に書かれた義央に関する記述として、「吉良殿日頃かくれなきおうへいの由。又手の悪き人にて、且物を方々よりこい取被成事多候由先年藤堂和泉殿へ始て御振舞に御越候時も、雪舟の三ふく対御かけ候へは則こひ取被成候由。け様之事方々にて候故、此方様へ御越之時も出入御内々にて目入候能(よき)御道具被出候事御無用御申被成候由ニ候。」などがある。 この情報元朝が、江戸藩邸大番頭渋江光重元朝異父弟)の元禄14年3月17日付(久保田到着はさらに後日)の書状知らされものである。この文章前段には、江戸城大廊下刃傷顛末綴られているが、「切り付けられた義央が刀に手を掛けて「何をするか」と取って斬り返した」「浅野内匠乱心」などと記されている。しかしこれは、実際の刃傷経緯とはかなり異なる(梶川与惣兵衛証言とも「遺恨」を主張した浅野長矩証言とも逸脱している)。これに対して、同じ秋田藩家老梅津忠昭(俳人梅津として義央と交流あり)が、藩主佐竹義処近臣大嶋重為から入手して日記書き付けた刃傷経緯は、ほぼ正確なものとなっている。

※この「茶人」の解説は、「吉良義央」の解説の一部です。
「茶人」を含む「吉良義央」の記事については、「吉良義央」の概要を参照ください。


茶人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 04:58 UTC 版)

信長の野望・天翔記」の記事における「茶人」の解説

披露茶会において政治補正掛かる。また内政コマンド軍事コマンド実行後の台詞が「…の後に飲むはまた格別」となる。

※この「茶人」の解説は、「信長の野望・天翔記」の解説の一部です。
「茶人」を含む「信長の野望・天翔記」の記事については、「信長の野望・天翔記」の概要を参照ください。


茶人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/14 07:01 UTC 版)

信長の野望・烈風伝」の記事における「茶人」の解説

武将セリフ一部変化する茶器茶会イベント起こすのに欠かせない。また茶器与えることによって武将最大義理上昇し等級に応じて上昇値が変化する織田信長細川忠興などが主な茶人。

※この「茶人」の解説は、「信長の野望・烈風伝」の解説の一部です。
「茶人」を含む「信長の野望・烈風伝」の記事については、「信長の野望・烈風伝」の概要を参照ください。


茶人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 23:26 UTC 版)

茶人人物一覧」の記事における「茶人」の解説

丿貫 神屋宗湛 島井宗室 津田宗達 - 宗及の父。 長谷川宗仁 千道安(紹安) - 堺千家利休十哲千少庵 - 三千家千利休後妻連れ子今井宗薫 本阿弥光悦 曲直瀬道三 末吉孫左衛門 角倉素庵 円乗坊宗円 - 利休流藪内剣仲 - 薮内流今井宣法 - 東藪内流華道宣法未生流。 南坊宗啓 - 南坊流。 安楽庵策伝 - 安楽庵流。 小笠原忠真 - 小笠原家茶道古流大森漸斎 - 玉川遠州流小堀遠州門人織田貞置 - 貞置流織田有楽の甥信貞の子一尾伊織 - 三斎流細川三斎門人松浦鎮信 - 石州流鎮信流米津田賢 - 一尾伊織門人安藤信友 - 御家流米津田賢師事古市宗庵 - 古市流、円乗坊宗圓の女婿萱野甚斎 - 萱野流、古田織部の甥。

※この「茶人」の解説は、「茶人人物一覧」の解説の一部です。
「茶人」を含む「茶人人物一覧」の記事については、「茶人人物一覧」の概要を参照ください。


茶人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 09:04 UTC 版)

熊澤一衛」の記事における「茶人」の解説

号を月台と名乗る茶人であった三井財閥系の財界人親交深くて大師会にも度々出席していた。

※この「茶人」の解説は、「熊澤一衛」の解説の一部です。
「茶人」を含む「熊澤一衛」の記事については、「熊澤一衛」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「茶人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「茶人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

茶人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茶人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茶人人物一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの信長の野望・将星録 (改訂履歴)、信長の野望・革新 (改訂履歴)、信長の野望・武将風雲録 (改訂履歴)、後醍醐天皇 (改訂履歴)、吉良義央 (改訂履歴)、信長の野望・天翔記 (改訂履歴)、信長の野望・烈風伝 (改訂履歴)、茶人人物一覧 (改訂履歴)、熊澤一衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS