通とは? わかりやすく解説

つ【通】

読み方:つ

⇒つう


つう【通】

読み方:つう

[音]ツウ(慣) (呉) [訓]とおる とおす かよう

学習漢字2年

[一]ツウ

つかえずとおり抜ける。とおる。「通過通行通風通路開通貫通交通疎通直通不通便通融通(ゆうずう)」

ある場所に行き来する。かよう。「通学通勤

全体に行き渡る一般に広く行われる。「通常通説通俗通念通有通用/共通・弘通(ぐずう)・普通」

ある範囲全部に及ぶ。「通算通史通読通年

言葉情報相手伝える。知らせる。「通告通信通知通報内通文通

物事広く知っている物知り。「通暁通人角通食通精通消息通

男女が情を通わせる。「姦通(かんつう)・私通密通

物事自在に操る働き。「通力(つうりき)/神通力(じんずうりき)」

[二]〈ツ〉全部に及ぶ。「通夜

名のり]とお・なお・ひらく・みち・みつ・ゆき

難読通草(あけび)・木通(あけび)


つう【通】

読み方:つう

【一】[名・形動

ある領域趣味道楽について精通していること。特に花柳界内情詳しいこと。また、その人や、そのさま。「芝居の―だ」「相撲―」

人情に通じ、人柄がさばけていること。特に、男女間の機微に深い思いやりのあることまた、その人や、そのさま。「―な計らい」「―をきかす」

通力(つうりき)。神通力(じんずうりき)。

久米の仙人の、物あらふ女の脛(はぎ)の白き見て、―を失ひけんは」〈徒然・八〉

【二】接尾助数詞手紙証文届け書などを数えるのに用いる。「二―の手紙」


読み方:カヨイ(kayoi)

(1)やりとり往来
(2)飲食給仕
(3)掛買い品名金高月日などをつけておき支払い後日にすること。



作者赤川次郎

収載図書銀座ミステリー傑作選
出版社河出書房新社
刊行年月1987.2
シリーズ名河出文庫


読み方:つう

  1. 花柳界事情によく通じて居る粋な人のことをいふ。通人のこと。〔花柳語〕
  2. 花柳界事情によく通じてゐる粋な人のこと。又通人つうじん或は通客(つうきやく)ともいふ。〔花柳界
  3. 花柳界事情によく通じて居る粋な人のことをいふ。通人のこと。
  4. 花柳界事情によく通じて居る人即ち通人のことをいふ。
  5. その道事情によく通じている人のこと。通人ともいう。

分類 花柳界花柳


読み方:とおす

  1. 贓物処分。〔第三類 犯罪行為
  2. 贓物処分することを云ふ。

読み方:とおす

  1. 強窃盗共犯カ噺合スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・東京府
  2. 料理店等にて、女中が客の註文品を、帳場知らすを云ふ。

分類 東京府東京料理

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:カヨイ(kayoi)

所在 山口県長門市


読み方:トオリ(toori)

所在 栃木県足利市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 08:02 UTC 版)

(つう、とおり)




「通」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:30 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. ツウ趣味分野において、特に暗黙ルールとなっていることまで知悉していること。江戸時代元禄期における趣味人価値が「いきであったに対し化政期において重視され価値
  2. とおり 「通り」とも) 特に市街地内部にあって、形状おおむね同一で連続する道路呼称

翻訳

動詞

文語通ず/(口語通じ

  1. 経路などが、それを利用することにより、ある目的地に至ることが可能である
  2. 開通する。通る。
  3. ある分野について系統だった知識有している。
  4. 人とつながるひそかに連携する。関係を持つ。
  5. 意味伝わる。
  6. 通用する。認められる
  7. (「通じ」「通じて」の形で媒介とする
  8. (「通じ」「通じて」の形で)ある期間一貫する

接尾辞

  1. 助数詞手紙文書数え場合助数詞

手書きの字形について

「通」の構成要素「甬」について、

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「通」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通」の関連用語

1
96% |||||

2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||


7
90% |||||

8
90% |||||


10
90% |||||

通のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



通のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS