通学とは? わかりやすく解説

つう‐がく【通学】

読み方:つうがく

[名](スル)学生・生徒児童学校に通うこと。「電車で—する」


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/03 22:39 UTC 版)

通学(つうがく)とは、児童生徒・学生が学校へ通うこと。[1][2]行きの「登校」と帰り(帰宅)の「下校」を合わせて登下校とも言う。園児が幼稚園や保育園に通う場合は通園(つうえん)といい、行きの「登園」と帰り(帰宅)の「降園」を合わせて登降園ともいう。


  1. ^ コトバンク - 通学”. 2019年12月3日閲覧。
  2. ^ goo辞書 - つう‐がく【通学】 の解説”. 2019年12月3日閲覧。
  3. ^ 登下校の見守り「学校以外が担うべき」文科省が方針朝日新聞DIGITAL(2017年9月24日)2018年3月26日閲覧
  4. ^ 通学路、生活道路に秘策あり 「ゾーン30」効果てきめん!速度下がった!”. 産経新聞 (2014年1月23日). 2019年10月1日閲覧。
  5. ^ 可搬式速度測定装置で京都でも取り締まり”. 京都新聞 (2019年10月1日). 2019年10月1日閲覧。
  6. ^ 東京通学 支援します/100キロ圏自治体、交通費補助/大学進学時の転出防ぐ『日本経済新聞』夕刊2018年3月26日(社会・スポーツ面)2018年3月26日閲覧
  7. ^ 後を絶たない通学路の事故 5年で児童900人が死亡・重傷の現実”. NHK (2021年12月26日). 2022年5月12日閲覧。


「通学」の続きの解説一覧

通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/27 23:05 UTC 版)

長崎精道小学校・中学校」の記事における「通学」の解説

徒歩路線バス電車路線バス等。なお西彼杵郡長与町時津町長崎市東長崎地区方面へ4路線スクールバス運行している。

※この「通学」の解説は、「長崎精道小学校・中学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「長崎精道小学校・中学校」の記事については、「長崎精道小学校・中学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 07:28 UTC 版)

宮城工業高等専門学校」の記事における「通学」の解説

宮城高専所在地は、JR東日本名取駅西口)から徒歩で約20分の野田山のだやま丘陵愛島丘陵一部の上にある。交通アクセスJR名取駅からバス乗り換えることによって到達できるが、JR線バス接続が悪いためアクセス良いとはいえない。そのため、JR名取駅からは、多く学生自転車もしくは徒歩通学している。

※この「通学」の解説は、「宮城工業高等専門学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「宮城工業高等専門学校」の記事については、「宮城工業高等専門学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/03 06:53 UTC 版)

池田学園池田小学校」の記事における「通学」の解説

殆どの児童スクールバス登下校する。通学範囲鹿児島市中心に薩摩川内市霧島市枕崎市垂水市など。遠方児童は、JRフェリー利用する

※この「通学」の解説は、「池田学園池田小学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「池田学園池田小学校」の記事については、「池田学園池田小学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/23 14:09 UTC 版)

山陽小野田市立埴生小学校」の記事における「通学」の解説

大持(おおもつ)・福田地区3年以上が自転車通学同地区1・2年は車送迎その他の地域徒歩通学が原則で、登校時は登校班が結成される

※この「通学」の解説は、「山陽小野田市立埴生小学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「山陽小野田市立埴生小学校」の記事については、「山陽小野田市立埴生小学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 08:46 UTC 版)

鹿児島県立甲陵高等学校」の記事における「通学」の解説

スクールバスいわさきバスネットワークJR九州バス)が運行しており、校内バス停留所乗り降りできる公共交通機関では所要時間的に通学が困難である吉野町吉田地域などからは、特例として原動機付自転車による通学が認められている。スクータータイプかカブタイプが認められており、通学許可され原付青色のゴムプレートをナンバープレートの下に付ける。ヘルメットは、フルフェイスかジェットヘルのみ使用可。 県としてはスクーター通学を認めていない為、新設校が当校敷地決定した事を受けて、現在スクールバス走っていない為特例としてスクーター通学を認めていた吉田吉野地域や通学に非常に不便な鹿児島市南部地域に、スクールバス市営バス走らせることを検討その後について詳しく鹿児島県立明桜館高等学校参照のこと。

※この「通学」の解説は、「鹿児島県立甲陵高等学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「鹿児島県立甲陵高等学校」の記事については、「鹿児島県立甲陵高等学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 10:12 UTC 版)

兵庫県立明石清水高等学校」の記事における「通学」の解説

大部分生徒自転車利用し通学しているが、公共機関利用し通学する生徒もいる。

※この「通学」の解説は、「兵庫県立明石清水高等学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「兵庫県立明石清水高等学校」の記事については、「兵庫県立明石清水高等学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 02:18 UTC 版)

鹿児島市立喜入中学校」の記事における「通学」の解説

2010年2月12日現在、列車通学(JR指宿枕崎線)が全校生徒の32.6%を占めている。地域により原則列車通学となる地域もある。

※この「通学」の解説は、「鹿児島市立喜入中学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「鹿児島市立喜入中学校」の記事については、「鹿児島市立喜入中学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 06:18 UTC 版)

香川県立高松西高等学校」の記事における「通学」の解説

学校鬼無駅西方丘陵地にあるため急な坂道通称: 山口一号線)を登らなければならない大部分生徒自転車通学をしており、1994年度までヘルメット着用義務付けられていた。山口一号線雨の日生徒送迎する保護者車で混雑する地形的特長からしばしば交通事故が起こるため、学校近接する鬼無駐在所の警察官が山を登りきったあたりで立番警戒行っている(今はあまり見られない)。また、毎月1日からの1週間を西高交通安全週間とし、その間通学路事故多発箇所教師交通指導行っている。 鬼無地区盆栽世界的に有名なため通用門付近に"盆栽交通マナー日本一"というスローガン掲げている。これは生徒から募集し決定されたものである

※この「通学」の解説は、「香川県立高松西高等学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「香川県立高松西高等学校」の記事については、「香川県立高松西高等学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/19 08:53 UTC 版)

稲沢市立治郎丸中学校」の記事における「通学」の解説

家が治郎丸中学校から2キロメートル以内のものは徒歩通学、それ以外のものには自転車通学許可している。 通学用バッグアディダスの3WEYバッグ、サブバッグは男子が青、女子が赤のナップサック

※この「通学」の解説は、「稲沢市立治郎丸中学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「稲沢市立治郎丸中学校」の記事については、「稲沢市立治郎丸中学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 05:43 UTC 版)

岐阜県立大垣東高等学校」の記事における「通学」の解説

生徒電車自転車通学する者がほとんどである。電車揖斐川町方面海津市方面等から養老鉄道利用し大垣駅から自転車名阪近鉄バス使用したり、徒歩通学する自転車通学者は、大垣市内、大垣市周辺在住者がほとんどである。なお、自転車1年生2年生一部学校敷地外自転車駐輪場学校所有)に停めておく。これは、校舎市内中心部位置しているため、敷地確保困難なためである。

※この「通学」の解説は、「岐阜県立大垣東高等学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「岐阜県立大垣東高等学校」の記事については、「岐阜県立大垣東高等学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 06:20 UTC 版)

佐賀学園高等学校・成穎中学校」の記事における「通学」の解説

JR佐賀駅からもバスセンターからも徒歩7分で、県外からも通学している。

※この「通学」の解説は、「佐賀学園高等学校・成穎中学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「佐賀学園高等学校・成穎中学校」の記事については、「佐賀学園高等学校・成穎中学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 23:41 UTC 版)

岐阜大学」の記事における「通学」の解説

JR東海名鉄岐阜駅から、岐阜バスが、岐阜大学病院行きなどとして出ている。JR岐阜駅名鉄岐阜駅徒歩数分で、順番としては、JR岐阜駅名鉄岐阜駅岐阜大学岐阜大学病院の順で通る。岐阜大学病院は、岐阜大学キャンパス一部であり、岐阜大学バス停岐阜大学入り口にある。季節時間帯によっては、急行バスなどが出ることもある。 2020年現在岐阜バス名鉄グループであるが、名鉄manaca使えず、独自のICカードであるayuca販売している。

※この「通学」の解説は、「岐阜大学」の解説の一部です。
「通学」を含む「岐阜大学」の記事については、「岐阜大学」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 21:00 UTC 版)

白鷗大学足利中学校・高等学校」の記事における「通学」の解説

栃木県元より群馬県埼玉県からも進学してくる生徒がいる。成績優秀な者やスポーツ柔道など)に秀でた生徒なども在籍する1994年平成6年)度以降2クラス編であったが、移転に際して校舎拡大されたため現在は3クラス編成である。上記通り中等部から高等部への進学率はあまり高くなく、富田キャンパスが殆どである。過半数周辺公立トップ校、または都内近郊私立高進学する県内有数進学校である。

※この「通学」の解説は、「白鷗大学足利中学校・高等学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「白鷗大学足利中学校・高等学校」の記事については、「白鷗大学足利中学校・高等学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 18:10 UTC 版)

鹿児島工業高等専門学校」の記事における「通学」の解説

本科2年次からバイク通学が可能。自動車運転免許自由に取得できるが、駐車場の関係から自動車通学が認められるのは本科5年生専攻科学生限られる例外として、特別許可願を提出し許可下りた学生4年生からの自動車通学が認められる寮生含め、ほとんどの学生学校周辺にある国分隼人自動車学校自動車免許取得する

※この「通学」の解説は、「鹿児島工業高等専門学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「鹿児島工業高等専門学校」の記事については、「鹿児島工業高等専門学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 03:35 UTC 版)

沖縄県立名護高等学校」の記事における「通学」の解説

詳細は「沖縄本島のバス路線」を参照 寮生自転車徒歩での通学。

※この「通学」の解説は、「沖縄県立名護高等学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「沖縄県立名護高等学校」の記事については、「沖縄県立名護高等学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 16:48 UTC 版)

上海日本人学校」の記事における「通学」の解説

生徒安全確保のため、小学部中学部については、PTA運用するマンション・公寓のシャトルバス利用可能浦東においては隣接する東和公寓へは学校から直接ゲートがあり徒歩通学可能。近隣児童生徒保護者グループ作ってチャーターバスや個人車の利用徒歩個人通学を行っている。

※この「通学」の解説は、「上海日本人学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「上海日本人学校」の記事については、「上海日本人学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 00:00 UTC 版)

鹿児島県立沖永良部高等学校」の記事における「通学」の解説

一島一校性格上、国頭地区田皆地区など遠方住んでいる生徒自転車通学のものは1時間程度時間をかけて登校する。なおそういった事情から、遠方部活動入部している生徒原動自転車免許所持者は単車での通学も許可されている。2年生3年生大部分単車通学である。

※この「通学」の解説は、「鹿児島県立沖永良部高等学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「鹿児島県立沖永良部高等学校」の記事については、「鹿児島県立沖永良部高等学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 13:41 UTC 版)

奈良県立生駒高等学校」の記事における「通学」の解説

近鉄生駒線 一分駅下車徒歩15分。学校近くでは、約5分ほど急な坂道階段上る。道は狭く通学路としては危ない。

※この「通学」の解説は、「奈良県立生駒高等学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「奈良県立生駒高等学校」の記事については、「奈良県立生駒高等学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/19 05:21 UTC 版)

三川女子調理師学校」の記事における「通学」の解説

全寮制であり、寮は学校併設されている。

※この「通学」の解説は、「三川女子調理師学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「三川女子調理師学校」の記事については、「三川女子調理師学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/31 22:56 UTC 版)

伊方町立伊方中学校」の記事における「通学」の解説

伊方小学校区:徒歩 ヶ浦小学校区:自転車 上記以外の校区スクールバス 積もった場合歩いて通学できる程度でもバス自転車の関係で臨時休校になることがある

※この「通学」の解説は、「伊方町立伊方中学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「伊方町立伊方中学校」の記事については、「伊方町立伊方中学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 22:32 UTC 版)

学用品」の記事における「通学」の解説

鞄 - 日本の小学校では皮革製のランドセルを使うことが多く一部地域ではナイロン製のランリュック(正式名=ランリック)を使っている。中学校上でボストンバッグなどが使われることが多いが、生徒身体の成長への影響学校のある地域気候豪雪)を鑑みて背負い型の鞄を採用している学校もある。荷物が多いときのためにサブバッグも必要となる。ボストンバッグやサブバッグは学校指定品であることが多い。 帽子 - 日本小学生(特に低学年)は安全のため明る黄色通学帽をかぶるよう指定されることが多い。 靴 - 革靴ズック靴などを使用する学校指定されることも多い。下駄草履サンダルキャラクターの絵の付いた靴などは学校禁止される場合が多い。の日の通学用長靴雪靴も必要となる場合があるが、これらについて学校で色が指定されることもある。 雨傘 - 児童用のものは安全に配慮し石突露先丸くなっている。日本の小学校(特に低学年においては帽子同じく明る黄色のものが指定されている場合がある。図柄や色を制限し華美にならないよう配慮求め学校もある。また、安全上の配慮から、自転車での通学においては自転車運転中の傘の使用禁止しレインウェア着用義務づけている場合が多い。 レインウェア - 児童用のものにはランドセル背負ったまま着用できるフード付き合羽型のものなどがある。日本の小学校(特に低学年においては帽子同じく明る黄色のものが指定されている場合がある。デザインや色を制限し華美にならないよう、また安全であるよう(特に濃色のものは反射材をつけてあるものを選定するなど)配慮求め学校もある。 防寒着 - コートマフラー手袋などの防寒着については色やデザイン制限し華美にならないよう配慮求め学校もある。 反射たすき - 交通事故防止のため、反射材縫いつけたたすきの着用義務づける学校もある。 ヘルメット - 自転車通学者に着用義務づける場合が多い。徒歩通学の場合でも着用義務づける学校もある。 防犯ブザー - 日本では近年多発する子供狙った犯罪から児童・生徒を守るため携行させるようになりつつある。使い方講習とともに学校から配付される場合もある。

※この「通学」の解説は、「学用品」の解説の一部です。
「通学」を含む「学用品」の記事については、「学用品」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/05 13:47 UTC 版)

精道三川台小学校・中学校・高等学校」の記事における「通学」の解説

徒歩路線バス電車路線バス等。なお西彼杵郡長与町時津町長崎市東長崎地区方面へ4路線スクールバス運行している。

※この「通学」の解説は、「精道三川台小学校・中学校・高等学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「精道三川台小学校・中学校・高等学校」の記事については、「精道三川台小学校・中学校・高等学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 08:43 UTC 版)

長崎南山小学校」の記事における「通学」の解説

スクールバスを以下3路線運行している。

※この「通学」の解説は、「長崎南山小学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「長崎南山小学校」の記事については、「長崎南山小学校」の概要を参照ください。


通学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 23:53 UTC 版)

聖マリア学院小学校・中学校」の記事における「通学」の解説

スクールバスを以下4路線運行している。

※この「通学」の解説は、「聖マリア学院小学校・中学校」の解説の一部です。
「通学」を含む「聖マリア学院小学校・中学校」の記事については、「聖マリア学院小学校・中学校」の概要を参照ください。


通学(全日制課程)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 15:38 UTC 版)

山口県立下関西高等学校」の記事における「通学(全日制課程)」の解説

自転車通学認められているが、駐輪場スペースの関係から学校より3km以遠に住む生徒制限されている。

※この「通学(全日制課程)」の解説は、「山口県立下関西高等学校」の解説の一部です。
「通学(全日制課程)」を含む「山口県立下関西高等学校」の記事については、「山口県立下関西高等学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「通学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

通学

出典:『Wiktionary』 (2021/12/18 12:46 UTC 版)

名詞

つうがく

  1. 児童生徒学業部活動などのため学校通うこと。

関連語

動詞

翻訳


「通学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通学」の関連用語

1
92% |||||

2
92% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



通学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの長崎精道小学校・中学校 (改訂履歴)、宮城工業高等専門学校 (改訂履歴)、池田学園池田小学校 (改訂履歴)、山陽小野田市立埴生小学校 (改訂履歴)、鹿児島県立甲陵高等学校 (改訂履歴)、兵庫県立明石清水高等学校 (改訂履歴)、鹿児島市立喜入中学校 (改訂履歴)、香川県立高松西高等学校 (改訂履歴)、稲沢市立治郎丸中学校 (改訂履歴)、岐阜県立大垣東高等学校 (改訂履歴)、佐賀学園高等学校・成穎中学校 (改訂履歴)、岐阜大学 (改訂履歴)、白鷗大学足利中学校・高等学校 (改訂履歴)、鹿児島工業高等専門学校 (改訂履歴)、沖縄県立名護高等学校 (改訂履歴)、上海日本人学校 (改訂履歴)、鹿児島県立沖永良部高等学校 (改訂履歴)、奈良県立生駒高等学校 (改訂履歴)、三川女子調理師学校 (改訂履歴)、伊方町立伊方中学校 (改訂履歴)、学用品 (改訂履歴)、精道三川台小学校・中学校・高等学校 (改訂履歴)、長崎南山小学校 (改訂履歴)、聖マリア学院小学校・中学校 (改訂履歴)、山口県立下関西高等学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの通学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS