よっぽどとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 茨城弁 > よっぽどの意味・解説 

よっ ぽど [0] 【余っ程】

〔「よきほど」の転。「余」は当て字
( 副 )
程度はなはだしいさま。普通の程度を超えているさま。たいそう。ずいぶん。 「家にいた方が-ましだ」 「 -疲れていたとみえて,もう眠ってしまった」
(下に「(しよう)かと思った」を伴う)もう少しのところでそうなってしまいそうなさま。 「 -怒鳴りつけてやろうかと思ったが我慢した」
ちょうどよい程度であるさま。 「瑟の緒のあはひ広狭もなく-に寸法有るを云ふぞ/毛詩抄 3
大体。およそ。 「物を知る器量があつたぞ,王戎と-同じやうにあつたぞ/蒙求抄 1
形動[文] ナリ
程度はなはだしいさま。普通の程度を超えているさま。 「 -なことがないかぎり怒らない」 「あなたは-度胸のない方ですね/三四郎 漱石
すでに適当な程度を超えて,やめてもらいたいさま。いいかげん。 「 -にあがけよ,そこなぬくめ/浄瑠璃鑓の権三 」 〔「よほど」より古く成立した語。現代語では,「よほど」をさらに強め言い方として用いる〕


【よっぽど、よんど】 よっぽど、よんど

余程

よっぽど

[変]=余程(よほど)=かなり、相当 ・「よっぽど馬鹿だったんだ」


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「よっぽど」の関連用語

よっぽどのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



よっぽどのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
茨城王茨城王
copyright 2000-2019. ibaraking all rights reserved.
あがつま語☆実用会話講座あがつま語☆実用会話講座
Copyright (C) 2019 あがつま語☆実用会話講座 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS