RCとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 水処理用語 > RCの意味・解説 

アール‐シー【RC】


アール‐シー【RC】


アール‐シー【RC】


RC…鉄筋コンクリート(Reinforced Concrete)

設計自由度が高いので、限られた設置スペースFRP製では対応できない大規模施設場合に用いられます。

R/C

英語 running change

クルマ認証制度において、認可または認定を受けたクルマ仕様諸元などを変更し、生産ラインクルマ設計変更した部品折り込むことをいう。R/Cを実施する場合変更申請が必要になるケースが多いが、内容によっては再試験を受けることもある。なお、国により変更申請内容手続きなどが異なる。

参照 FF承認申請
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

RC(造)

Reinforced Concrete Structureの略。 鉄筋コンクリート造をいう。主要構造部小梁大梁スラブ・壁等)すべてを鉄筋コンクリート作り一体化した構造のこと。

RC(アールシー)

 鉄筋コンクリートのこと。

 セメント、礫、砂利をこねて調整したコンクリートで、配設した鉄筋を覆うように打設して固化させたもの。土木構造物建築構造物の基本的構造材


3-(2-O-β-D-グルコピラノシル-β-D-グルコピラノシルオキシ)-12-ヒドロキシ-20-(6-O-α-L-アラビノフラノシル-β-D-グルコピラノシルオキシ)ダンマラ-24-エン

分子式C53H90O22
その他の名称:3-(2-O-β-D-Glucopyranosyl-β-D-glucopyranosyloxy)-12-hydroxy-20-(6-O-α-L-arabinofuranosyl-β-D-glucopyranosyloxy)dammara-24-ene、Rc
体系名:3-(2-O-β-D-グルコピラノシル-β-D-グルコピラノシルオキシ)-12-ヒドロキシ-20-(6-O-α-L-アラビノフラノシル-β-D-グルコピラノシルオキシ)ダンマラ-24-エン


RC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 18:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

RC

一般名詞

地名、組織名など

製品名など

フィクション

  • リギルド・センチュリー(Regild Century:R.C.) - テレビアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』で使われる架空の紀年法。
  • スリムスR・C(Slims R・C) - テレビアニメ『魔境伝説アクロバンチ』に登場するサブテクノロボ、及びその通称として"スリムス"を省いて。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「RC」の関連用語

RCのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



RCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキアクシスダイキアクシス
Copyright (C) DAIKI AXIS Co., LTD Allrights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2021 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのRC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS