ゴムタイヤ式地下鉄とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ゴムタイヤ式地下鉄の意味・解説 

ゴムタイヤ式地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/21 00:14 UTC 版)

ゴムタイヤ式地下鉄(Rubber-tyred metro) は、道路鉄道の技術を合わせた軌道輸送機関である。車両の車輪はゴムタイヤを備え、従来の鉄道が鉄製の車輪のフランジによって鉄軌条に沿って走るのと同様に案内軌条に導かれて走る。ほとんどのゴムタイヤ方式の列車は専用に設計されたシステムにより運行されている。案内軌条式鉄道の一種。




[ヘルプ]
  1. ^ かつて札幌市営地下鉄東西線とJR函館本線との直通運転が検討されたことがあり、技術的には可能だが車両の開発費が高額になるため採算が取れないとして中止されている(北海道新聞2001年12月16日朝刊ほか。ノート:札幌市営地下鉄も参照)。


「ゴムタイヤ式地下鉄」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ゴムタイヤ式地下鉄」の関連用語

ゴムタイヤ式地下鉄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゴムタイヤ式地下鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴムタイヤ式地下鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS