運賃表示器とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 運賃表示器の意味・解説 

運賃表示器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/19 05:59 UTC 版)

運賃表示器(うんちんひょうじき、「運賃表示機」とも)とは、路線バスないし鉄道の車両内において、運賃を表示するために設置されている機械装置である。事業者によっては「運賃表」や「運賃モニタ」、「運賃モニター」(例:京都京阪バス)などと称している。


  1. ^ 路線バスでも整理券にバーコードが印刷されている場合は、特に「6」と「9」は区別されない。


「運賃表示器」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「運賃表示器」の関連用語

運賃表示器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リビング

ピサの斜塔

うるち米

プッシュダガーナイフ

灘のけんか祭りのだんじり太鼓

キハダ

新木栄吉

ロワイヤル





運賃表示器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの運賃表示器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS