国道58号とは? わかりやすく解説

国道58号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/06/04 00:07 UTC 版)

国道58号(こくどう58ごう)は、鹿児島県鹿児島市から種子島奄美大島を通り、沖縄県沖縄島那覇市に至る一般国道である。複数のフェリーで結ばれている、海上航路部分も国道扱いとなっている。


注釈

  1. ^ a b c d e f g h 2020年3月31日現在
  2. ^ 九州・沖縄地区の交通量第2位は国道202号長崎県長崎市大黒町長崎駅前(76,346台/日)、第3位は国道3号福岡県糟屋郡新宮町大字三代(70,372台/日)である。
  3. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  4. ^ 国道3号国道10号国道225号国道226号終点より国道10号寄り180 m程の位置にある。
  5. ^ a b 2006年3月20日 - 名瀬市・大島郡笠利町・住用村が合併し奄美市が発足。
  6. ^ 許田と名護の間は「名護の七曲がり」と称され、8 km内に40以上のカーブが続くつづら折れの道であった。

出典

  1. ^ a b c (PDF)『交差点名標識を観光地名称等に変更します! 〜観光地へのわかりやすい案内に向けて〜』(プレスリリース)国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所、2018年12月25日。 オリジナルの2019年2月13日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190213005542/http://www.qsr.mlit.go.jp/kakoku/hodo/h30/181225.pdf2020年5月16日閲覧 
  2. ^ a b 浅井建爾 2015, pp. 18–19.
  3. ^ a b c d e f g h i 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況” (XLS). 道路統計年報2021. 国土交通省道路局. 2022年3月15日閲覧。
  4. ^ a b “鹿児島―那覇 長さ日本一の国道58号は7割が海の上”. 南日本新聞. (2021年4月19日). オリジナルの2021年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210419064135/https://373news.com/_news/?storyid=135837 2021年4月19日閲覧。 
  5. ^ a b c d 松波成行 2008, p. 87.
  6. ^ 浅井建爾『道と路がわかる辞典』(初版)日本実業出版社、2001年11月10日、127頁。ISBN 4-534-03315-X 
  7. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2020年6月28日閲覧。
  8. ^ 『やんばる国道物語』 p.70
  9. ^ 佐藤健太郎 2014, pp. 232–233、「58号のアイテム」より。
  10. ^ a b 佐藤健太郎 2014, p. 238、「沖縄のマザーロード」より。
  11. ^ 鹿児島放送開局30周年記念番組 海の道が結ぶ自然遺産~屋久島・奄美大島 奇跡の島々へ〜”. 鹿児島放送. 2012年1月27日閲覧。


「国道58号」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国道58号」の関連用語

国道58号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国道58号のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国道58号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS