芸予諸島とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 島嶼名辞典 > 芸予諸島の意味・解説 

げいよ しょとう -しよたう 【芸予諸島】 ◇

瀬戸内海の、燧灘ひうちなだ)・備後灘安芸灘の間に散在する島々。 〔安芸国現在の広島県)と伊予国現在の愛媛県)にまたがることからの名〕

芸予諸島

読み方:ゲイヨショトウ(geiyoshotou)

瀬戸内海の島群

所在 広島県愛媛県

別名 芸予叢島(ゲイヨソウトウ)

位置・形状 瀬戸内海中西部、燧灘安芸灘の間。カコウ岩・流紋岩・古生層などからなる

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

芸予諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/08 08:42 UTC 版)

芸予諸島(げいよしょとう)は、日本瀬戸内海西部に位置する諸島。広島県愛媛県に属しているため、両県の旧国名であるから一文字ずつ取ってこう呼ばれている。




  1. ^ a b c d 芸予諸島”. コトバンク. 2016年8月1日閲覧。
  2. ^ http://www.stat.go.jp/data/chiri/gis/did.htm[リンク切れ]
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 海・島が織りなす瀬戸内海の歴史 ~芸備地方を中心に~”. 2016年7月11日閲覧。
  4. ^ 来島海峡のみどころ”. しまなみ. 2016年8月1日閲覧。
  5. ^ 音戸瀬戸平清盛開削伝説に関する学際的研究とその地域教材化 (PDF)”. 呉オープンカレッジネットワーク会議. 2016年8月26日閲覧。
  6. ^ a b (2)自給型農業から商品作物農業へ”. 愛媛県生涯学習センター. 2016年8月27日閲覧。
  7. ^ 国立公園観音山”. しまなみ海道観光マップ. 2016年8月27日閲覧。
  8. ^ イノシシ急増被害深刻【2】海を泳ぐ事情と犬嫌い”. 2016年7月11日閲覧。
  9. ^ 愛媛県越智郡上島町 赤穂根島総合生物調査
  10. ^ a b c わがふるさとと愛媛学Ⅶ ~平成11年度 愛媛学セミナー集録~”. 2016年11月4日閲覧。
  11. ^ a b c 広島県の土器製塩”. 広島県教育事業団事務局. 2016年8月23日閲覧。
  12. ^ 芸予諸島の古代製塩”. 愛媛県生涯学習センター. 2016年8月23日閲覧。
  13. ^ a b c ひろしまの遺跡”. 2016年11月4日閲覧。
  14. ^ a b c d e 赤尾政雄 『大三島と大山祇神社』 以文会、1921年2016年8月24日閲覧。
  15. ^ 大山祇神社について”. 大山祇神社. 2016年8月24日閲覧。
  16. ^ a b c あけぼのの伊予水軍”. 広島観光ナビ. 2016年8月19日閲覧。
  17. ^ a b 山口佳巳「広島県呉市大崎下島大長の宇津神社棟札 (PDF) 」 、『広島大学総合博物館研究報告 -(3)』、広島大学総合博物館、2011年2016年9月16日閲覧。
  18. ^ 今谷明「米・塩・木材の道」、『週刊朝日百科日本の歴史』20、中世II-9(琵琶湖と淀の水系)、5-263頁。
  19. ^ 海をめぐる歴史と文化 中世 (PDF)”. 海事都市尾道推進協議会. 2016年8月23日閲覧。
  20. ^ a b Ⅲ 水軍と城跡 (PDF)”. 尾道市. 2016年8月19日閲覧。
  21. ^ a b “日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶- (PDF)”. 文化庁. 2016年8月5日閲覧。
  22. ^ 尾道の歴史と遺跡 近世編 (PDF)”. 尾道市教育委員会. 2016年8月5日閲覧。
  23. ^ 尾道の歴史と遺跡 中世編 第1章 港町の成立と発展 (PDF)”. 尾道市教育委員会. 2016年8月5日閲覧。
  24. ^ 広島県の文化財 - 丸子山城跡”. 大山祇神社. 2016年8月24日閲覧。
  25. ^ 瀬戸内を生きた人びと”. 日本観光振興協会. 2016年8月27日閲覧。
  26. ^ 御手洗 -1”. JR西日本. 2016年8月1日閲覧。
  27. ^ a b c 第17回企画展示「尾道あ・ら・かると~塩と鉄~」 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2016年8月23日閲覧。
  28. ^ 愛媛県の塩田”. 愛媛県生涯学習センター. 2016年8月23日閲覧。
  29. ^ a b 瀬戸内海の歴史”. 瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会. 2016年8月6日閲覧。
  30. ^ 旧大浜埼船舶通航潮流信号所”. 土木学会. 2016年8月6日閲覧。
  31. ^ 杉本誠起「因島総合病院 (PDF) 」 、『岡山医学会雑誌 No.114』、岡山医学会、2002年9月30日2016年8月6日閲覧。
  32. ^ 愛媛県はなぜ日本有数のみかん産地か (PDF)”. 愛媛県. 2016年8月6日閲覧。
  33. ^ a b 因島の除虫菊(いんのしまのじょちゅうぎく)”. ひろしま文化大百科. 2016年8月24日閲覧。
  34. ^ 内山幸久「III 因島市における商品作物生産の特徴 (PDF) 」 、『立正大学人文科学研究所年報 No.5』、立正大学人文科学研究所、1985年2016年8月24日閲覧。
  35. ^ ≪インタビュー企画≫捕鯨文化が生んだ技術と組織産業の礎”. 福山市. 2016年8月6日閲覧。
  36. ^ 望月圭介伝刊行会 『望月圭介伝』 羽田書店、1945年、26頁。2016年8月12日閲覧。
  37. ^ a b 布川弘「近世後期瀬戸内における「船後家」について (PDF) 」、広島大学、2006年2016年8月26日閲覧。
  38. ^ “瀬戸内の遊女と「おちょろ」”より”. 岩波書店. 2016年8月26日閲覧。
  39. ^ 因島空襲”. 2016年11月10日閲覧。
  40. ^ 因島空襲”. 2016年11月10日閲覧。
  41. ^ a b 辺境の島の悲哀”. 2017年3月19日閲覧。
  42. ^ 中国・四国の市町村合併”. 2016年9月12日閲覧。
  43. ^ a b 因島・瀬戸田の合併 待ったなしの選択肢 尾道圏域で仕切り直し”. 2016年9月12日閲覧。
  44. ^ 愛媛県における市町村合併に対する住民評価② ――「周辺部編入型合併」――”. 2017年3月19日閲覧。
  45. ^ 第15回企画展示 てっぱん」・造船のまち尾道 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2017年7月14日閲覧。
  46. ^ 概要”. 2017年7月14日閲覧。
  47. ^ 因島柑橘史
  48. ^ 瀬戸内 広島レモンとは”. 広島県 (2012年11月29日). 2016年8月24日閲覧。
  49. ^ 海の道 瀬戸内しまなみ海道”. 2016年7月11日閲覧。
  50. ^ 広島で「おしい」のは、観光資源?いや、交通インフラでしょう”. 2016年7月11日閲覧。
  51. ^ a b 【探訪】広島県・契島 雨にかすむ「生きた軍艦島」”. 2016年7月11日閲覧。
  52. ^ 日本海運支える「愛媛船主」 生き残りかけた正念場に”. 2016年7月11日閲覧。
  53. ^ 瓢箪島が登録記念物に登録されます”. 尾道市. 2016年7月10日閲覧。
  54. ^ 瀬戸内の島々の生活文化(平成3年度)”. 2016年11月10日閲覧。
  55. ^ a b 櫂伝馬の由来”. 大崎上島櫂伝馬. 2016年9月1日閲覧。
  56. ^ 「櫂伝馬」15年ぶり復活 今治・大三島”. 愛媛新聞 (2014年6月2日). 2016年9月1日閲覧。


「芸予諸島」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芸予諸島」の関連用語

芸予諸島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



芸予諸島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芸予諸島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS