生口島とは?

生口島

読み方:イノクチシマ(inokuchishima)

芸予諸島属す瀬戸内海有人

所在 広島県因島市豊田郡瀬戸田町の1市1町

別名 瀬戸田島(セトダジマ)

位置・形状 三原市の南17km。古生層とカコウからなる卵形の島


生口島

読み方:イノクチシマ(inokuchishima)

所在 広島県因島市ほか

参照 いくちじま

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

生口島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 02:20 UTC 版)

生口島(いくちじま[1]、いくちしま[2])は、瀬戸内海にある




  1. ^ 有人島ごとの人口及び世帯数 (PDF)”. 尾道市役所. 2019年1月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 生口島”. コトバンク. 2016年2月5日閲覧。
  3. ^ 広報おのみち - 特集 尾道市制施行120周年”. 尾道市役所. 2018年5月22日閲覧。p.4。「安芸国瀬戸田」と記述する。
  4. ^ 藤田裕嗣 (1987). “安芸国沼田荘の市場と瀬戸内流通網”. 歴史地理学: p.10. http://hist-geo.jp/img/archive/136_001.pdf. 
  5. ^ 島面積 平成26年全国都道府県市区町村別面積調 (PDF)”. 国土地理院. 2016年2月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 尾道市歴史的風致維持向上計画(表紙・目次・第1章) (PDF)”. 尾道市. 2016年2月5日閲覧。
  7. ^ 国立公園観音山”. しまなみ海道観光マップ. 2016年2月5日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 尾道市景観計画 2(生口島地域) (PDF)”. 尾道市. 2016年2月5日閲覧。
  9. ^ 生口島 平均値 1981-2010”. 気象庁. 2016年2月5日閲覧。
  10. ^ a b 尾道の歴史と遺跡 原始~古代編 (PDF)”. 尾道市教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  11. ^ a b c 尾道市(旧・因島市,旧・豊田郡瀬戸田町,旧・御調郡御調町,向島町を含む) (PDF)”. 広島県教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  12. ^ a b 神武天皇聖蹟誌』 広島県、1941年、115-116頁。2016年2月5日閲覧。
  13. ^ ホーランエ(管絃祭)”. しまなみ海道観光マップ. 2016年2月5日閲覧。
  14. ^ 広島県の文化財 - 垂水天満宮のウバメガシ群落”. 広島県教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  15. ^ 広島県の文化財 - 光明坊十三重塔”. 広島県教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  16. ^ a b 光明坊の歴史”. 光明坊. 2016年2月5日閲覧。
  17. ^ 垂水天満宮(牛天神)”. しまなみ海道の観光マップ. 2016年2月5日閲覧。
  18. ^ 垂水天満宮”. おのナビ. 2016年2月5日閲覧。
  19. ^ a b c d e 尾道市歴史的風致維持向上計画(第2章後半) (PDF)”. 尾道市教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m 尾道の歴史と遺跡 近世編 (PDF)”. 尾道市教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  21. ^ 瀬戸田町の沿革”. 瀬戸田町(Internet Archives). 2016年2月5日閲覧。
  22. ^ a b 沢井常四郎 『芸備の荘園』 三原図書館、1941年2016年2月5日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i 尾道の歴史と遺跡 中世編 第1章 港町の成立と発展 (PDF)”. 尾道市教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  24. ^ a b c d 尾道の歴史と遺跡 中世編 第3章 水軍と城跡 (PDF)”. 尾道市教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  25. ^ 尾道の歴史と遺跡 中世編 第4章 中世寺院と石造物 (PDF)”. 尾道市教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  26. ^ a b c 尾道市歴史的風致維持向上計画(第2章前半 (PDF)”. 尾道市教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  27. ^ 広島県の文化財 - 向上寺三重塔”. 広島県教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  28. ^ 寺縁起”. 向上寺. 2016年2月5日閲覧。
  29. ^ 名荷神楽(みょうがかぐら)”. ひろしま文化大百科. 2016年2月5日閲覧。
  30. ^ a b c 24.茶臼山城跡  ”. 因島市(Internet archives). 2016年2月8日閲覧。
  31. ^ 「海の道」の近世」 (PDF)”. 広島県立文書館. 2016年2月5日閲覧。
  32. ^ a b c 重見之雄 (1982-06). “塩田の所有形態とその変化について-5-広島県瀬戸田塩田を中心として” (PDF). 歴史地理学 Vol.117 (歴史地理学会). http://hist-geo.jp/pdf/archive/110/117_013.pdf 2016年2月5日閲覧。. 
  33. ^ 第7回企画展示 造船のまち 尾道 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2016年2月5日閲覧。
  34. ^ 第15回企画展示 「てっぱん」・造船のまち尾道 (PDF)”. 尾道商業会議所記念館. 2016年2月5日閲覧。
  35. ^ 瀬戸田町長三原合併求め臨時町議会 合併問題調査特別委は反対意見噴出 逆転狙い一縷の望みに一喜一憂する因島市長”. せとうちタイムズ (2015年5月1日). 2016年2月5日閲覧。
  36. ^ 生口島”. ひろしま観光ナビ. 2016年2月5日閲覧。
  37. ^ a b c d e 石井廣志 (2005). “観光地の再生(第1報)” (PDF). 東京家政学院大学紀要 Vol.45 (東京家政学院大学). https://www.kasei-gakuin.ac.jp/library/kiyou/zenbun/45H3.pdf 2016年2月5日閲覧。. 
  38. ^ 瀬戸田シトラスパークリニューアル 観光公園へ”. せとうちタイムズ (2015年1月10日). 2016年2月5日閲覧。
  39. ^ a b c d e 瀬戸内 広島レモンとは”. 広島県 (2012年11月29日). 2016年2月5日閲覧。
  40. ^ 瀬戸内 広島レモン”. 広島県 (2013年5月1日). 2016年2月5日閲覧。
  41. ^ a b c d 生口島とレモン”. パティスリーオクモト. 2016年2月5日閲覧。
  42. ^ a b c 島ごと美術館”. 尾道市. 2016年2月5日閲覧。
  43. ^ -瀬戸田町の「島ごと美術館」-”. いよぎん地域経済研究センター. 2016年2月5日閲覧。
  44. ^ 広島県の文化財 - 尾道市”. 広島県教育委員会. 2016年2月5日閲覧。
  45. ^ 新藤監督と殿山泰司 ふたりの縁がとりもつ瀬戸田・因島・尾道 乙羽信子さんに鏡浦町が沸く”. せとうちタイムズ (2015年4月11日). 2016年2月5日閲覧。
  46. ^ 瀬戸田ゲストハウス<併設>瀬戸田しまなみユースホステル
  47. ^ 沢(瀬戸田)―須波(三原)土生商船が航路継続”. せとうちタイムズ (2015年10月3日). 2016年2月5日閲覧。


「生口島」の続きの解説一覧



生口島と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生口島」の関連用語

生口島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生口島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生口島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS