反時計回りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 反時計回りの意味・解説 

反時計回り

読み方:はんとけいまわり

左回り通称方角で西、南、東、北と移動する回り方。時計回り対する語。英語ではアンチクロックワイズと言う

時計回り・反時計回り

(反時計回り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/08 15:53 UTC 版)

時計回り(とけいまわり、: clockwise)、反時計回り(はんとけいまわり、: anticlockwise,: counterclockwise)とは、時計の針の動きを基準として、平面内の回転の向きや、周回経路を移動・回る方向を区別する呼び方を言う。その平面をどちらの半空間側から観察しているかに基づく表現である。


  1. ^ この反時計回り回転は、右手系のXYZ座標系のZ=0のXY面上の回転運動をZ>0側から観察していることになる。なお正のZ軸方向に関して「右手」回りである。
  2. ^ 公益財団法人日本陸上競技連盟 陸上競技ルールブック2012のサイト


「時計回り・反時計回り」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反時計回り」の関連用語

反時計回りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



反時計回りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの時計回り・反時計回り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS