ミス・ワールドとは?

ミス・ワールド

英語:Miss World

1951年から開催されている世界規模ミスコンテスト。「ミス・ユニバース」および「ミス・インターナショナルと共に世界三大ミスコン」として知られ、3大会中でも最も歴史が古い。第40大会までは英国ロンドン開催された。

ミス・ワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/25 03:04 UTC 版)

ミス・ワールドMiss World)は1951年ロンドンで第1回大会が行われて以来、毎年開催されているミス・コンテスト[1][2]ミス・ユニバースミス・インターナショナルミス・アースと並び、世界四大ミスコンテストに数えられる[3]


  1. ^ Tianjin Miss World China Pageant comes to a close”. China Daily (2009年8月28日). 2011年5月24日閲覧。
  2. ^ Miss Universe on August 23”. Timesofmalta.com. 2011年5月24日閲覧。
  3. ^ 西野基久 (2008年12月27日). “意外に知られていない!? 世界三大ミスコンの歴史と違いを探ってみた”. 日経トレンディネット. 株式会社日経BP. 2019年5月7日閲覧。
  4. ^ Frontline World: A Pageant is Born”. Pbs.org. 2011年5月24日閲覧。
  5. ^ Bet on Miss World Pageant”. Covers.com. 2011年5月24日閲覧。
  6. ^ Tiza.com. Miss World
  7. ^ Should the Miss World pageant have gone ahead?
  8. ^ Mayor's frosty reception for Miss World
  9. ^ “ミス・ワールド大本命落選 中国陰謀説、ノーベル賞の腹いせ!?”. MSN産経ニュース. 産業経済新聞社. (2010年11月3日). http://sankei.jp.msn.com/world/china/101103/chn1011030246001-n1.htm 2015年10月20日閲覧。 
  10. ^ Puerto Rico's Stephanie Del Valle crowned Miss World 2016”. GMA Network (2016年12月18日). 2016年12月19日閲覧。
  11. ^ あでやかに"健闘"誓う『朝日新聞』1964年11月7日夕刊3面
  12. ^ a b c d 『週刊サンケイ』1959年7月臨時増刊号33頁、46頁、48頁、18~19頁
  13. ^ 「人物双曲線 ミス・ユニバースとミス・ワールド」『週刊朝日 昭和32年6月23日号』、朝日新聞社、1957年、 80頁。
  14. ^ 雪の朝、墜落の悲報 スチュワーデスは準ミス日本『朝日新聞』1964年2月18日夕刊7面
  15. ^ 双子で?ミスと準ミス?美女日本代表選考の2大会『読売新聞』1988年7月17日26面
  16. ^ ミス・ワールド・ジャパン2016(1) 日本代表は吉川プリアンカが受賞WWSチャンネル、2016年9月15日
  17. ^ 『ミス・ワールド・ジャパン2017』7,150人の頂点は現役女子大生・山下晴加が日本代表決定。<全29枚>WWSチャンネル、2017年9月15日
  18. ^ 「ミス・ワールド2018」日本代表決定 伊達政宗の末裔・慶応大学の伊達佳内子さんモデルプレス、2018年8月28日
  19. ^ “2013年度ミス・ワールド日本代表の世界大会への派遣中止のお知らせ” (プレスリリース), 国際文化協会, (2013年1月9日), http://www.miss-international.org/ja/news/2013/01/2013-6.html 2013年2月3日閲覧。 


「ミス・ワールド」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミス・ワールド」の関連用語

ミス・ワールドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミス・ワールドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミス・ワールド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS