トレーニングプログラムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > トレーニングプログラムの意味・解説 

トレーニングプログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 05:34 UTC 版)

アヤックス・アカデミー」の記事における「トレーニングプログラム」の解説

サッカー基本となるTIPSを、発育に合わせて段階的に教えていく。 5 - 7歳F-1)では、パス・スピード・ドリブル精度・シュート・フェイントに関する「T」を重点的に指導するボールに対する感覚、ボールコントロールを身につけ、ボール仲良く友達)なることがこの時期の最大の目的テクニック5歳から10歳までの間にトレーニングする効果倍増すると言われていて、大人になってからではあまり上達しない子供の内は短期間で驚くほど成長を見せるため、この時期にサッカー基本指導する。また「ランキング」や「点数」はつけない目に見えない程度競わせるのも大切である。 7 - 12歳E-3, E-2, E-1)では、簡単な試合を通して基本的な技術「T」と洞察力「I」向上させる指導が行われる。目標は、あくまでも基本的な技術の向上である。子供たちの「コミュニケーション能力」や「協調性」などもチェック目に入る。たとえサッカースキル高くても、これら項目が一つでも欠けていたら、上のカテゴリー上げる事は許されない12 - 16歳D-3, D-2, D-1)(C-3, C-2, C-1になると、「TIPS」をバランスよく指導する、ライン・ポジションごとの役割チームワークを学ぶ、ミニゲームから11人で試合戦えるレベルに達することが目的である。インナーマッスル鍛え体幹」を作ることこの時期に行われるあくまでも内筋であってアウターマッスル外筋)は一切鍛えない。クライフアシスタントでもあったトニー・ブラインス・スロット氏は「体幹作るのに最も適したスポーツ日本の柔道だ」と述べている。 16 - 20歳(B-2, B-1)(A-2, A-1)ではチーム戦術学び個人技術・フィジカル・チーム力の強化目指す戦術アヤックス基本システム3トップ中心に個人技術はトラップ中心に指導フィジカル専属のボクシングトレーナーをつけ、外筋中心に鍛える。発育段階5歳から15歳)で過度な筋力トレーニングをすると身体悪影響を及ぼすめであるこのように子供たち発達段階に合わせた指導がとても重要なのであるトップチームJong)では、さらにセットプレー・スタミナ強化・サッカーエアロビクスなどが加わる。メニュー主体は、もっぱらフィジカル強化にある。90分以上走体力はもちろんのこと、体力消費抑えるため「トラップフォーム」「シュートフォーム」「ランニングフォーム」を研究しそれらを実践することに重点置いている。

※この「トレーニングプログラム」の解説は、「アヤックス・アカデミー」の解説の一部です。
「トレーニングプログラム」を含む「アヤックス・アカデミー」の記事については、「アヤックス・アカデミー」の概要を参照ください。


トレーニングプログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 10:14 UTC 版)

脳科学総合研究センター」の記事における「トレーニングプログラム」の解説

チュートリアルシリーズ置き換えるべく2010年から開始され大学院生対象のコース使用言語は英語。書類面接による選考有り少人数20人程)のコースである。

※この「トレーニングプログラム」の解説は、「脳科学総合研究センター」の解説の一部です。
「トレーニングプログラム」を含む「脳科学総合研究センター」の記事については、「脳科学総合研究センター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トレーニングプログラム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「トレーニングプログラム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トレーニングプログラムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トレーニングプログラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアヤックス・アカデミー (改訂履歴)、脳科学総合研究センター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS