尖閣諸島中国漁船衝突事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 尖閣諸島中国漁船衝突事件の意味・解説 

尖閣諸島中国漁船衝突事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 13:28 UTC 版)

尖閣諸島中国漁船衝突事件(せんかくしょとうちゅうごくぎょせんしょうとつじけん)は、2010年9月7日午前、尖閣諸島付近で操業中であった中国漁船と、これを違法操業として取り締まりを実施した日本海上保安庁との間で発生した一連の事件。尖閣漁船事件中国漁船衝突事件とも呼ばれる。




  1. ^ a b 尖閣諸島の領有権問題”. 文藝春秋. 2012年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月21日閲覧。
  2. ^ a b 産経新聞2010年9月8日付 夕刊より
  3. ^ a b c “中国漁船・尖閣領海内接触:乗員帰国を「外交勝利」 中国が宣言、国内世論に配慮か”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2010年9月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100915194002/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100914ddm002040016000c.html 2010年9月21日閲覧。 
  4. ^ a b “中国船員14人が帰国へ 中国政府のチャーター機で石垣島離れる”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月13日). オリジナルの2010年9月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100913192614/http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100913/dst1009131214004-n1.htm 2010年9月21日閲覧。 
  5. ^ “「中国人船長釈放 関係修復を優先した政治決着」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月25日). オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927183754/http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100924-OYT1T01214.htm?from=y10 
  6. ^ “中国人船長釈放、仙谷官房長官が政治介入を否定”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925203839/http://www.asahi.com/politics/update/0924/TKY201009240329.html 
  7. ^ “釈放の中国漁船長、チャーター機で送還”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月25日). オリジナルの2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925203937/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100925-OYT1T00147.htm 
  8. ^ “国交相、漁船と衝突の巡視船視察 衝突は「強い衝撃と認識」”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2010年9月16日). http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010091601000408.html 2010年9月16日閲覧。 
  9. ^ “中国人船長の拘置延長を決定…中国は猛反発”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月19日). オリジナルの2010年9月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100920211402/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100919-OYT1T00524.htm 2010年9月20日閲覧。 
  10. ^ a b c 「衆議院予算委員会」質疑 国会中継(「検察への政治介入があったのかどうか?」の質問に対し「まったくなかった」と答弁) NHKラジオ第1放送 (2010-9-30)[出典無効]
  11. ^ “中国人船長を釈放へ 那覇地検「日中関係を考慮」”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100926015209/http://www.nikkei.com/news/headline/article/g%3D96958A9C93819695E0E6E2E0978DE0E6E2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2 2010年9月24日閲覧。 
  12. ^ “中国人船長は「起訴相当」 尖閣事件で那覇検察審査会”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年4月19日). オリジナルの2011年4月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110419220618/http://www.asahi.com/national/update/0418/SEB201104180036.html 2011年4月20日閲覧。 
  13. ^ “尖閣衝突、中国船長の公訴棄却 期限内に起訴状送られず”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年5月18日). オリジナルの2012年5月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120517180058/http://www.asahi.com/national/update/0517/SEB201205170036.html 2011年5月21日閲覧。 
  14. ^ “検察官役弁護士の指定取り消し=尖閣沖中国漁船衝突-那覇地裁”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年6月7日). http://jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012060700667 2012年6月8日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ “尖閣ビデオ内容判明 中国漁船、加速して衝突 「故意」裏付け 船長は飲酒か (2/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年10月28日). オリジナルの2010年10月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101030075127/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101028/crm1010280721001-n2.htm 2010年10月30日閲覧。 
  16. ^ “仙谷聞け!命がけ逮捕劇…巡視船船長「中国は100隻で挑発」”. ZAKZAK (産経デジタル). (2010年11月9日). オリジナルの2010年11月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101121225603/http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101119/plt1011191617006-n1.htm 
  17. ^ 川越一 (2010年9月9日). “中国、尖閣諸島海域に漁業監視船派遣 「日本の国内法適用は荒唐無稽」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2010年9月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100911061829/http://sankei.jp.msn.com/world/china/100909/chn1009091930005-n1.htm 2010年9月23日閲覧。 
  18. ^ a b “蓮舫行政刷新相「尖閣諸島は領土問題」 政府見解と矛盾”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年9月14日). オリジナルの2010年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100917052618/http://www.asahi.com/politics/update/0914/TKY201009140282.html 2010年9月26日閲覧。 
  19. ^ “「尖閣に日本の領土問題はない」 岡田外相が強調”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年5月28日). オリジナルの2010年5月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100530100311/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100528/plc1005281713023-n1.htm 2010年9月26日閲覧。 
  20. ^ “蓮舫氏「尖閣諸島は領土問題」、一転「わが国固有のもの」と発言修正”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月20日). オリジナルの2010年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100917041106/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100914/plc1009141742012-n1.htm 2010年9月26日閲覧。 
  21. ^ “華僑議員が尖閣諸島は日本領土と発言=香港メディア”. サーチナ (SBIサーチナ). (2010年9月15日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0915&f=politics_0915_012.shtml 2010年9月20日閲覧。 
  22. ^ a b “蓮舫氏の尖閣発言「とんちんかん」 自民部会で批判 - 政治”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年9月15日). オリジナルの2010年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100917185702/http://www.asahi.com/politics/update/0915/TKY201009150329.html 2010年9月26日閲覧。 
  23. ^ “「尖閣は中華民族の利益」 中国の台湾弁公室報道官”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月15日). オリジナルの2010年9月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100918104029/http://sankei.jp.msn.com/world/china/100915/chn1009151423005-n1.htm 2010年9月20日閲覧。 
  24. ^ “在日華人向けの学校に脅迫の電話や手紙が相次ぐ=シンガポール紙”. サーチナ (SBIサーチナ). (2010年9月21日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0921&f=national_0921_190.shtml 2010年9月22日閲覧。 
  25. ^ 川越一 (2010年9月8日). “中国の日本大使館前で反日団体40人が抗議活動 船長の釈放を要求”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2010年9月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100911075127/http://sankei.jp.msn.com/world/china/100908/chn1009081249003-n1.htm 2010年9月20日閲覧。 
  26. ^ a b “中国各地で抗議30件 漁船衝突事件 日本大使館まとめ”. 東京新聞 (中日新聞社). (2010年9月16日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010091602000034.html 2010年9月20日閲覧。 [リンク切れ]
  27. ^ “中国、閣僚級の日中間往来停止=船長拘置延長に抗議”. ウォール・ストリート・ジャーナル (ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン). (2010年9月20日). http://jp.wsj.com/World/China/node_106224 2010年9月20日閲覧。 
  28. ^ “Toyota Faces Fine in China at Sensitive Time for Ties” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル (ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン). (2010年9月20日). http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703399404575505601971499626.html 
  29. ^ “中国「不法撮影」でフジタの日本人社員4人拘束”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100926000534/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100923-OYT1T00792.htm 2011年1月10日閲覧。 
  30. ^ “中国、レアアース対日輸出停止 尖閣問題で外交圧力か”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年9月23日). オリジナルの2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925035905/http://www.asahi.com/international/update/0923/TKY201009230257.html 2010年9月25日閲覧。 
  31. ^ “Amid Tension, China Blocks Vital Exports to Japan” (英語). ニューヨーク・タイムズ (The New York Times Company). (2010年9月22日). http://www.nytimes.com/2010/09/23/business/global/23rare.html 2010年11月11日閲覧。 
  32. ^ a b “日本に「強制的措置」取る=尖閣問題で中国首相”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年9月22日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010092200730 2010年9月22日閲覧。 [リンク切れ]
  33. ^ “「偏狭なナショナリズムを刺激しない」と仙谷氏 衝突事件で中国反発も”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月21日). オリジナルの2010年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100922054627/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100921/plc1009211142011-n1.htm 2010年9月23日閲覧。 
  34. ^ 産経新聞2010年9月21日付夕刊第3面より
  35. ^ “衝突事件で中国の反発強まりに「法に則って対応」と玄葉大臣”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月21日). オリジナルの2010年9月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100924195420/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100921/stt1009211139004-n1.htm 2010年9月23日閲覧。 
  36. ^ “日本の領有は正当 尖閣諸島 問題解決の方向を考える”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2010年9月20日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-09-20/2010092001_03_1.html 
  37. ^ “【中国人船長釈放】「国民に納得のいく説明を」 共産委員長がコメント”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927031608/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100924/stt1009241720004-n1.htm 2011年1月10日閲覧。 
  38. ^ “中国船衝突に抗議決議 那覇市議会”. 琉球新報 (琉球新報社). (2010年9月22日). オリジナルの2010年9月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100924210510/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-167845-storytopic-1.html 2010年9月26日閲覧。 
  39. ^ “石原知事 猛然中国批判「不愉快な国」訪問も取りやめ”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2010年9月22日). オリジナルの2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925042824/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/09/22/01.html 2010年9月26日閲覧。 
  40. ^ “【中国人船長釈放】「中国はやくざ。国民は怒っている」石原都知事(1) (1/6ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927015318/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100924/crm1009241857026-n1.htm 2010年9月26日閲覧。 
  41. ^ “中国の日本国債買い増しの意図はどこにある?”. サーチナ (SBIサーチナ). (2010年9月23日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0923&f=business_0923_020.shtml 2010年9月23日閲覧。 
  42. ^ “SMAP:上海コンサート「延期」 事実上の中止か”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年9月21日). http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20100922k0000m030016000c.html 2010年9月23日閲覧。 [リンク切れ]
  43. ^ “SMAP上海公演が延期…「安全の確保を考慮」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2010年9月22日). オリジナルの2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925042708/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/09/22/10.html 2010年9月23日閲覧。 
  44. ^ “政治結社200人による尖閣での抗議活動 海保は黙認予定だった”. NEWポストセブン (小学館). (2010年11月15日). http://www.news-postseven.com/archives/20101115_5782.html 2010年11月17日閲覧。 
  45. ^ あなたは、中国が軍艦を派遣して釣魚島を巡視することに賛成ですか” (中国語). 環球網. 2013年5月3日閲覧。
  46. ^ “尖閣漁船衝突事件で中国人船長の勾留を延長”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月19日). オリジナルの2010年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100922033645/http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100919/trl1009191940001-n1.htm 
  47. ^ “【尖閣衝突事件】中国人船長を釈放へ 那覇地検「日中関係考慮」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925204603/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100924/crm1009241445019-n1.htm 
  48. ^ “中国人船長を釈放 チャーター機が石垣空港を離陸”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年9月25日). オリジナルの2010年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100926033833/http://www.asahi.com/politics/update/0925/TKY201009240540.html 
  49. ^ “釈放された中国人船長、「尖閣諸島は何がなんでも中国領」”. サーチナ (SBIサーチナ). (2010年9月25日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0925&f=politics_0925_013.shtml 2010年9月27日閲覧。 
  50. ^ “尖閣巡視船衝突:釈放の船長 道徳模範で表彰 中国”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年10月22日). オリジナルの2010年11月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101108060453/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101023k0000m030123000c.html 
  51. ^ “【尖閣1年】中国、米介入は誤算 船長「英雄」一転、自宅軟禁”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年9月7日). オリジナルの2011年9月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110907065519/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110907/chn11090700070000-n1.htm 2011年9月11日閲覧。 
  52. ^ 中国漁船衝突事件の船長釈放、仙谷元官房長官「法務次官に要望」認める産経ニュース 2013年9月24日
  53. ^ “船長釈放は検察判断=日中関係修復に努力―官房長官”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信社 (ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン). (2010年9月24日). http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_108050 
  54. ^ a b “日中両国、冷静な努力を 船長釈放は検察判断と首相”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年9月25日). http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092501000077.html 2014年4月22日閲覧。 
  55. ^ a b c “事実上の指揮権発動 中国漁船衝突事件”. 中国新聞 (中国新聞社). (2010年12月30日). オリジナルの2010年12月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101231073838/http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201012290163.html 
  56. ^ “【敗北 尖閣事件】(上)歪んだ「政治主導」 仙谷氏前面に”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100926000557/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100925/plc1009250123003-n1.htm 
  57. ^ NHKオンライン 2010年9月26日[リンク切れ]
  58. ^ “【中国人船長釈放】平野前官房長官「おかしい」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927031103/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100924/stt1009241746005-n1.htm 2010年9月27日閲覧。 
  59. ^ “【中国人船長釈放】民主有志の松原、金子各氏らが抗議声明 「法秩序を蹂躙。釈放の撤回を」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927032911/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100924/stt1009241809006-n1.htm 2010年9月27日閲覧。 
  60. ^ “いらだつ首相「超法規的措置は取れないのか」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月25日). オリジナルの2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925221950/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100925-OYT1T00154.htm 
  61. ^ “尖閣で超党派議連発足へ=政府の対応検証-民・自”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年9月29日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010092900717 2010年9月29日閲覧。 [リンク切れ]
  62. ^ “【小沢氏動画サイト出演・詳報】(5)尖閣事件「僕なら中国人船長を釈放しない」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年11月4日). オリジナルの2010年11月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101104084457/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101104/stt1011040110000-n3.htm 2010年11月4日閲覧。 
  63. ^ a b 「尖閣問題で小沢氏『政治家が責任を』」『日本経済新聞日本経済新聞社2010年11月6日、2面。
  64. ^ a b “中国人船長釈放、野党「外交的敗北」 与党にも批判の声”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年9月24日). http://www.asahi.com/special/senkaku/TKY201009240392.html 2010年9月27日閲覧。 
  65. ^ a b c d “容認できない!民主議員も釈放撤回求め抗議文”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925204048/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100924-OYT1T00944.htm 2011年1月10日閲覧。 
  66. ^ “【中国人船長釈放】「即国外退去すれば良かった」自民・谷垣氏 大島氏は次席検事の国会招致要求”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月25日). オリジナルの2010年9月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100928102815/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100925/plc1009251815025-n1.htm 2010年9月27日閲覧。 
  67. ^ a b c “「極めて愚か」「外交的敗北」=自民など一斉批判、公明は評価-中国人船長釈放”. ウォール・ストリート・ジャーナル (Dow Jones & Company). (2010年9月24日). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-108070.html 2016年3月16日閲覧。 
  68. ^ a b “「見たことない外交的敗北」=自民・山本氏”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年9月25日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010092500175 2010年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  69. ^ “「弱腰外交」と批判 中国人船長釈放で、みんなの党・渡辺代表”. 下野新聞SOON (下野新聞社). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927220453/http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20100924/387486 
  70. ^ “【中国人船長釈放】「国民に納得のいく説明を」 共産委員長がコメント”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927031608/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100924/stt1009241720004-n1.htm 2010年9月27日閲覧。 
  71. ^ “【中国人船長釈放】「安心して漁ができない」 地元漁師に怒りと不信”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927032906/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100924/crm1009242042036-n1.htm 2010年9月27日閲覧。 
  72. ^ a b “もう漁に行けない…「日本は尖閣諸島をあきらめたのと同じ」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2010年9月25日). オリジナルの2010年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100926110346/http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100925028.html 2010年9月26日閲覧。 
  73. ^ a b “【中国人船長釈放】石垣島民憤慨「漁に行けない」「怒りを通り越して気絶しそうだ」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月25日). オリジナルの2010年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100926125649/http://sankei.jp.msn.com/world/china/100925/chn1009252228010-n1.htm 2010年9月27日閲覧。 
  74. ^ “中国人船長釈放:福建省到着 中国は日本に謝罪と賠償要求”. 毎日jp. (2010年9月25日). http://mainichi.jp/select/today/news/20100925k0000e040019000c.htm 2010年9月25日閲覧。 [リンク切れ]
  75. ^ “【尖閣ビデオ流出】都心で4500人抗議デモ、主婦や家族連れも 中国に怒り、日本政府にも不満”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年11月6日). オリジナルの2010年11月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101110055222/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101106/crm1011062129023-n1.htm 2010年11月7日閲覧。 
  76. ^ “尖閣ビデオ「先に視聴したのは、菅、仙谷、前原」と政治部記者”. NEWポストセブン (小学館). (2010年11月2日). http://www.news-postseven.com/archives/20101102_4835.html 2010年11月17日閲覧。 
  77. ^ “尖閣ビデオ流出か ユーチューブに投稿 「恐らく本物」と海保関係者”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年11月5日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101105/crm1011050125002-n1.htm 2010年11月5日閲覧。 
  78. ^ “尖閣衝突ビデオ、ユーチューブに流出か 海保が調査”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2010年11月4日). http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E2E6E2E4E48DE2E6E3E3E0E2E3E29191E3E2E2E2 2010年11月4日閲覧。 
  79. ^ “尖閣ビデオ、ネット流出?海保「本物の可能性」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年11月4日). オリジナルの2010年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101107064457/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101105-OYT1T00143.htm 2010年11月4日閲覧。 
  80. ^ “尖閣沖中国漁船衝突映像流出 中国漁船が巡視船「よなくに」に衝突する瞬間などを収録”. FNNニュース (フジニュースネットワーク). (2010年11月5日). オリジナルの2010年11月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101108133350/http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00187371.html 2010年11月5日閲覧。  (問題の動画が紹介されている)
  81. ^ “新たな供給源の開発目指す レアアースで海江田経財相”. MSN産経ニュース. 共同通信 (産経デジタル). (2010年9月29日). オリジナルの2010年10月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101002020958/http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100929/fnc1009290959006-n1.htm 2010年9月29日閲覧。 
  82. ^ “中国レアアース輸出手続き停止問題 大畠経産相、補正予算で備蓄要求する考え”. FNNニュース (フジニュースネットワーク). (2010年9月29日). オリジナルの2010年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101001232937/http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00185297.html 2010年9月29日閲覧。 
  83. ^ “水産庁が八重山海域監視強化、中国漁船の違法操業増加で”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年11月5日). オリジナルの2010年11月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101108150326/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101105/plc1011051850015-n1.htm 2010年11月5日閲覧。 
  84. ^ 櫻井よしこ (2010年12月16日). “「今度は国有地、名古屋に中国の魔手」”. 週刊新潮』 2010年12月16日号. 櫻井よしこ. 2010年12月17日閲覧。
  85. ^ 櫻井よしこ (2010年11月11日). “「中国の狙う新潟での大中華街構想」”. 『週刊新潮』 2010年11月11日号. 櫻井よしこ. 2010年12月17日閲覧。
  86. ^ 【魔都見聞録】対馬を狙うのは韓国のみに非ず!(桜H22/10/25)”. 日本文化チャンネル桜 (2010年10月25日). 2010年12月17日閲覧。
  87. ^ 【梅原克彦&三井田孝欧】新潟中華街構想の行方 Part2(桜H22/11/2)”. 日本文化チャンネル桜 (2010年11月1日). 2010年12月17日閲覧。
  88. ^ 産経新聞 2010年10月23日朝刊より
  89. ^ “石垣市議会:「尖閣開拓の日」可決 1月14日、式典開催へ”. 毎日jp. 琉球新報 (毎日新聞社). (2010年12月18日). オリジナルの2010年12月30日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-1230-2218-36/mainichi.jp/area/okinawa/news/20101218rky00m040008000c.html 2010年12月29日閲覧。 
  90. ^ “ロイターコラム:中国リスクでインド・ASEANシフト加速へ”. ロイター (トムソン・ロイター). (2010年9月27日). http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-17382820100927 
  91. ^ “中国、制裁で日本企業締め上げ チャイナ・リスク鮮明に (1/3ページ)”. サンケイビズ (産経デジタル). (2010年10月24日). オリジナルの2010年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100926195936/http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100924/mcb1009240747040-n1.htm 
  92. ^ “尖閣ビデオ流出 告発免除求める署名”. 東愛知新聞 (東愛知新聞社). (2010年11月20日). オリジナルの2010年11月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101125230405/http://higashiaichi.co.jp/today_news/101120t/10112009.html 
  93. ^ “中国監視船2隻を尖閣近海で確認 海保、無線で注意”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年10月25日). オリジナルの2010年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101026005657/http://www.asahi.com/international/update/1025/SEB201010250002.html 
  94. ^ “尖閣沖に中国漁業監視船、「正当な任務」と応答”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年11月20日). オリジナルの2010年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101123130330/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101120-OYT1T00388.htm 
  95. ^ “中国監視船:2隻が接続水域を周回 日本側に挑発的な航行”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年11月20日). オリジナルの2010年11月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101122070555/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101121k0000m040055000c.html 
  96. ^ “尖閣周辺に中国漁業監視船 警告に「中国固有の領土」と応答”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年8月24日). オリジナルの2011年10月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111021214651/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110824/crm11082411380009-n1.htm 
  97. ^ “尖閣周辺に中国船、外務次官が抗議「日本固有の領土」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年8月24日). オリジナルの2011年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110925190531/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110824/plc11082413070008-n1.htm 
  98. ^ “東シナ海、中国軍機急増 尖閣事件後、緊急発進相次ぐ”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年12月27日). オリジナルの2010年12月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101229065606/http://www.asahi.com/international/update/1226/TKY201012260333.html 
  99. ^ “Chinese, Japanese boats collide in waters off Diaoyu islands - CCTV 100908” (英語). CCTV. (2010年9月8日). http://www.youtube.com/watch?v=le7Nqsvm5aQ 
  100. ^ “多艘日本巡逻船追踪中国渔船发生相撞事故” (中国語). 环球网(環球網). (2010年9月7日). http://world.huanqiu.com/roll/2010-09/1080449.html 2010年9月26日閲覧. "『日本方面的“与那国”号是在警告中国渔船“退出”后与其发生碰撞的,巡逻船的栏杆支柱断裂。』『据称,日本方面的“与那国”号是在警告中国渔船“退出”后与其发生碰撞的。“水城”号右舷损伤范围宽3米,高1米。』" 
  101. ^ a b “中国渔船与日本巡逻船发生相撞” (中国語). sohu.com. (2010年9月7日). http://news.sohu.com/s2010/yuchuan/ 2010年9月26日閲覧. "『随后,中国渔船离开钓鱼岛海域』" 
  102. ^ “<尖閣映像流出>衝突の責任は日本側にあることが明白=海洋専門家が断言―香港紙”. livedoorニュース (ライブドア). (2010年11月7日). http://news.livedoor.com/article/detail/5122580/ 2011年11月18日閲覧。 
  103. ^ “中国漁船・尖閣領海内接触:船長を逮捕 検査妨害容疑、石垣島に移送”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年9月8日). http://mainichi.jp/select/world/news/20100908dde041040021000c.html 2010年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  104. ^ “日中は対話で妥協点を、米国務副長官…尖閣衝突”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナルの2010年9月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100923112752/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100921-OYT1T00065.htm 2010年9月21日閲覧。 
  105. ^ “尖閣は安保の対象、米国務長官 日米外相会談、漁船衝突で”. 47NEWS. 共同通信社 (全国新聞ネット). (2010年9月23日). http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092301000741.html 2010年9月24日閲覧。 
  106. ^ 酒井充 (2010年9月23日). “「尖閣、日米安保の適用対象」とクリントン長官強調 日米外相会談”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2010年9月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100926110217/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100923/plc1009232313021-n1.htm 2010年9月24日閲覧。 
  107. ^ “尖閣沖事件「日本を強く支持」=安保条約の適用対象-米統参議長”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年9月24日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010092400158 2010年9月24日閲覧。 [リンク切れ]
  108. ^ “【尖閣衝突事件】周辺は安保対象と米軍制服組トップ 国防長官も「責任果たす」”. MSN産経ニュース. 共同通信 (産経デジタル). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100927045459/http://sankei.jp.msn.com/world/america/100924/amr1009241011002-n1.htm 2010年9月24日閲覧。 
  109. ^ “尖閣衝突事件、中国の動き注視し連携強化=同盟深化で一致-日米首脳会談”. 時事ドットコム (時事通信社). (2010年9月24日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&rel=j7&k=2010092400067 2010年9月24日閲覧。 [リンク切れ]
  110. ^ Remarks to the Press” (英語). U.S. DEPARTMENT OF STATE (2010年9月23日). 2013年5月3日閲覧。
  111. ^ “「尖閣諸島は日米安保の適用範囲」は日本メディアの歪曲=中国”. サーチナ (SBIサーチナ). (2010年9月25日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0925&f=politics_0925_005.shtml 
  112. ^ 産経新聞2010年9月13日付夕刊 第1面より
  113. ^ “「尖閣諸島で中台連携なし」 台湾・国民党幹事長”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2010年9月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1702W_X10C10A9000000/ 2010年9月21日閲覧。 
  114. ^ “李登輝氏「尖閣は他人の妻」発言に中国では罵詈雑言の嵐”. サーチナ (SBIサーチナ). (2010年10月20日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1020&f=politics_1020_019.shtml 
  115. ^ “中国漁船の領海侵犯が急増 昨年0から今年は14件”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月10日). オリジナルの2010年9月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100913051153/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100910/plc1009102045022-n1.htm 
  116. ^ “【環球異見】尖閣諸島・中国漁船衝突事件 (2/3ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月20日). オリジナルの2010年9月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100923073420/http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100920/asi1009200814000-n3.htm 2010年9月24日閲覧。 
  117. ^ “Did Japan Cave to China Too Soon? - China Real Time Report - WSJ” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル (ダウ・ジョーンズ). (2010年9月24日). http://blogs.wsj.com/chinarealtime/2010/09/24/did-japan-cave-to-china-too-soon/ 
  118. ^ “尖閣沖漁船衝突 中国は「反日」沈静化に努めよ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月15日). http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100915-OYT1T01242.htm 2010年9月16日閲覧。 [リンク切れ]
  119. ^ “外交配慮で釈放、「超法規的措置」指摘免れず”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月24日). オリジナルの2010年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100925203719/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100924-OYT1T01001.htm 2010年12月22日閲覧。 
  120. ^ a b “アーミテージ氏「中国は日本を試している」 仙谷官房長官に指摘”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月16日). オリジナルの2010年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100917100320/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100916/plc1009160038002-n1.htm 2010年9月16日閲覧。 
  121. ^ “Look Out for the Diaoyu Islands” (英語). ニューヨーク・タイムズ(ブログ版) (The New York Times Company). (2010年9月10日). http://kristof.blogs.nytimes.com/2010/09/10/look-out-for-the-diaoyu-islands/ 
  122. ^ “More on the Senkaku/Diaoyu Islands” (英語). ニューヨーク・タイムズ(ブログ版) (The New York Times Company). (2010年9月20日). http://kristof.blogs.nytimes.com/2010/09/20/more-on-the-senkakudiaoyu-islands/ 
  123. ^ 産経新聞2010年9月21日付夕刊より
  124. ^ 海底に国旗を立てて領有権を主張する 中国に日本はこんなに無防備でいいのか”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社 (2010年9月22日). 2013年5月3日閲覧。
  125. ^ “「中国の圧力に屈した」海外メディアは辛口批評”. テレ朝news (テレビ朝日). (2010年9月25日). http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200925005.html [リンク切れ]
  126. ^ “尖閣諸島/総合的な対中戦略の再構築を”. 世界日報 (世界日報社). (2010年9月29日). オリジナルの2010年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101114082403/http://www.worldtimes.co.jp/syasetu/sh100929.htm 2010年9月29日閲覧。 
  127. ^ “田母神激白! 中国に史上最大級の情報戦争仕掛けられた”. zakzak (産経デジタル). (2010年10月30日). オリジナルの2010年10月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101031001222/http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20101030/dms1010301318006-n1.htm 
  128. ^ 時事通信 (2010-10-02)[信頼性要検証]
  129. ^ “尖閣ビデオ流出で見えた「おかしな国・日本」”. イザ! (産経デジタル). (2010年11月7日). オリジナルの2010年11月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101109045406/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/460460/ 
  1. ^ 2013年9月、仙谷は中国人船長を釈放するよう法務・検察当局に水面下で政治的な働きかけを行っていたと述べた[52]




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尖閣諸島中国漁船衝突事件」の関連用語

尖閣諸島中国漁船衝突事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



尖閣諸島中国漁船衝突事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尖閣諸島中国漁船衝突事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS