燃料電池車とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 燃料電池車の意味・解説 

燃料電池車

読み方:ねんりょうでんちしゃ
別名:燃料電池ハイブリッド車
英語:Fuel Cell VehicleFuel Cell Electric VehicleFCEV

水素燃料とする自動車水素酸素化学反応させて電気取り出し動力として利用する。

燃料電池車が走行時に排出する物質実質的水のみであり、排気ガス二酸化炭素CO2)のような有害物質排出しない。そのため環境保護観点から着目されている。

また、二次電池利用する電気自動車は、蓄電容量制限されているのに対して、燃料電池車はガソリン車同様に補給用意補給続ければ永続的走行可能であるという利点がある。

燃料電池車は2000年代以降各社製品化されており、トヨタ自動車2002年に「トヨタFCHV」を日本米国限定発売している。他方で、構造コスト燃料となる水素確保するコストなどを課題としており、2010年現在も電気自動車やプラグインハイブリットカーのような量産体制には至っていない。

関連サイト
燃料電池車 - ダイハツクルマづくり
燃料電池への取り組み - トヨタ自動車

燃料電池車

読み方:ねんりょうでんちしゃ
別名:燃料電池自動車燃料電池電気自動車
英語:FCVFuel Cell VehicleFCEVFuel Cell Electric Vehicle

燃料電池から電気エネルギー得て駆動する電気自動車水素酸素化学反応によって生じるエネルギー利用する方式が主となっている。

燃料電池車における、水素酸素化学反応によって動力を得る方式は、化学反応結果として生成する。ガソリン燃焼させる従来エンジンなどに比べ環境負荷が非常に低い。エネルギー効率も高く、ガソリンエンジンの倍ほどの効率実現することができるとされる

燃料電池車は化学反応原料水素酸素)を供給続ければエネルギー生産続けることが可能である。二次電池利用する電気自動車EV)は、エネルギー補給のため充電が必要であり、数十分から数時間程度時間要するが、燃料電池車はガソリン車なみに迅速に燃料補給を行うことができる。

燃料電池車

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

燃料電池

(燃料電池車 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 15:00 UTC 版)

燃料電池(ねんりょうでんち、: fuel cell)は、電気化学反応によって燃料化学エネルギーから電力を取り出す(=発電する)電池を指す。燃料には方式によって、水素炭化水素アルコールなどを用いる。




注釈

  1. ^ りん酸形燃料電池の代表メーカーは、UTC Power(ユナイテッド・テクノロジーズ子会社)や富士電機システムズなど。富士電機システムズ製の100kWPAFCは、2008年に燃料電池としては初めて日本での消防用非常電源の認定を受けた。
  2. ^ 溶融炭酸塩形燃料電池の代表メーカーは、Fuel Cell Energyや石川島播磨重工業などである。
  3. ^ PEFCの発電効率の最高値は公称37.5%LHVとされる。
  4. ^ 固体酸化物形燃料電池の代表メーカーは、ジーメンスウェスチングハウス三菱重工業日本特殊陶業TOTO三菱マテリアル関西電力)、京セラなどである。
  5. ^ 2005年11月から3ヶ月間、大阪ガスと京セラは、都市ガスを使って集合住宅でのSOFCによる1kW発電装置の実証実験を行なった。これは660Wの給湯出力も得られ、1日の平均発電効率で44.1%(LHV)という成績だった。2007年度からは、経済産業省等の元で新エネルギー財団が、4メーカーからの29台の装置によって都市ガス、LPG、灯油によるSOFCの実証研究を行い、平均の発電効率は35%(LHV)という成績だった。実証研究は、2010年度まで継続され、累計233台が実証研究に供された。三菱マテリアル関西電力は、都市ガスを燃料にSOFCによる出力10kW級のコジェネレーション発電装置を実験運用しており、発電効率は50%を達成している。NEDOは、4つの企業グループに委託して、SOFCによる出力10kW級から200kW級の発電装置を実験している。内1つは三菱重工業の都市ガスを燃料とするSOFC発電とマイクロガスタービン発電を組み合わせた複合発電であり、SOFCから生じる未反応の水素と一酸化炭素よりなる副生ガスもマイクロガスタービンで燃焼させることで無駄を排除した。(出典:燃料電池の基礎マスター ISBN 978-4485610077
  6. ^ DFCの燃料には、ボロハイドライトも考えられている。
  7. ^ バイオガス燃料電池と呼ばれる下水消化ガスやメタン発酵ガスを利用した燃料電池とは異なる。
  8. ^ トヨタは、燃料電池車は政府機関を中心にリース契約とし、一般消費者向けにはガソリンエンジンとニッケル水素蓄電池(その後リチウムイオン蓄電池へ移行)を組み合わせたハイブリッド車を販売する方針とした。

出典

  1. ^ 堤敦司「超燃焼技術」『日本燃焼学会誌』第50巻第151号、2008年、 39-43頁、 doi:10.20619/jcombsj.50.151_3
  2. ^ 蓄電できる燃料電池、リチウムよりも大容量・安価(スマートジャパン)
  3. ^ 溶融炭酸塩形燃料電池(MCFC)商用型1号機導入 〜廃棄物ガス化装置との組合せ研究を実施〜 2002年9月18日 中部電力
  4. ^ 世界最高効率の燃料電池を開発(2009年06月11日日本ガイシ株式会社)
  5. ^ 家庭用燃料電池「エネファーム」のラインアップ拡充について
  6. ^ CO2排出ゼロ、省資源、低コストが可能な貴金属を全く使わない燃料電池の基礎技術を新開発 (ダイハツ広報発表 2007年9月14日)
  7. ^ IHI、アンモニアで動く燃料電池 改質器は不要 - 日本経済新聞
  8. ^ “グルコースを用いた酵素型バイオ燃料電池”. 水素エネルギーシステム (水素エネルギー学会) 36 (2): 32-6. (2011). http://www.hess.jp/Search/data/36-02-032.pdf 2016年8月4日閲覧。. 
  9. ^ a b c d 田辺茂著 『燃料電池の基礎マスター』 電気書院 2009年1月31日第1版第1刷発行 ISBN 9784485610077
  10. ^ 燃料電池車の時代は当分来ない 日経ビジネスオンライン 2006年7月20日
  11. ^ トヨタが燃料電池車の普及目指す、さいたま市と共同で、アットマークアイティ・モノイスト、2011年8月
  12. ^ エネファームの補助金、環境ビジネス
  13. ^ 急拡大するエネファーム需要に応えて政府補助金が復活、アットマークアイティ・モノイスト、2011年10月
  14. ^ 3電池システムがいよいよ商品化 太陽・燃料・蓄電池がそろい踏み、日経エコロジー、2011年10月
  15. ^ BlueGen Qualifies for UK Feed-In Tariff,25 Aug 2011
  16. ^ 渡辺正、「化学屋の見た環境騒動」 『生産研究』 2007年 59巻 5号 p. 425-440, doi:10.11188/seisankenkyu.59.425, 東京大学生産技術研究所
  17. ^ EFOY Fuel Cell now available ex works on all Dethleffs motor homes SFC Smart Fuel Cell, July 16, 2007
  18. ^ 新電池元年③ コンビニで燃料電池テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」2009年6月4日
  19. ^ 東芝のプレスリリース。
  20. ^ 実証中”. 不明. 20191016閲覧。


「燃料電池」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「燃料電池車」の関連用語

燃料電池車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



燃料電池車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燃料電池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS