京都市営地下鉄東西線とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 線路 > 近畿地方の鉄道路線 > 京都市営地下鉄東西線の意味・解説 

京都市営地下鉄東西線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/22 01:17 UTC 版)

東西線(とうざいせん)は、京都府宇治市六地蔵駅から京都市右京区太秦天神川駅までを結ぶ京都市営地下鉄の路線である。ラインカラーは   朱色、路線記号は「T」。




注釈

  1. ^ 距離を示すキロポストは醍醐起点である(六地蔵 - 醍醐間はマイナス表示になっている)。
  2. ^ 二条・醍醐間 4537億円(うち、三条京阪・御陵間 1543億円)、醍醐・六地蔵間 556億円、太秦天神川・二条間 390億円。
  3. ^ 現在であればコストが安く、しかも工期を短縮することもしやすい可動式ホーム柵の採用が可能であるが、東西線の建設当時は可動式ホーム柵は開発段階にあり(本格的に採用したのは東西線開業1年後に開業した東京の多摩都市モノレールが最初)、このため可動式ホーム柵タイプを採用することはできなかった。
  4. ^ 正確な譲渡金額は958億8717万5千円。
  5. ^ 杉浦克典「関西地方における上下分離・第三セクター」(関西鉄道協会都市交通研究所編『都市交通事業の経営手法:新たな展開』収録)によれば、当初は3年ごとに線路使用料が10%ずつアップする計画であったが、京都市交通局の経営不振により55億円のまま据え置かれた。
  6. ^ 近畿地方交通審議会 (2004年10月8日). “付図1、付図2 (pdf)”. 答申第8号. 国土交通省. p. 2. 2013年12月15日閲覧。 - 天神川〜梅津〜上桂〜洛西 7.7kmが「・洛西地域の開発状況の成熟化に伴い発生する輸送需要に対応するとともに、京都都心部へのアクセス機能の強化に資する路線である。・桂川以北までの段階的な整備を検討する必要がある。」として「中長期的に望まれる鉄道ネットワークを構成する新たな路線」に位置づけられている。
    近畿地方交通審議会 (2004年10月8日). “別紙1、別紙2 (pdf)”. 答申第8号. 国土交通省. p. 3. 2013年12月15日閲覧。 - 長岡京市までは洛西〜長岡 5.0kmが提案のあった路線として審議会での評価の対象となった。
    路線評価一覧表 (pdf)”. 第8回近畿地方交通審議会 参考資料. 国土交通省. p. 3 (2004年10月8日). 2013年12月15日閲覧。
  7. ^ 実際には蹴上駅の六地蔵寄りにも非常渡り線は存在するが、使用されなかった。

出典

  1. ^ a b 『日本縦断! 地下鉄の謎』 - 小佐野カゲトシ
  2. ^ a b 京阪電車 大津線ダイヤを変更します 京阪電気鉄道 2018年3月17日
  3. ^ 太秦天神川まで京阪乗り入れ 京都市地下鉄 東西線西伸で - 京都新聞 2007年5月28日
  4. ^ 九条山バス停の三条京阪方面時刻表
  5. ^ 平成20年度京都市高速鉄道事業特別会計補正予算 (PDF) [リンク切れ] - 平成20年5月市会定例会提出議案
  6. ^ 地下鉄東西線・御陵-三条京阪 京都市 来年度直営化 [リンク切れ] - 京都新聞 2008年5月13日
  7. ^ 第一回京都市バス・地下鉄事業経営健全化有識者会議資料 (PDF) - 京都市交通局 2009年1月、p.14
  8. ^ 平成17年度地方債計画の概要 (PDF) - 総務省 p.8
  9. ^ 地下鉄東西線の一部で運休続く 台風18号、大雨影響 - 京都新聞(2013年9月17日付、同日閲覧)
  10. ^ a b 台風18号により被災した地下鉄東西線の災害対応に係る総括について (pdf)”. 京都市交通局 (2014年3月). 2017年8月2日閲覧。
  11. ^ 出典・京都新聞2013年10月23日朝刊21面『ポンプ 電源高所へ移設』・同新聞2013年9月22日朝刊27面『豪雨 危機管理に甘さ』
  12. ^ 駅別名?実は広告です 京都市地下鉄、増収へ23駅導入 - 京都新聞(2013年2月6日付、同日閲覧)
  13. ^ 『京都市交通事業白書(事業概要)』平成28年度版 (PDF) - 京都市交通局
  14. ^ ハイパー地下鉄ダイヤ





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「京都市営地下鉄東西線」の関連用語

京都市営地下鉄東西線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



京都市営地下鉄東西線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの京都市営地下鉄東西線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS