人種的差別撤廃提案とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 人種的差別撤廃提案の意味・解説 

人種的差別撤廃提案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/03 10:04 UTC 版)

人種的差別撤廃提案(じんしゅてきさべつてっぱいていあん Racial Equality Proposal)とは、第一次世界大戦後のパリ講和会議国際連盟委員会において、大日本帝国が主張した、人種差別の撤廃を明記するべきという提案を指す。この提案に当時のアメリカ合衆国大統領だったウッドロウ・ウィルソンも賛成だったが、イギリス帝国の自治領であったオーストラリアアメリカ合衆国上院などが強硬に反対し否決された。国際会議において人種差別撤廃を明確に主張した国は日本が世界で最初である。


  1. ^ 永田幸久 2003, pp. 194.
  2. ^ 永田幸久 2003, pp. 201.
  3. ^ 永田幸久 2003, pp. 201-202.
  4. ^ 永田幸久 2003, pp. 193-194.
  5. ^ 永田幸久 2003, pp. 197.
  6. ^ 永田幸久 2003, pp. 204.
  7. ^ 永田幸久 2003, pp. 204-205.
  8. ^ a b c 永田幸久 2003, pp. 205.
  9. ^ 篠原初枝 2010, pp. 67.
  10. ^ 永田幸久 2003, pp. 198-199.
  11. ^ 永田幸久 2003, pp. 200.
  12. ^ 永田幸久 2003, pp. 206.
  13. ^ a b 巴里講和会議ニ於ケル人種差別撤廃問題一件 1919, pp. 510-511.
  14. ^ 1919年当時のリベリアはエチオピアと共にアフリカの黒人国家として数少ない独立国の1つであった。
  15. ^ 1919年当時のアイルランドはイギリスに統治されていた。アイルランドが独立したのは3年後の1922年である。
  16. ^ 牧野伸顕「回顧録」
  17. ^ レジナルド カーニー「20世紀の日本人―アメリカ黒人の日本人観 1900‐1945」五月書房1995
  18. ^ 篠原初枝 2010, pp. 68.
  19. ^ 永田幸久 2003, pp. 207.
  20. ^ 永田幸久 2003, pp. 207-208.
  21. ^ 永田幸久 2003, pp. 208.
  22. ^ 永田幸久 2003, pp. 208-209.
  23. ^ 永田幸久 2003, pp. 210.
  24. ^ 永田幸久 2003, pp. 211.
  25. ^ a b c 巴里講和会議ニ於ケル人種差別撤廃問題一件 1919, pp. 498-499.
  26. ^ p219 憲政の政治学
  27. ^ 外務省記録「人種差別撤廃」、『日本外交文書』大正7年第三冊および大正8年第三冊上巻
  28. ^ a b c 永田幸久 2003, pp. 212.
  29. ^ p144 国家と人種偏見
  30. ^ 篠原初枝 2010, pp. 69.
  31. ^ 巴里講和会議ニ於ケル人種差別撤廃問題一件 1919, pp. 508.
  32. ^ 鹿島守之助『日本外交史12』鹿島研究所出版会(1971年)187項の記述でも同様。(八丁由比 2011, pp. 19)
  33. ^ 永田幸久 2003, pp. 213-214.
  34. ^ 篠原初枝 2010, pp. 71.
  35. ^ 昭和天皇独白録 新保博彦 2012年1月11日
  36. ^ 永田幸久 2003, pp. 220.
  37. ^ p147 国家と人種偏見
  38. ^ 日本、中華民国、ブラジルのみが賛成したとしている。
  39. ^ a b c d p151-152 国家と人種偏見


「人種的差別撤廃提案」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「人種的差別撤廃提案」の関連用語

人種的差別撤廃提案のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人種的差別撤廃提案のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人種的差別撤廃提案 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS