隣組とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > 組織 > 隣組の意味・解説 

となり‐ぐみ【隣組】

第二次大戦下、国民統制のためにつくられた地域組織町内会部落会の下に属し、近隣数軒が一単位となって、互助自警配給などにあたった。昭和22年(1947)廃止


となり‐ぐみ【隣組】

〔名〕 昭和一五年(一九四〇)、内務省訓令基づいて制度化された一〇戸内からなる町内会部落会下級組織動員供出配給などの自治業務を行なった。同二二年ポツダム政令により廃止

*街の物語(1934)〈榊山潤〉「朝、隣組の組長さんが、炭の切符を配って歩いた」


隣組

作者平山夢明

収載図書東京伝説呪われた街の怖い話
出版社角川春樹事務所
刊行年月1999.7
シリーズ名ハルキ文庫


隣組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/18 03:39 UTC 版)

隣組(となりぐみ)は、概ね第二次世界大戦下の日本において[1]各集落に結成された官主導の銃後組織である。大政翼賛会の末端組織町内会の内部に形成され、戦争総動員体制を具体化したものの一つである。


  1. ^ 1938年(昭和13年)5月には「交隣相助、共同防衛」の目的をもった隣組制度が制定された。(遠山茂樹今井清一藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 164ページ)
  2. ^ 1935年(昭和10年)、岡田内閣の選挙粛正運動の下部組織として隣保組織の整備が支持されたのが手始めである。兵士の壮行行事、遺族・留守家族への救援活動などを通して、町内会・隣組の組織と機能が強められた。(遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 164ページ)
  3. ^ a b 佐藤美知男『鉄道物語 はじめて鉄道に乗ったあの日』 河出書房新社 2002年 ISBN 4-309-72719-0 P.92~93
  4. ^ 運輸省鉄道総局業務局指導「旅と防空」『科学画報』1945年1月号


「隣組」の続きの解説一覧



隣組と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「隣組」の関連用語

隣組のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



隣組のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの隣組 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS