フェートン号事件とは? わかりやすく解説

フェートンごう‐じけん〔‐ガウ‐〕【フェートン号事件】

読み方:ふぇーとんごうじけん

文化5年(1808)英国軍フェートンPhaeton)号がオランダ船追って長崎港侵入しオランダ商館員を捕らえ食糧薪水強要した事件責任をとって長崎奉行松平康英自刃した。


フェートン号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 06:07 UTC 版)

フェートン号事件(フェートンごうじけん)は、文化5年8月1808年10月)、鎖国体制下の日本の長崎港で起きたイギリス軍艦侵入事件。ヨーロッパにおけるナポレオン戦争の余波が極東の日本にまで及んだものである。


  1. ^ 英雄として高名なエドワード・ペリューの次男。
  2. ^ フェートン号事件(フェートンごうじけん)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年10月10日閲覧。
  3. ^ 唐人屋敷の中国人から購入したという。これは当時日本国内で肉食の習慣がなかったので食肉(特に保存用の食肉)を用意できなかったためと思われるが、当時の軍艦に新鮮な食肉の供給源として生きた豚などが積み込まれることは別に珍しいことではない。[要出典]
  4. ^ a b 薩摩と西欧文明: ザビエルそして洋学、留学生ザビエル渡来450周年記念シンポジウム委員会図書出版 南方新社, 2000


「フェートン号事件」の続きの解説一覧

フェートン号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 03:41 UTC 版)

フェートン (帆走フリゲート)」の記事における「フェートン号事件」の解説

詳細は「フェートン号事件」を参照 1808年10月フェートン長崎港侵入し人質取って水や食料要求兵力乏しかった長崎奉行食料を提供、フェートンは湾外に去った

※この「フェートン号事件」の解説は、「フェートン (帆走フリゲート)」の解説の一部です。
「フェートン号事件」を含む「フェートン (帆走フリゲート)」の記事については、「フェートン (帆走フリゲート)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フェートン号事件」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



フェートン号事件と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェートン号事件」の関連用語

フェートン号事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フェートン号事件のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェートン号事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフェートン (帆走フリゲート) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS