式亭 三馬とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 浮世絵師 > 式亭 三馬の意味・解説 

しきてい さんば 式亭三馬 ○

1776~1822 江戸後期戯作者げさくしや)。本名菊地久徳別号遊戯堂・四季山人など。江戸の人。版木の子書肆しよし)に奉公し、のち商を営む。黄表紙洒落本草双紙滑稽本などを多く著す。特に、江戸市井さまざまな人を、会話を主に皮肉をまじえて活写した滑稽本で有名。その作「雷太郎いかずちたろう強悪物語」は合巻嚆矢こうしとされる。著「浮世風呂」「浮世床

式亭三馬

読み方しきてい さんば

江戸後期戯作者江戸生。本名菊地久徳。又は太輔。別号本町庵・四季山人等。通称西宮太助。父・茂兵衛板木師。早くから書肆奉公自身古本屋を営む。黄表紙始まり敵討物等を手がけ、合巻形式流行端緒をつくる。本領滑稽本で『浮世風呂』『浮世床』の代表作がある。文政5年(1822)歿、48才。

式亭三馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 01:36 UTC 版)

式亭三馬(しきていさんば、安永5年(1776年) - 文政5年閏1月6日1822年2月27日))は、江戸時代後期の地本作家で薬屋、浮世絵師滑稽本浮世風呂』『浮世床』などで知られる。は菊地泰輔、は久徳。通称は西宮太助。戯号は四季山人・本町庵・遊戯堂・洒落斎(しゃらくさい)など。名が久徳で字が泰輔とする文献もある[1]


  1. ^ 棚橋正博:『式亭三馬』新装版、ぺりかん社(2007)p.2
  2. ^ a b c 岡本勝雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、150頁。 
  3. ^ 粋と洒落!江戸の広告作法「えどばたいじんぐ」 ⑦ | ミュージアム通信 | アドミュージアム東京”. www.admt.jp. 2020年4月22日閲覧。
  4. ^ 鈴木敏夫:『江戸の本屋(上)』、中公新書(1980)p.163 ほか


「式亭三馬」の続きの解説一覧



式亭 三馬と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「式亭 三馬」の関連用語

式亭 三馬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



式亭 三馬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの式亭三馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS