間宮 林蔵とは?

まみやりんぞう -りんざう 【間宮林蔵】 ○

1775~1844) 江戸後期探検家。諱(いみな)は倫宗(ともむね)常陸(ひたち)生まれ幕府蝦夷(えぞ)地御用雇となり蝦夷地勤務伊能忠敬測量を学ぶ。千島西蝦夷樺太探検間宮海峡発見し,樺太サハリン)が島であることを実証シーボルト事件告発といわれる

間宮 林蔵 (まみや りんぞう)

1775〜1844 (安永4年弘化元年)
探検家樺太探検、「間宮海峡」を発見した。
常陸国出身1790年江戸に出て地理学を学ぶ。99年蝦夷地初め渡り翌年箱館伊能忠敬から測量術を学んだ。1808年樺太渡りロシア半島と思われていた樺太が島であることを確認した。シーボルト事件密告者と言われ人望を失ったのちは、幕府隠密として長崎に下った。そのシーボルトは、樺太島中国大陸間の海峡を「間宮海峡」と名づけ、世界紹介した。日本人の名がついた唯一の地名である。

 年(和暦)
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 8才
1789年 (寛政元年) 棄捐令 14才
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 15才
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 16才
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 22才
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 28
1806年 (文化3年) 大火 31
1808年 (文化5年) フェートン号事件 33才
1825年 (文政8年) 異国船打払令 50
1828年 (文政11年) シーボルト事件 53
1829年 (文政12年) 江戸大火 54
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 55
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 62
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 64


 人物
佐藤 信淵 1769年1850年 (明和6年嘉永3年) +6
近藤 重蔵 1771年1829年 (明和8年文政12年) +4
徳川 家斉 1773年1841年 (安永2年天保12年) +2
式亭 三馬 1776年1822年 (安永5年文政5年) -1

間宮林蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 01:46 UTC 版)

間宮 林蔵(まみや りんぞう)は、江戸時代後期の徳川将軍家御庭番探検家。名は倫宗(ともむね)。元武家の帰農した農民出身であり、幕府で御庭番を務めた役人であった。生年は安永4年(1775年)とも[1]


  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. ^ デレンは現在のノヴォイリノフカ(Новоильиновка)にあった可能性が高いとする説が提唱されている。- 高橋大輔『間宮林蔵・探検家一代』(中公新書ラクレ)
  3. ^ 杉浦守邦 『江戸期文化人の死因』 思文閣出版 2008年
  4. ^ “間宮林蔵の子孫が一堂に 茨城県・伊奈町”. 共同通信. (2003年10月25日). http://www.47news.jp/CN/200310/CN2003102501000117.html 週刊朝日2014年9月5日号189ページ


「間宮林蔵」の続きの解説一覧



間宮 林蔵と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「間宮 林蔵」の関連用語

間宮 林蔵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



間宮 林蔵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの間宮林蔵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS