佐藤 信淵とは?

さとうのぶひろ 【佐藤信淵】

江戸後期経済学者神道家出羽佐藤信季(信景の子)の長男。号は椿園松園斎。家は代々農学鉱山学を究めてきたと自称各地遊歴し、平田篤胤神道影響を受け、アジアまでも併呑する国家社会主義唱えた。神道問題江戸追放になり武蔵足立郡鹿手袋村蟄居。著『経済要録』他。(一七六九~一八五〇)

佐藤 信淵 (さとう のぶひろ)

1769〜1850 (明和6年嘉永3年)
経世家江戸の「東京改称提案した、幕末経世学者
江戸後期経世家農政学者。出羽国出身。父とともに奥羽関東遊学江戸蘭学天文測量術学び47歳のとき平田篤胤師事農政物産海防兵学など多く論説著し重商主義絶対主義的な国家社会主義構想説く江戸を「東京」と改称し都を置く、二都制を提唱したことでも知られる。著書に『経済要略』など。

 年(和暦)
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 3才
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 14才
1789年 (寛政元年) 棄捐令 20才
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 21
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 22才
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 28
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 34
1806年 (文化3年) 大火 37
1808年 (文化5年) フェートン号事件 39
1825年 (文政8年) 異国船打払令 56
1828年 (文政11年) シーボルト事件 59
1829年 (文政12年) 江戸大火 60
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 61
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 68
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 70


 人物
高橋 至時 1764年1804年 (明和元年文化元年) +5
十返舎 一九 1765年1839年 (明和2年天保10年) +4
滝沢 馬琴 1767年1848年 (明和4年嘉永元年) +2
雷電 為衛門 1767年1825年 (明和4年文政8年) +2
近藤 重蔵 1771年1829年 (明和8年文政12年) -2
徳川 家斉 1773年1841年 (安永2年天保12年) -4
間宮 林蔵 1775年1844年 (安永4年弘化元年) -6

佐藤信淵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/30 05:15 UTC 版)

佐藤 信淵(さとう のぶひろ、明和6年6月15日1769年7月18日) - 嘉永3年1月6日1850年2月17日))は、江戸時代後期の絶対主義的思想家であり、経世家経済学者)、農学者兵学者、農政家でもある。本業は医師。出羽国雄勝郡西馬音内前郷村または郡山村(ともに、現秋田県雄勝郡羽後町)出身。通称(幼名)は百祐(ももすけ)、字は元海、号は松庵・万松斎・融斎・椿園。幼少から父の佐藤信季と各地を旅行して見聞を広め、のち江戸に出て儒学を井上仲竜、国学平田篤胤神道を吉川源十郎にそれぞれ学び、さらに本草学蘭学宇田川玄随大槻玄沢に、天文暦数を木村泰蔵に学んだ。その学問は農政・物産・海防・兵学・天文・国学など広範に及び、主著に『宇内混同秘策』『経済要録』『農政本論』がある。




「佐藤信淵」の続きの解説一覧



佐藤 信淵と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佐藤 信淵」の関連用語

佐藤 信淵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



佐藤 信淵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐藤信淵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS