十返舎 一九とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 小説家・作家 > 戯作者 > 十返舎 一九の意味・解説 

じっぺんしゃ いっく 【十返舎一九】 ○

1765~1831江戸後期戯作者本名重田貞一。駿河の人。江戸に出て武家仕え,のち大坂移り浄瑠璃を書くが名を成さず,江戸戻り黄表紙洒落本などを書き滑稽本東海道中膝栗毛」が大当たりし,以後多く続編人気を得た。式亭三馬とともに滑稽本の二大作家と称される。他に「心学時計草」など。

十返舎一九

読み方じっぺんしゃ いっく

江戸後期戯作家。駿府生。姓は重田、名は貞一、通称与七別号に酔斎。初め小田切土佐守仕えたが、致仕義太夫作者となった。のち書肆蔦屋重三郎食客となり、戯作の道に入る。滑稽本作家として有名であった。天保2年(1831)歿、67才。

十返舎一九(三世)

読み方じっぺんしゃ いっく

江戸後期戯作家。名は金次郎別号に三亭春馬、九辺舎一八養父の狂号を継いだ三世加保茶元成等、通称磯部兵衛村田市兵衛号す浅草庵春、十辺舎一九門下生著書は『多気競』等。嘉永4年(1851)歿。

十返舎 一九 (じっぺんしゃ いっく)

1765〜1839 (明和2年天保10年)
戯作者歯切れのよいユーモア諷刺で、傑作東海道中膝栗毛』を著わす
駿河国生まれ本名重田貞一。もとは奉行所勤めていたが、で役職を辞し、浄瑠璃修行江戸版元蔦屋」の食客となり、黄表紙合巻洒落本滑稽本中本読本咄本など約400種を多作した作家代表作弥次さん北さんの滑稽な旅もの語り東海道中膝栗毛』。江戸町人独特の歯切れのよい洒落ユーモアを描いた。戯作以外にも往来物案文類などの実用書を著す。

 年(和暦)
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 7才
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 18
1789年 (寛政元年) 棄捐令 24
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 25
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 26
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 32
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 38
1806年 (文化3年) 大火 41
1808年 (文化5年) フェートン号事件 43
1825年 (文政8年) 異国船打払令 60
1828年 (文政11年) シーボルト事件 63
1829年 (文政12年) 江戸大火 64
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 65
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 72
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 74


 人物
葛飾 北斎 1760年1849年 (宝暦10年嘉永2年) +5
山東 京伝 1761年1816年 (宝暦11年文化13年) +4
酒井 抱一 1761年1828年 (宝暦11年文政11年) +4
高橋 至時 1764年1804年 (明和元年文化元年) +1
滝沢 馬琴 1767年1848年 (明和4年嘉永元年) -2
雷電 為衛門 1767年1825年 (明和4年文政8年) -2
佐藤 信淵 1769年1850年 (明和6年嘉永3年) -4
近藤 重蔵 1771年1829年 (明和8年文政12年) -6

十返舎一九

以下の映画十返舎一九関連しています。
 
 


十返舎一九

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 02:31 UTC 版)

十返舎 一九(じっぺん しゃいっく、明和2年(1765年) - 天保2年8月7日1831年9月12日))は、江戸時代後期の戯作者、絵師日本で最初に、文筆のみで自活した[要出典]。『東海道中膝栗毛』の作者として知られる。




「十返舎一九」の続きの解説一覧



十返舎 一九と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「十返舎 一九」の関連用語

十返舎 一九のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



十返舎 一九のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十返舎一九 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS