野津道貫とは?

野津道貫 のづ みちつら

野津道貫の肖像 その1

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

野津道貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/22 03:26 UTC 版)

野津 道貫(のづ みちつら / どうがん、天保12年11月5日1841年12月17日) - 1908年明治41年)10月18日)は、幕末薩摩藩士、明治の陸軍軍人貴族院議員東部都督教育総監第4軍司令官を歴任した。通称は七次。は道貫。最終階級は元帥陸軍大将正二位大勲位功一級侯爵。兄に陸軍中将・野津鎮雄がいる。


  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)226頁
  2. ^ 星亮一『二本松少年隊のすべて』 新人物往来社2009年 ISBN 978-4-404-03568-4、p225、241
  3. ^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号109
  4. ^ 『官報』第672号「叙任」1885年9月25日。
  5. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  6. ^ 『官報』第3301号「叙任及辞令」1894年7月2日。
  7. ^ 『官報』第4943号「叙任及辞令」1899年12月21日。
  8. ^ 『官報』第7596号「叙任及辞令」1908年10月20日。
  9. ^ 陸軍少将黒川通軌外六名勲二等ニ進叙』 アジア歴史資料センター Ref.A15110025500 
  10. ^ 『官報』第307号「授爵・叙任及辞令」1884年7月8日。
  11. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  12. ^ 『官報』第2971号「叙任及辞令」1893年5月27日。
  13. ^ 『官報』第3631号「授爵・叙任及辞令」1895年8月6日。
  14. ^ 『官報』第3849号・付録「辞令」1896年5月1日。
  15. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  16. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  17. ^ 『官報』第7276号「帝国議会 - 貴族院 - 議員就職」1907年9月28日。
  18. ^ 『官報』第7586号「叙任及辞令」1908年10月7日。
  19. ^ 『官報』第6502号「叙任及辞令」1905年3月7日。
  20. ^ 『官報』第6790号「叙任及辞令」1906年2月20日。
  21. ^ 『官報』第6919号「叙任及辞令」1906年7月23日。
  22. ^ 『元帥上原勇作伝上巻』86~87項. 元帥上原勇作伝記刊行會. (1937). 
  23. ^ 陸軍現役将校同相当官実役停年名簿. 明治36年7月1日調 539項. 陸軍省. (1903). 
  24. ^ 『官報』第7055号、明治40年1月8日。
  25. ^ 野津鎭之助 (男性)『人事興信録』データベース第4版 [大正4(1915)年1月]


「野津道貫」の続きの解説一覧



野津道貫と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野津道貫」の関連用語

野津道貫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野津道貫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2020 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野津道貫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS