東京都青年の家事件とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 事件・事故 > 平成時代の事件 > 東京都青年の家事件の意味・解説 

東京都青年の家事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 00:49 UTC 版)

東京都青年の家事件(とうきょうとせいねんのいえじけん)は、同性愛者の団体に対し、東京都が「青少年の健全な育成に悪い影響を与える」として宿泊施設「府中青年の家」(2005年2月に閉鎖)の利用を拒絶した事に対して、1991年2月に起こされ、1997年9月の二審で原告団体の全面勝訴で結審した損害賠償訴訟である。提訴の理由は「青年の家を利用した際、他団体から嫌がらせを受けた。そこで青年の家側に対応を求めたところ、青年の家所長と都職員から不誠実な対応をされ、今後の利用を拒否された」というものだった[1]




  1. ^ 1991年5月「社会新報」より。
  1. ^ 旧約聖書 レビ記 20章13節  キリスト教が同性愛を断罪する根拠といわれる。聖書にはレビ記20章13節の他にも同性愛を禁止していると解釈されうるテキストが数箇所指摘されているが、本当にそれらテキストにそのような意図があるかについて、近年、様々な研究が行われるようになっている。例として「虹は私たちの間に-性と生の正義に向けて」(山口里子著、新教出版社 2008年 ISBN:978-4-400-42706-3)など。


「東京都青年の家事件」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東京都青年の家事件」の関連用語

東京都青年の家事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



東京都青年の家事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京都青年の家事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS