ドラァグキングとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドラァグキングの意味・解説 

ドラァグキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/26 06:43 UTC 版)

ドラァグキング: drag king [1])は、主に男性の姿に異性装した女性パフォーマーのことであり、舞台の個人ないし団体パートにおいて男性のジェンダー的ステレオタイプを表現する[2]。ふつうドラァグキングのショーは、ダンス、芝居、スタンダップ・コメディ、歌(事前に録音した曲に口をあわせることもある)などを取り入れている[3]。そして彼女たちは誇張されたマッチョな男性像を演じることで、建設作業員やラッパーなど社会の周縁にいる男性を表現するだけでなく[4]エルヴィス・プレスリーマイケル・ジャクソンティム・マグロウなどの男性有名人の役に扮することもする[5]




  1. ^ 表記について、野宮アキ,東優子 「性同一性障害、トランスセクシュアル、トランスジェンダーに関する用語集」Trans-Net Japan(TSとTGを支える人々の会). http://www.tnjapan.com/data/term.htm 1998年7月12日更新 2012年10月22日閲覧。他の用例として、「言語芸術論2:ドラァグ・キング論」東京大学 学部横断型教育プログラム バリアフリー教育プログラム/東京大学大学院教育学研究科附属 バリアフリー教育開発研究センター. http://www.p.u-tokyo.ac.jp/cbfe/cdp/03_syllabus/2012/2012-08C1120.html 2012年10月22日閲覧。ドラァグクイーン#表記も参照
  2. ^ Aronoff, Jen (2005年10月19日). “Competitive Drag Kings Strut Stuff: With some spit and polish, women perform in growing world of cross-dressing pageantry”. The University of South Carolina Daily Gamecock. 2007年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月29日閲覧。
  3. ^ Dujour, Dick (2006年8月24日). “Drag King Contest”. San Francisco Bay Times. 2007年7月29日閲覧。
  4. ^ Beckner, Chrisanne (2005年9月29日). “Best of Sacramento - Drag King: Buck Naked”. Sacramento News & Review. 2007年7月29日閲覧。
  5. ^ Long, Cris (2007年7月22日). “Bring Out the Kings!: Gage Gatlyn”. Out Impact. 2007年7月29日閲覧。
  6. ^ Gage For Yourself”. Watermark Online (2005年9月22日). 2007年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月29日閲覧。
  7. ^ Caceda, Eden (2015年1月13日). “Inside Sydney's drag king culture”. Hijacked. 2015年1月20日閲覧。
  8. ^ Oxford English Dictionary cites Rogers, Bruce (1972), The Queen's Vernacular: A Gay Lexicon, Straight Arrow Books, https://books.google.com/books?id=aQtjAAAAMAAJ 
  9. ^ Senelick, Laurence (2000), The changing room: sex, drag and theatre, Routledge, ISBN 978-0-415-15986-9 
  10. ^ Pix, Mary; Finberg, Melinda (2001), Eighteenth-century women dramatists, Oxford University Press, p. xviii, ISBN 978-0-19-282729-6, https://books.google.com/books?id=3GkyRMvh348C&pg=PR18 
  11. ^ Duggan, Lisa (2000), Sapphic slashers: sex, violence, and American modernity, Duke University Press, p. 147, ISBN 978-0-8223-2617-5, https://books.google.com/books?id=ino_gj6djj8C&pg=PA147 
  12. ^ Ferris, Lesley (1993), Crossing the stage: controversies on cross-dressing, Routledge, p. 90, ISBN 978-0-415-06269-5, https://books.google.com/books?id=lDBlGeCHjj0C 
  13. ^ Maitland, Sarah (1986), Vesta Tilley, Virago, ISBN 0-86068-795-3 
  14. ^ Slide, Anthony (1986), Great pretenders: a history of female and male impersonation in the performing arts, Wallace-Homestead Book Co., ISBN 978-0-87069-474-5 
  15. ^ Gladys Bentley articles, Queer Music Heritage, (June 2004), http://www.queermusicheritage.us/jun2004gb2.html 2009年11月27日閲覧。 
  16. ^ Klotman, Phyllis Rauch; Cutler, Janet K. (1999), Struggles for representation: African American documentary film and video, Indiana University Press, p. 168, ISBN 978-0-253-21347-1, https://books.google.com/books?id=9egX1te2g7cC&pg=PA168 
  17. ^ Rick, Bragg (1994-06-23), “From a Night of Rage, the Seeds of Liberation”, New York Times, http://www.nytimes.com/1994/06/23/nyregion/from-a-night-of-rage-the-seeds-of-liberation.html?pagewanted=all 2009年9月12日閲覧。 
  18. ^ Halberstam, Judith (2005), “Drag Kings: Masculinity and Performance (1998)”, The Subcultures Reader, Routledge, ISBN 978-0-415-34416-6, https://books.google.com/books?id=USl1G-903EwC&pg=PA410 
  19. ^ Rapi, Nina; Chowdhry, Maya (1998), Acts of passion: sexuality, gender, and performance, Routledge, p. 237, ISBN 978-0-7890-0370-6, https://books.google.com/books?id=ZD0yi6a7od0C&pg=PA237 


「ドラァグキング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドラァグキング」の関連用語

ドラァグキングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドラァグキングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラァグキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS