パンデミックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > パンデミックの意味・解説 

パンデミック

英語:Pandemic

感染症複数地域や国にまたがって世界的に流行すること。特に致死性の高い感染症を指す。

歴史上パンデミックが発生した例としては、黒死病ペスト)、コレラなどがある。2002年にはSARSがパンデミックになる恐れが強いとして危惧された。

最初期段階複数感染者一気発病することを「アウトブレイク」という。

pandemic

別表記:パンデミック

「pandemic」とは、全地域にわたる・世界的に流行している・世界的流行病のことを意味する英語表現である。

「pandemic」とは・「pandemic」の意味

「pandemic」とは、英語の形容詞名詞である。形容詞「pandemic」として、主に「全地域にわたる」「世界的に流行している」「一般的な」「普遍的な」といった意味を持つ。名詞「pandemic」として、全世界まん延する感染病などの「世界的流行病」を指す。名詞「pandemic」の複数形名詞「pandemics」である。日本語で「パンデミック」として定着している。

「pandemic」の発音・読み方

「pandemic」の発音記号は、「pændémik」と表記される。「pandemic」の読み方カタカナで表すと「パンデミク」となる。「パンデミク」の「デ」にアクセント付けて発音をする。

「pandemic」の語源・由来

「pandemic」の語源古代ギリシア語の「pandēmos」から来ている。「pan」は英語の「all」、「dēmos」は英語の「people」に該当するため、「pandēmos」は「すべての人々のために」という意味を持つ。「pandēmos」から後期ラテン語の「pandemus」となり、17世紀中頃に英語「pandemic」となったとされている。

「pandemic」と「epidemic」の違い

epidemic」とは、英語の形容詞名詞である。形容詞epidemic」は「流行性の」「まん延している」といった意味を、名詞epidemic」は「伝染病」「流行病」といった意味を持つ。したがってepidemic」は「pandemic」とほぼ同じ意味をもつ単語である。ただし「epidemic」が指す「伝染病」は、国家単位など特定の地域流行するものに限られ、「pandemic」と比較する範囲が狭い。「epidemic」が拡大して「pandemic」になる。「epidemic」の例として南米流行したジカ熱」や、東南アジアの「デング熱」が挙げられる一方「pandemic」の例として過去世界で多く死者出したペスト」「コレラ」、そして2020年から流行した新型コロナウイルス」である。

「pandemic」と「endemic」の違い

endemic」は英語の形容詞名詞である。形容詞endemic」は「風土性の」「地域特有の」といった意味を、名詞endemic」は「風土病」「地方病」といった意味を持つ。「endemicの意味は「pandemic」と似ているが、「endemic」の指す「風土病」は特定の地域繰り返し長期的に流行する病気である。したがってendemic」の影響範囲は「pandemic」と比較して狭い。加えて「pandemic」に長期的というニュアンス含まれない

「Pandemic(GUMIの曲)」とは

「Pandemic(GUMIの曲)」とは、ボカロVOCALOIDプロデューサー融合P」が製作した楽曲である。ボカロGUMI」を使用し編曲は「こがねむし」がしている。「Pandemic」は2013年12月13日に「ニコニコ動画」にアップロードされ、20回以上の再生回数をあげた。また2014年2月5日リリースされコンピレーション・アルバムEXIT TUNES PRESENTS Vocalofanatic feat. GUMIIAMAYU」にも収録されている。

「Pandemic(ボードゲーム)」とは

「Pandemic(ボードゲーム)」とは、2008年イギリスの「Z-Man Games」から発売されボードゲームである。日本では「パンデミック」のタイトル2009年に「ホビージャパン」から発売されている。2003年の「SARS」の流行から着想得た「パンデミック」は、ボードゲームでは珍しいプレイヤー同士協力するゲームとなっている。プレイヤーは「衛生兵」「研究員」など異な役割持ち病原体全世界に広まるまでに治療薬発見することがゲームの勝利条件である。数多く拡張セット発売されビデオゲーム版リリースされている。

「pandemic」を含むその他の用語の解説

「PANDEMIC ALONE」とは


ソーシャルゲームアイドルマスターシンデレラガールズ」の登場人物である「星輝子(CV松田颯水)」が歌う楽曲である。「星輝子」にとって2回目ソロ曲で、作詞を「ミズノゲンキ」、作曲編曲を「睦月周平」が手掛けている。2016年10月26日リリースされアルバム作品STARLIGHT MASTER 06 Love∞Destiny」に収録され2021年7月21日には配信もされている。

「pandemic」の使い方・例文

「pandemic」の使い方として以下の例文挙げられる

・The disease broke out and became a pandemic.(その病気アウトブレイクして全世界広まった
Many scientists are working on drugs to treat the pandemic.(多く科学者がパンデミックの治療薬研究をしている)

パンデミック

英語:pandemic

パンデミックとは、パンデミックの意味

パンデミックとは、ある感染症が国や大陸超えて大流行すること。日本語では「汎発流行」または「感染爆発」と表現される。パンデミックの語源ギリシア語の pandēmos で、 pan全て、 dēmos人々意味し病気感染一部地域留まらず世界中広がることを指している。人類の歴史上、ペスト天然痘など、さまざまな感染症のパンデミックが幾度となく猛威振るいときには人類史重大な影響及ぼしてきた。

パンデミックとエンデミック、エピデミックとの違い

パンデミックは国や一地域という境界超えて世界的な規模感染症流行することを指す。感染症の流行は、その他、特定の地域または集団感染症日常的に流行している「エンデミック」と、特定の地域または集団で、通常予測される上の感染症拡大するエピデミック」に分類される例え1976年発見されエボラ出血熱感染力致死率極めて高いが、世界的な流行には至っていないためパンデミックではなくエピデミック局所的な流行)に分類されるとどまっている。

パンデミックの基準

世界感染症対策における中心的な役割を担うWHO(世界保健機関)では、どのような状態をパンデミックとみなすか、という基準について、明確な定義はないとしながらも、ある感染症世界的な規模流行し全ての人々感染症脅威さらされている状態、または感染症が国から国へ拡大し、もはや制御できない段階達した態と位置付けている。2009年にはパンデミック、特にインフルエンザに対して6段階フェーズ設けられたが、2020年2月、WHOはこの見解撤回した

1946年にWHO(世界保健機関)が設立され以降は、WHOが感染症の流行度合い調査し複数の国渡って感染症拡大認められ、かつその被害が深刻であれば世界各国にパンデミックを宣言し技術的対策勧告している。パンデミックが宣言され場合多く国々では対策本部設けられ水際対策強化したり、感染拡大防止努めたりなど対応に当たる。また貧困紛争で国単位での対応が難し場合は、国連人道支援として対応に当たることもある。

パンデミックの過去の例「天然痘」

パンデミックの過去の例として、まずは天然痘挙げられる天然痘人類史上、最も初期段階からパンデミックを引き起こしてきた感染症のひとつである。天然痘は、天然痘ウィルス感染することで発症し高熱繰り返す全身膿疱生ずるなどの症状現れる致死率平均20%50%と極めて高く14世紀アメリカ大陸大流行した際は免疫を持たなかった先住民人口激減させ、アステカ帝国インカ帝国滅亡する原因のひとつになった18世紀半ばイギリス開業医だったエドワード・ジェンナー牛痘膿疱から種痘法を開発するとその技術世界中広まり1980年にはWHOが天然痘根絶宣言発表する至った

パンデミックの過去の例「ペスト」

パンデミックの例として次に挙げられるのはペストである。ペスト人類の歴史上、天然痘並んで幾度となく猛威振るってきた感染症である。ペストは、ペスト菌感染することで発症し発熱頭痛リンパ節腫脹肺炎など、さまざまな臨床症状現れる致死率60%~90%にも達し14世紀ヨーロッパ全土大流行した際は全人口の3分の1死亡したペスト感染する全身真っ黒な出血斑ができることが多いため、別名「黒死病」とも呼ばれる1894年日本人細菌学者北里柴三郎ペスト菌発見20世紀効果的な抗菌薬開発される流行激減した。ただし2000年代においても、アジアアフリカ諸国散発的に流行することがある

パンデミックの最近の例「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)」

パンデミックの最近の例として新型コロナウィルス感染症COVID-19)が挙げられる新型コロナウィルス感染症は、2019年11月中華人民共和国湖北省武漢市初め症例確認され感染症である。SARSコロナウイルス-2SARS-CoV-2) が原因発症する感染症で、症状は、高熱や咳、嗅覚味覚麻痺肺炎など、重症例では呼吸不全が起こる。高齢者基礎疾患がある人は重症化リスクが高いとされる飛沫感染または接触感染により感染し、特に換気が悪い密閉空間における小規模な感染者集団クラスター)が感染拡大する考えられている。武漢市発生した新型コロナウィルス感染症瞬く間世界中伝播し、2020年5月6日時点世界累計感染者数3588773人、死亡者数247503人にまで達した(WHO発表)。日本ではこうした感染拡大踏まえ2020年4月7日外出自粛要請施設使用停止求め緊急事態宣言発令された。

関連サイトWHO Coronavirus Disease (COVID-19) Dashboard(WHO)

パンデミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/20 05:14 UTC 版)

パンデミック: pandemic)とは、「世界的な規模で流行すること」、「症状の全国的・世界的な大流行」、「広い地域に高い罹病率で症状が発生し、大流行すること」を意味する[1]ほか、「一国の全体、あるいは世界に、ある疾患が広がること」を意味する[2]


注釈

  1. ^ Oxford Lexicoにはpandemicの用法としては形容詞的用法としては「(of a disease) prevalent over a whole country or the world. (ある病気について)国中あるいは世界中での流行」との説明、名詞的用法としては「An outbreak of a pandemic disease パンデミックな病気(国中あるいは世界中で流行する病気)の発生」との説明、以上2つしか掲載していない。

出典

  1. ^ "パンデミック". 日本大百科全書、知恵蔵、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、百科事典マイペディア、デジタル大辞泉. コトバンクより2022年12月23日閲覧
  2. ^ pandemic_1 noun, Oxford Learner's Dictionaries”. 2020年3月27日閲覧。
  3. ^ Gould 1966, p. 617.
  4. ^ ABC/Reuters (2008年1月29日). “Black death 'discriminated' between victims (ABC News in Science)”. Australian Broadcasting Corporation. オリジナルの2016年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161220120404/http://www.abc.net.au/science/articles/2008/01/29/2149185.htm 2008年11月3日閲覧。 
  5. ^ “Black Death's Gene Code Cracked”. Wired. (2001年10月3日). オリジナルの2015年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150426160438/http://archive.wired.com/medtech/health/news/2001/10/47288 2015年2月12日閲覧。 
  6. ^ “Health: De-coding the Black Death”. BBC. (2001年10月3日). オリジナルの2017年7月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170707042715/http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/1576875.stm 2008年11月3日閲覧。 
  7. ^ Aberth 2010.
  8. ^ Deleo & Hinnebusch 2005, pp. 927–928.
  9. ^ pandemic_1 noun, Oxford Learner's Dictionaries”. 2020年3月27日閲覧。
  10. ^ Oxford English Dictionary, etymology of pandemic.
  11. ^ 『日本大百科全書』(ニッポニカ)、「感染症」
  12. ^ Hopkins, Donald R. (2002), The greatest killer: smallpox in history, with a new introduction, University of Chicago, pp. 34, 87, 89 and 91, ISBN 9780226351681 
  13. ^ Pandemic | Meaning of Pandemic by Lexico” (英語). Lexico Dictionaries | English. 2020年3月1日閲覧。
  14. ^ 吉田眞一、柳雄介編『戸田新細菌学』改訂32版 (2002年)、p.14、南山堂
  15. ^ 林英生、岩本愛吉ほか監訳『ブラック微生物学』第2版(2007年)、p.435、丸善
  16. ^ 山口惠三、松本哲哉監訳『イラストレイテッド微生物学』第2版(2008)、p.15、丸善
  17. ^ Gordis, Leon (2007), Epidemiology (4th ed.), Elsevier Health Sciences, p. 22, ISBN 9781416040026 
  18. ^ Krasner, Robert I. (2002), The microbial challenge: human-microbe interactions, ASM (アメリカ微生物学会), p. 124, ISBN 9781555812416 
  19. ^ Oxford Lexico, "endemic".
  20. ^ Oxford Lexico, "epidemic".
  21. ^ 平松啓一・中込治 編集『標準微生物学』(10版)、2009年。ISBN 978-4-260-00638-5 
  22. ^ Principles of Epidemiology | Lesson 1 - Section 11” (英語). www.cdc.gov (2020年5月11日). 2020年6月27日閲覧。
  23. ^ 武部, 豊 (2002), “後天性免疫不全症候群(前編)” (PDF), 感染症週報, 感染症の話 (国立感染症研究所) 4 (39): 16, http://idsc.nih.go.jp/idwr/kanja/idwr/idwr2002-39.pdf 2009-05-01T15:30Z閲覧, "世界流行(pandemic)" 
  24. ^ a b c 医学書院 医学大辞典 第2版(2009年2月15日発行)
  25. ^ 'WHO:2009年4月29日発表の文書に基づく警戒レベル WHO [リンク切れ]
  26. ^ a b 押谷仁, 「インフルエンザパンデミック(H1N1)2009を考える」『ウイルス』 59巻 2号 2009年 p.139-144, doi:10.2222/jsv.59.139
  27. ^ a b c Anderson RM, Heesterbeek H, Klinkenberg D, Hollingsworth TD (March 2020). "How will country-based mitigation measures influence the course of the COVID-19 epidemic?". The Lancet. 395 (10228): 931–934. doi:10.1016/S0140-6736(20)30567-5. PMID 32164834. A key issue for epidemiologists is helping policy makers decide the main objectives of mitigation—eg, minimising morbidity and associated mortality, avoiding an epidemic peak that overwhelms health-care services, keeping the effects on the economy within manageable levels, and flattening the epidemic curve to wait for vaccine development and manufacture on scale and antiviral drug therapies.
  28. ^ a b “Community Mitigation Guidelines to Prevent Pandemic Influenza—United States, 2017”. Recommendations and Reports (Centers for Disease Control and Prevention) 66 (1). (12 April 2017). https://stacks.cdc.gov/view/cdc/45220. 
  29. ^ 「感染症と文明 共生への道」p64 2011年6月21日第1刷 山本太郎 岩波書店
  30. ^ 「感染症と文明 共生への道」p85-87 山本太郎 岩波書店 2011年6月21日第1刷
  31. ^ 「感染症と文明 共生への道」p112-116 山本太郎 岩波書店 2011年6月21日第1刷
  32. ^ 「第一次世界大戦史」p202 飯倉章 中公新書 2016年3月25日発行
  33. ^ 「感染症と文明 共生への道」p117-121-87 山本太郎 岩波書店 2011年6月21日第1刷
  34. ^ 「アフリカ経済論」p195 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  35. ^ 「アフリカ経済論」p268 北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
  36. ^ 新型コロナは「パンデミック」に相当、WHO事務局長が表明. ロイター. (2020年3月12日) 2020年3月15日閲覧。
  37. ^ “WHO「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」”. NHKニュース. (2020年3月12日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200312/k10012326751000.html 2020年3月12日閲覧。 
  38. ^ 世界の感染者数・死者数(累計) NHKコロナ特設サイト (2021年8月17日)
  39. ^ a b Dobson, Andrew P. and E. Robin Carter (1996) Infectious Diseases and Human Population History (full-text pdf) (PDF) Bioscience;46 2.
  40. ^ Pollard, Chris (2010年1月13日). “Swine flu 'a false pandemic' to sell vaccines, expert says”. News.com. オリジナルの2010年1月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100114013335/http://www.news.com.au/world/swine-flu/story-e6frfkyi-1225818388508 2010年1月13日閲覧。 
  41. ^ 山田敏弘 (2020年2月27日). “「新型コロナでデマ拡散「インフォデミック」に踊らされない“リテラシー”とは」”. ITmedia ビジネスオンライン. 2020年3月4日閲覧。
  42. ^ World Health Organization (2020). Novel Coronavirus (‎2019-nCoV)‎: situation report, 13 (Report). World Health Organization. hdl:10665/330778
  43. ^ Coronavirus: UN health agency moves fast to tackle 'infodemic'; Guterres warns against stigmatization”. UN News (2020年2月4日). 2020年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月5日閲覧。
  44. ^ WHO Says There's No Effective Coronavirus Treatment Yet”. finance.yahoo.com. 2020年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月6日閲覧。
  45. ^ Richtel, Matt (2020年2月6日). “W.H.O. Fights a Pandemic Besides Coronavirus: an 'Infodemic'”. The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2020年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200206224226/https://www.nytimes.com/2020/02/06/health/coronavirus-misinformation-social-media.html 2020年2月7日閲覧。 
  46. ^ “As coronavirus misinformation spreads on social media, Facebook removes posts”. Reuters. (2020年2月1日). オリジナルの2020年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200206071606/https://www.reuters.com/article/us-china-health-facebook-idUSKBN1ZV388 2020年2月7日閲覧。 
  47. ^ “Amazon culls one million fake coronavirus products”. BBC News. (2020年2月28日). https://www.bbc.co.uk/news/technology-51675183 
  48. ^ ネアンデルタール人絶滅は人類の病気のせい?CNN
  49. ^ a b 甲斐知恵子, 「伝染病が野生動物個体群に及ぼす影響」『日本野生動物医学会誌』 2巻 1号 1997年 p.13-17, doi:10.5686/jjzwm.2.13
  50. ^ Ten shocking animal diseases that may threaten speciesBBC
  51. ^ 喜田宏「インフルエンザ対策の要 : 鳥,パンデミックと季節性インフルエンザをどうする (創立50周年記念号)」『鶏病研究会報』第51巻、鶏病研究会、2015年9月、7-12頁、ISSN 0285-709XNAID 40020615793 
  52. ^ パンデミックリスクー口蹄疫の事例からー (PDF) 著:吉田 護 出版:京都大学
  53. ^ Q.33日本 のオオカミはなぜ絶滅 (PDF) 京都市
  54. ^ Wahlquist, Calla (2015年12月30日). “Tasmanian devils can catch second strain of facial cancer, say scientists” (英語). The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2015/dec/30/tasmanian-devils-can-catch-second-strain-of-facial-cancer-say-researchers 2018年1月27日閲覧。 
  55. ^ Epstein, Brendan; Jones, Menna; Hamede, Rodrigo; Hendricks, Sarah; McCallum, Hamish; Murchison, Elizabeth P.; Schönfeld, Barbara; Wiench, Cody et al. (2016-08-30). “Rapid evolutionary response to a transmissible cancer in Tasmanian devils” (英語). Nature Communications 7: 12684. doi:10.1038/ncomms12684. ISSN 2041-1723. PMC 5013612. PMID 27575253. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5013612/. 
  56. ^ カエルを襲うツボカビ症、ヘビにも被害及んでいたナショナルジオグラフィック



パンデミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 09:45 UTC 版)

クロスファイア (オンラインゲーム)」の記事における「パンデミック」の解説

2009年5月28日実装日。 マップ数8。ゲームスタートから20 秒が経過すると、プレイヤー人数2人以上8人未満だと1体、9人以16未満だと2体、宿主ゴーストプレイヤーの中からランダム選ばれ出現する。マスターゴーストは傭兵攻撃して感染」させ、ゴースト変えるすべての傭兵を「感染」させることができればマスターゴーストの勝利逆に傭兵すべてのゴーストを倒すか、タイムアウト時にひとりで傭兵生き残っていれば傭兵勝利マップ 13th Zone Port H-Interest IXION Lost City Ruin mall 13th zone UG Merida

※この「パンデミック」の解説は、「クロスファイア (オンラインゲーム)」の解説の一部です。
「パンデミック」を含む「クロスファイア (オンラインゲーム)」の記事については、「クロスファイア (オンラインゲーム)」の概要を参照ください。


パンデミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 05:43 UTC 版)

井戸泰」の記事における「パンデミック」の解説

留学後同年9月稲田龍吉教授後任として九州帝国大学第一内科第2代教授就任する。しかし、翌大正8年1919年)、京都帝国大学での学会出張中体調を崩し福岡戻ってから高熱のため一時危篤態となった。折しも世界的な大流行(パンデミック)を起こして猛威ふるっていた流行性感冒インフルエンザ)・スペイン風邪であった奇しくも井戸はその当時このインフルエンザ研究をしており、京都帝国大学での学会でもこの症例についての発表行っている。 病状おもわしくないとの急報受け取った稲田龍吉福岡見舞訪れる。そして病床井戸3歳になる一人息子一郎のことを「将来必ず医者にしたい、どうか君の力で一角医者にしてくれ」と依頼したという記事当時九州日報残っている。きっと自らかなえられなかった医者への夢を息子託したのだろう。いったん快方に向かうが、腸チフス併発し5月4日未明に妻と幼い3歳息子残し37歳死去

※この「パンデミック」の解説は、「井戸泰」の解説の一部です。
「パンデミック」を含む「井戸泰」の記事については、「井戸泰」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パンデミック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

パンデミック

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 22:51 UTC 版)

語源

発音

名詞

パンデミック

  1. (疫学) 感染症に関する地理的に広い範囲世界流行および非常多くの数の感染者や患者発生する流行

関連語

翻訳


「パンデミック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パンデミック」の関連用語

パンデミックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンデミックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンデミック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクロスファイア (オンラインゲーム) (改訂履歴)、井戸泰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパンデミック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS