ボカロとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ボカロの意味・解説 

ボカロ

ボーカロイド」(VOCALOID)の略称。ヤマハ開発した音声合成エンジン、および、同技術利用したDTMソフトウェアなどの製品のこと。代表的製品としてクリプトン販売する「初音ミク」などがある。

VOCALOID

(ボカロ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 08:44 UTC 版)

VOCALOID(ボーカロイド)とは、




注釈

  1. ^ Vocaloid4 Editor for Cubase で対応。MacでVocaloidを使用するためにはCubaseが必要だと言うのは、あくまでYamahaのVocaloid4 Editorを使用するならの話である。後述するクリプトン・フューチャー・メディアのように、他社により独自のエディタが開発されている場合もある。
  2. ^ 図はミュージックシーケンサーなどに使われるピアノロールの例を図示したものであり、VOCALOIDのスコアエディタの画面とは異なる。
  3. ^ 2009年12月に行われた講演によると通常は3段階のピッチで収録、「SF-A2 開発コード miki」については4段階で収録しているという[23]
  4. ^ 英語版の「初音ミク V3 ENGLISH」をバンドルした「初音ミク V3 バンドル」も同時発売
  5. ^ 英語版の「初音ミク V4 ENGLISH」をバンドルした「初音ミク V4 バンドル」も同時発売
  6. ^ 英語版の「鏡音リン・レン V4 ENGLISH」をバンドルした「鏡音リン・レン V4X バンドル」も同時発売
  7. ^ 最初のデモ版はマイケル・キングというエルヴィス・プレスリーものまねタレントの声を基に作られていた[75]。またパッケージのキャラクターについても当初公開されていたもの[79]から変更されている[75]
  8. ^ mikiについては、本項では販売元であるAHSの節に記載。
  9. ^ 2009年11月4日に法政大学学園祭で開催されたイベント「VOCALOID on STAGE@Hosei University」では、司会を務めたラジオパーソナリティ鷲崎健の声を元にした合成音声が公開されている[154]。同イベントの開催前に収録した音源を使いクリプトン・フューチャー・メディア社によって即席で制作されたもので、「鷲音ザキ」と名づけられた[154]
  10. ^ 応募作品の再生数の集計は同年10月まで月末毎に行われ、1000回を超えれば配布対象となる[165]
  11. ^ 発表は2010年2月であるがflexで作成された音声はそれ以前に2009年10月のCEATEC JAPAN 2009の産業技術総合研究所開発の女性型ヒューマノイドロボット「HRP-4C未夢(ミーム)」のデモで披露されている[167]
  12. ^ 例えばビブラートの表現のピッチの揺れはVOCALOID2では自動で計算される[28]が、VOCALOID-flexのエディタを使って表現しようとする場合はマウスを使って直接揺れを書くことになる[167]

出典

  1. ^ 剣持秀紀 & 大下隼人 2008, p. 51
  2. ^ a b c d e f g “キャラクターなしのVOCALOID「VY1」 初のヤマハ製、9月発売 - ITmedia News”. ITmedia News. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1008/13/news005.html 2010年8月13日閲覧。 
  3. ^ a b c d “歌詞とメロディを入力すると歌い出す ヤマハが歌声合成ソフト開発”. ITmedia. (2003年2月26日). http://www.itmedia.co.jp/news/0302/26/njbt_06.html 2009年11月7日閲覧。 
  4. ^ デヤマハが歌声合成ソフトVOCALOID(ヴォーカロイド)をインターネット経由でサービスプロバイダー向けに提供を開始”. ヤマハ (2009年4月). 2009年4月15日閲覧。
  5. ^ 剣持秀紀 & 大下隼人 2008, p. 56, 4. 謝辞, “VOCALOIDの信号処理部分は、ヤマハとPompeu Fabra大学(バルセロナ)のMusic Technology Group(MTG)との共同研究によって開発された。...
  6. ^ 『ボカロplus vol.1』徳間書店、2011年、31-33頁。ISBN 978-4197203406
  7. ^ a b c d 村松健至 (2010年2月25日). “ヤマハ、“しゃべる”機能を追加した「VOCALOID-flex」を開発”. INTERNET Watch (インプレス). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100225_351164.html 2010年3月29日閲覧。 
  8. ^ a b 本多らな『初音ミク・名曲ガイド』ヤマハミュージックメディア、2009年、94頁。ISBN 978-4-636-84684-3
  9. ^ 鈴木謙介、デジタルコンテンツ協会編「インターネット関連産業」『デジタルコンテンツ白書』2008年、デジタルコンテンツ協会、2008年9月、 137-138頁、 ISSN 1346-7875。
  10. ^ “初音ミク“ボーカロイド”アルバムが史上2作目首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年1月25日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/76554/full/ 2011年1月25日閲覧。 
  11. ^ a b デジタルコンテンツの知的財産権に関する調査研究:進化するコンテンツビジネスモデルとその収益性・合法性-VOCALOID2、初音ミク、ユーザ、UGMサイト、権利者:報告書”. デジタルコンテンツ協会. pp. 35頁 (2008年3月). 2009年1月24日閲覧。
  12. ^ 剣持秀紀 & 藤本健 2014, pp. 54-55.
  13. ^ クリプトン | VOCALOID2特集”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2009年11月7日閲覧。
  14. ^ 「剣持秀紀interview」『DTM magazine』第15巻2号(通号 166号)「1月号増刊 The VOCALOID CV01初音ミク」、寺島情報企画、2008年1月、 36頁。
  15. ^ VOCALOIDとは?〜ヤマハの想い:技術解説”. ヤマハ. 2011年9月14日閲覧。
  16. ^ VOCALOID”. ヤマハ. 2011年10月12日閲覧。
  17. ^ デジタルコンテンツの知的財産権に関する調査研究:進化するコンテンツビジネスモデルとその収益性・合法性-VOCALOID2、初音ミク、ユーザ、UGMサイト、権利者:報告書”. デジタルコンテンツ協会. pp. 41頁 (2008年3月). 2009年1月16日閲覧。
  18. ^ 「歌声合成技術とVOCALOID」『ヒューマンインタフェース学会誌』Vol.10 No.2、ヒューマンインタフェース学会、 163頁。
  19. ^ a b c “クリプトン、「初音ミク」のVOCALOID 3対応版を発表 ヤマハは「VOCALOID Editor for Cubase」のMac対応版”. インプレス. (2013年7月24日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130725_608975.html 2013年7月25日閲覧。 
  20. ^ a b c d e “ヤマハ、iPad/iPhone用の「VOCALOID」を開発”. インプレス. http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20101014_400020.html 2010年10月15日閲覧。 
  21. ^ a b “任天堂のゲームソフト「大合奏!バンドブラザーズP」に「VOCALOID」が歌声合成エンジンとして搭載”. BARKS. (2013年8月10日). http://www.barks.jp/gakki/news/?id=1000093155 2013年12月15日閲覧。 
  22. ^ 「剣持秀紀interview」『DTM magazine』第15巻2号(通号 166)「1月号増刊 The VOCALOID CV01初音ミク」、寺島情報企画、2008年1月、 39頁。
  23. ^ 『DTM magazine』第17巻2(通号 193)、寺島情報企画、2010年2月、 106頁。
  24. ^ a b 井上理「技術フロンティア 肉声に近づいた音声合成(ヤマハ、クリプトン・フューチャー・メディア、アニモ)」『日経ビジネス』(1424)[2008.1.14]、日経BP、 78-80頁、 ISSN 0029-0491。
  25. ^ デジタルコンテンツの知的財産権に関する調査研究:進化するコンテンツビジネスモデルとその収益性・合法性-VOCALOID2、初音ミク、ユーザ、UGMサイト、権利者:報告書”. デジタルコンテンツ協会. pp. 37頁 (2008年3月). 2009年11月9日閲覧。
  26. ^ 「VOCALOID3ついにデビュー」『DTM magazine』第18巻第10号、寺島情報企画、2011年10月、 46-47頁。
  27. ^ 剣持秀紀 & 大下隼人 2008, p. 53
  28. ^ a b 剣持秀紀 & 大下隼人 2008, p. 54
  29. ^ 「剣持秀紀interview」『DTM magazine』第15巻2号(通号 166号)「1月号増刊 The VOCALOID CV01初音ミク」、寺島情報企画、2008年1月、 37-39頁。
  30. ^ a b c “ヤマハ、「VOCALOID3」発表 よりリアルに”. ITmedia. (2011年6月8日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/08/news071.html 2011年6月8日閲覧。 
  31. ^ a b c d e f “第465回:進化した「VOCALOID3」の改善点をチェック〜UI改善、機能拡張など。VOCALOID2との音声比較も”. AV Watch (インプレス). (2011年6月13日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20110613_452790.html 2011年10月11日閲覧。 
  32. ^ a b “クリプトンからボーカロイド「KAITO V3」登場、3種類の日本語&英語DB搭載、エディタとDAWも付属”. BARKS. (2013年3月3日). http://www.barks.jp/gakki/news/?id=1000088011 2013年5月1日閲覧。 
  33. ^ 「10分でわかるVOCALOID3」『DTM magazine』第18巻第8号、寺島情報企画、2011年8月、 18頁。
  34. ^ “AHS、音楽制作ソフト「Music Maker」最新版を発売 - VOCALOID3連携の新機能も”. マイナビ. (2013年11月30日). http://news.mynavi.jp/news/2013/11/30/088/ 2013年12月26日閲覧。 
  35. ^ “「VOCALOID Editor for Cubase」いよいよ登場、動作条件変更でCubase 7&Cubase Artist 7に対応に”. BARKS. (2013年1月17日). http://www.barks.jp/gakki/news/?id=1000086542 2013年5月1日閲覧。 
  36. ^ a b c “『VOCALOID4』登場。うなる様な声の合成、2つの歌声ライブラリのブレンド、ピッチレンダリングなどの新機能を搭載。12月下旬より3製品の発売を開始。” (プレスリリース), ヤマハ株式会社, (2014年11月20日), http://jp.yamaha.com/news_release/2014/14112001.html 2014年11月24日閲覧。 
  37. ^ 原則として同一のシンガー、言語である必要があるが、インターネット同士・AHS同士・兎眠りおんと夢眠ネムの組み合わせに限り、別製品とのブレンドが可能。
  38. ^ a b “ついに『VOCALOID4』発表! “巡音ルカ”や“結月ゆかり”の新作も登場した“VOCALOID新製品発表会”リポート”. ファミ通. (2014年11月21日). http://www.famitsu.com/news/201411/21066190.html 2014年11月23日閲覧。 
  39. ^ a b “「VOCALOID4」が得た表現力、使いやすさとは──発表会を振り返る”. ITmedia. (2014年11月21日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/21/news173.html 2014年11月23日閲覧。 
  40. ^ 「VOCALOID4 Editor for Cubase」のみ対応。日本語では「あああー」もしくは「らららー」のように発声するものであり、あらかじめ歌詞を設定できるものではない
  41. ^ VOCALOID2の歌声ライブラリをVOCALOID3に変換したものでも利用可能。ただし2からの変換ツールがVOCALOID4製品に付属されるとのアナウンスはない。
  42. ^ ““唸る声”など多彩な表現の「VOCALOID4」発表。ルカのV4版も発売、浅川悠さん登場”. インプレス. (2014年11月21日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141121_677130.html 2014年11月23日閲覧。 
  43. ^ “バイリンガル・シンガー『巡音ルカ V4X』発売決定!11月20日より予約受付を開始!” (プレスリリース), クリプトン・フューチャー・メディア株式会社, (2014年11月21日), http://www.crypton.co.jp/cfm/news/2014/11/lukav4x 2014年11月25日閲覧。 
  44. ^ 岡田有花 (2009年2月10日). “英語に苦心 大人なVOCALOID「巡音ルカ」ができるまで”. ITmedia News (ITmedia): pp. 1. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/10/news036.html 2009年11月9日閲覧。 
  45. ^ 根津禎「実録 開発物語 パソコン用歌声合成ソフト「初音ミク」(第1回)出会いは着メロから」『日経エレクトロニクス』(971)[2008.2.11]、日経BP社、 107-110頁、 ISSN 0385-1680。
  46. ^ a b c 『VOCALOIDをたのしもう Vol.7』ヤマハミュージックメディア、2011年、7--9頁。ISBN 978-4-636-88087-8
  47. ^ a b c “植木等の歌声が最新技術でよみがえる!”. zakzak (産業経済新聞社): pp. 1. (2011年8月19日). http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20110819/ecn1108190935002-n1.htm 2012年6月28日閲覧。 
  48. ^ デジタルコンテンツの知的財産権に関する調査研究:進化するコンテンツビジネスモデルとその収益性・合法性-VOCALOID2、初音ミク、ユーザ、UGMサイト、権利者:報告書”. デジタルコンテンツ協会. pp. 42頁 (2008年3月). 2009年11月9日閲覧。
  49. ^ a b c “ヤマハ、VOCALOIDの活用によりhide未発表曲のボーカルパートを再現”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). (2014年10月23日). http://japan.cnet.com/entertainment/35055546/ 2014年10月27日閲覧。 
  50. ^ a b 美空ひばりの新曲ライブの実現を支援 あの歌声を当社最新の歌声合成技術『VOCALOID:AI™』で再現 「NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり(仮)」に技術協力
  51. ^ a b Rubens, Paul (2004年2月19日). “Virtual voices” (英語). The Guardian. p. 23. http://www.guardian.co.uk/technology/2004/feb/19/onlinesupplement 2009年12月6日閲覧。 
  52. ^ 岡田有花 (2007年9月12日). “異例の売れ行き「初音ミク」 「ニコ動」で広がる音楽作りのすそ野”. ITmedia News (ITmedia). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/12/news035.html 2009年11月9日閲覧。 
  53. ^ a b c 安藤章司 (2008年10月27日). “インターネット、「初音ミク」越え、DTM老舗の意地見せる”. BCNランキング (BCN). http://bcnranking.jp/news/0810/081027_12239.html 2009年11月9日閲覧。 
  54. ^ “「頭文字D」歌手がなぜボーカロイドに? 「Lily」発売元に聞く”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). (2010年8月7日). http://ascii.jp/elem/000/000/538/538213/ 2011年2月15日閲覧。 
  55. ^ 剣持秀紀 & 藤本健 2014, pp. 137-154.
  56. ^ a b 岡田有花 (2008年2月22日). “クリプトン・フューチャー・メディアに聞く(2):「初音ミク」ができるまで”. ITmedia News (ITmedia). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/22/news013.html 2009年12月7日閲覧。 
  57. ^ 「英国産歌姫「SONIKA」」『DTM magazine』第2009.9号、寺島情報企画、 49項。
  58. ^ ZERO-G ANNOUNCE FIRST 3 VOCALOID TITLES” (英語). ZERO-G. 2008年10月12日閲覧。
  59. ^ メディアファージ事業部”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2004年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月2日閲覧。
  60. ^ Vocaloid PRIMA by Zero-G, a virtual vocalist plug-in powered by Yamaha VOCALOID2” (英語). ZERO-G. 2008年10月13日閲覧。
  61. ^ a b ソプラノ歌手のVOCALOID 2「PRIMA」」『DTM magazine』第15巻第6号、寺島情報企画、2008年5月、 92頁、2010年8月2日閲覧。
  62. ^ VOCALOID2『PRIMA』リリース!”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2008年10月13日閲覧。
  63. ^ a b c 「VOCALOID年表」『ボーカロイド現象』PHP研究所、2011年、224--231頁。ISBN 978-4569796468
  64. ^ New Zero-G DVD Release - NOW SHIPPING:” (英語). ZERO-G. 2010年7月14日閲覧。
  65. ^ a b “オペラを歌える英語ボーカロイド「TONIO」 クリプトンが国内販売”. ITmedia News (ITmedia). (2010年8月2日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1008/02/news078.html 2010年8月3日閲覧。 
  66. ^ Vocaloid 3 Avanna Demos & Download Available Now!” (英語). engloids (2012年12月23日). 2012年12月22日閲覧。
  67. ^ “英ZERO-Gの女性英語VOCALOID3ライブラリ「AVANNA」”. DTMマガジン. (2013年4月25日). http://www.dtmm.co.jp/item/1436/catid/28 2013年5月1日閲覧。 
  68. ^ Aki tells the tale of Avanna”. 2012年12月23日閲覧。
  69. ^ 女性英語VOCALOID3ライブラリ『AVANNA』のダウンロード販売開始!”. クリプトン・フューチャー・メディア. 2013年5月1日閲覧。
  70. ^ DEX (Voice library for VOCALOID4 - PC/Windows version)”. Zero-G. 2017年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月18日閲覧。
  71. ^ DAINA (Voice library for VOCALOID4 - PC/Windows version)”. Zero-G. 2017年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月18日閲覧。
  72. ^ 岡田有花 (2008年7月23日). “「初音ミク」発売からもうすぐ1年 開発者が語る、これまでとこれから”. ITmedia. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/23/news046.html 2008年10月13日閲覧。 
  73. ^ a b c “「初音ミク V3」Win/Mac両対応で9月26日発売、英語で歌える「ENGLISH」も”. インプレス. (2013年8月9日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130809_611175.html 2013年8月12日閲覧。 
  74. ^ Old news archive” (英語). パワーFX. 2008年10月12日閲覧。
  75. ^ a b c d e Interview: Bil Bryant(Production and CEO of PowerFX)” (英語). engloids. 2010年1月6日閲覧。
  76. ^ 「特集 VOCALOID」『DTM magazine』(通号 173)2008.8、寺島情報企画、 24頁。
  77. ^ “英語で歌う女性VOCALOID 2「SWEET ANN」国内発売”. DTMマガジン. (2007年9月21日). http://www.dtmm.co.jp/archives/2007/09/vocaloid_2sweet.html 2008年10月12日閲覧。 
  78. ^ a b “クールな男声英語ボーカロイド、POWER FX「BIG AL」がついに登場”. BARKS (ITmedia). (2010年3月9日). http://www.barks.jp/gakki/news/?id=1000059097 2010年3月9日閲覧。 
  79. ^ New Vocaloid libraries from PowerFX(Sweden)” (英語). Jasmine Music Technology (2007年5月28日). 2008年12月23日閲覧。
  80. ^ Oliver Release Tomorrow(Discounts Apply)” (英語). engloids. 2011年12月23日閲覧。
  81. ^ a b c d e f 「VOCALOIDカタログ」『DTM magazine』第20巻第10号、寺島情報企画、2013年10月、 46-53頁。
  82. ^ VocaTone製品ラインナップより
  83. ^ VOCALOID3 Oliver Art & Demos Released” (英語). engloids. 2011年12月23日閲覧。
  84. ^ a b c “日本語・英語バイリンガルボーカロイド『YOHIOloid』がついに発売!中の人にはイケメンビジュアル系シンガーを採用!”. ガジェット通信. (2013年9月12日). http://getnews.jp/archives/415912 2013年9月15日閲覧。 
  85. ^ 「『がくっぽいど』『Megpoid』生みの親が語るボーカロイドの今と未来」『ボーカロイド現象』PHP研究所、2011年、212頁。ISBN 978-4569796468
  86. ^ “インターネットから新VOCALOID3ライブラリ「kokone(心響)」登場、低音から高音まで広範囲な声域”. BARKS. (2014年1月21日). http://www.barks.jp/gakki/news/?id=1000098985 2014年2月16日閲覧。 
  87. ^ AAAの伊藤千晃の声をベースにした『VOCALOID3 Library Chika』、DTMマガジン、2014年9月12日
  88. ^ 「今月の中の人 株式会社AHS尾形友秀社長」『Gekkayo』第425号、ゲッカヨ、2011年5月、 23頁。
  89. ^ 「後発2社が狙う海外進出 初音ミクブームも日本のボーカロイド市場は成熟?」『事業構想』第2号、事業構想大学院大学、2012年11月、 56-57頁。
  90. ^ a b “AHS、ボーカロイド音源「VOCALOID3 結月ゆかり」発売”. マイナビニュース (マイナビ). (2011年12月1日). http://news.mynavi.jp/news/2011/12/01/092/ 2011年12月17日閲覧。 
  91. ^ a b c d “「Music Maker MX」と新ボカロ「結月ゆかり」が同時発売”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). (2011年12月1日). http://ascii.jp/elem/000/000/653/653126/ 2011年12月17日閲覧。 
  92. ^ 新VOCALOIDTM登場!『VOCALOIDTM3 東北ずん子』2014年6月5日(木)発売,株式会社AHS,2014年5月15日
  93. ^ “「東北ずん子」がついにボカロ化 「VOCALOID3 東北ずん子」6月5日発売【デモソングあり】”. ねとらぼ (ITmedia). (2014年5月15日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1405/15/news104.html 2014年10月27日閲覧。 
  94. ^ a b 『VOCALOIDをたのしもう Vol.5』ヤマハミュージックメディア、2010年、17--19頁。ISBN 978-4636861327
  95. ^ 「男声VOCALOID「VY2」登場」『DTM magazine』第18巻第5号、寺島情報企画、2011年5月、 13頁。
  96. ^ a b 松尾公也 (2011年4月15日). “コードネームは「勇馬」 ヤマハ純正のイケメンボカロ「VY2」の話を聞いてきた”. ITmedia. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1104/15/news084.html 2011年4月16日閲覧。 
  97. ^ “ヤマハ、「VOCALOID3」対応の男性声の歌声ライブラリを発売”. 日経プレスリリース (日本経済新聞社). (2012年9月18日). http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=319496&lindID=1 2012年9月18日閲覧。 
  98. ^ 読みはパッケージに「VOCALOID3TMライブラリ ミュウ」と記載されている。
  99. ^ アルバム『THE VOCALOID produced by Yamaha』付属の公式設定資料集より
  100. ^ a b 藤本健『オフィシャルガイドブック ボーカロイド3公式 完全マスター』ヤマハミュージックメディア、2011年、6頁。ISBN 978-4636881394
  101. ^ a b c “VOCALOID情報を発信するイベント「ボカファーレ」開催-「鳥の詩」Liaの声を使ったIA他。がくっぽいどのV3版も”. AV Watch (インプレス). (2011年12月16日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20111216_499554.html 2011年12月19日閲覧。 
  102. ^ a b c d “VOCALOID3専用ライブラリ「兎眠りおん」「SeeU」など登場 - ヤマハ”. マイナビニュース (マイナビ). (2011年12月5日). http://news.mynavi.jp/news/2011/12/05/062/ 2011年12月19日閲覧。 
  103. ^ 『VOCALOIDをたのしもう Vol.7』ヤマハミュージックメディア、2011年、17頁。ISBN 978-4636880878
  104. ^ 当時この2社がグループ会社であり、グループ間のシナジー効果を活かしてプロジェクトが立ち上げられた。なお、サーファーズパラダイスは2019年11月末に活動終了しており、 - ウェイバックマシン(2019年11月22日アーカイブ分)プロジェクトも事実上終了となった。
  105. ^ a b c “VOCALOID史上初! 一般公募による歌声を採用した「蒼姫ラピス」4月発売”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年2月23日). http://news.mynavi.jp/news/2012/03/23/050/ 2012年2月13日閲覧。 
  106. ^ a b c 『VOCALOIDをたのしもう Vol.10』ヤマハミュージックメディア、2013年、7頁。ISBN 978-4636896244
  107. ^ “【速報レポート】ヤマハ、「VOCALOID3 Library ZOLA PROJECT(ぞらプロジェクト)」をリリース!(史上初の男性3人組ボーカロイドライブラリ)”. 楽器.me (ミュージック・マスター). (2013年6月21日). http://www.gakki.me/n/data/2013062102.html 2013年6月21日閲覧。 
  108. ^ a b 『VOCALOIDをたのしもう Vol.10』ヤマハミュージックメディア、2013年、33--34頁。ISBN 978-4636896244
  109. ^ あくまでイメージであり、プロジェクト公式サイト上では様々なイラストレータが手掛けた3人のイメージ像が公開されている。
  110. ^ 新ボカロ「ZOLA PROJECT」発売記念イベントで公式デモ曲が公開(cnet Japan)
  111. ^ “天野喜孝がボカロキャラをデザイン! 「VOCALOID3 Library ZOLA PROJECT」登場”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年4月25日). http://news.mynavi.jp/news/2013/04/25/302/ 2013年4月26日閲覧。 
  112. ^ a b “会えるボカロユニットZOLA、メジャーデビュー記念の初ライブ”. BARKS. (2014年6月21日). http://www.barks.jp/news/?id=1000104843 2014年8月22日閲覧。 
  113. ^ a b “ヤマハ、「VOCALOID3」対応の女性歌声ライブラリ「VOCALOID3 Library メルリ NEO」、ダウンロード版を先行発売”. BCN. (2013年12月17日). http://bcnranking.jp/news/1312/131217_26991.html 2013年12月19日閲覧。 
  114. ^ a b c d “ヤマハ、柴咲コウの声でボカロ曲を作れる「ギャラ子 NEO」。2種類の歌声を収録”. インプレス (AV Watch). (2014年2月18日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140218_635675.html 2014年8月23日閲覧。 
  115. ^ 「ヤマハの新しい歌声ライブラリは双子女子高生! 杏音鳥音」『DTM magazine』第238巻、寺島情報企画、2014年4月、 12頁。
  116. ^ a b c d e f g “ヤマハ、柴咲コウの声でボカロ曲を作れる「ギャラ子 NEO」。2種類の歌声を収録”. インプレス (AV Watch). (2014年7月9日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140709_657184.html 2014年8月22日閲覧。 
  117. ^ a b 『ボカロplus vol.6』徳間書店、2012年、36-37頁。ISBN 978-4197203512
  118. ^ 非売品VOCALOID(TM)3「galaco(ギャラ子)」が10月末まで配布延長!(CD JOURNAL)
  119. ^ 本人instagram
  120. ^ 松尾公也 (2015年1月23日). “ヤマハ、初の米国アクセント女性ボカロ「CYBER DIVA」で米国進出”. ITmedia News (ITmedia). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/22/news013.html 2015年7月26日閲覧。 
  121. ^ a b “ニュースリリース|アメリカ英語の発音にも対応。ヤマハ初の英語版歌声ライブラリ。ヤマハ ソフトウェア『VOCALOID4 Library CYBERサイバー DIVAディーバ』”. ヤマハ. (2015年1月23日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/22/news013.html 2015年7月26日閲覧。 
  122. ^ “小林幸子さんの歌唱力が移植された「VOCALOID Sachiko」の秘密とは?”. ITmedia. (2015年7月28日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/28/news143.html 2015年8月9日閲覧。 
  123. ^ a b “圧倒的ソウルフルボイスの小林幸子の声でボーカロイドを作り上げるのが新しい!”. BARKS. (2015年7月23日). http://www.barks.jp/news/?id=1000118017 2015年8月1日閲覧。 
  124. ^ “ニコ動で人気の2.5次元ダンスユニット「アルスマグナ」がボカロ化決定!”. ASCII.jp (KADOKAWA). (2015年7月31日). http://ascii.jp/elem/000/001/034/1034808/ 2015年8月1日閲覧。 
  125. ^ “アルスマグナ、オリジナルボカロ『アルスロイド』爆誕。神生アキラの声からデータ抽出”. BARKS. (2015年6月16日). http://www.barks.jp/news/?id=1000116675 2015年8月1日閲覧。 
  126. ^ カッコ内は夢眠ねむの2016年12月28日のブログ[1]より引用、2017年1月4日閲覧。
  127. ^ a b “PS Vita用『うた組み575』へと続く、女子高生דVOCALOID”×五七五で紡ぐ『Project 575』とは?”. ファミ通.com (エンターブレイン). (2013年7月19日). http://www.famitsu.com/game/news/1232565_1124.html 2013年9月11日閲覧。 
  128. ^ 『project 575』公式サイト (2014年7月18日). “うた詠み♪サービス終了のお知らせ”. 株式会社セガ ©SEGA. http://project575.jp/utayomi575/ 
  129. ^ バンダイナムコの技術が詰まったVOCALOID「ミライ小町」発売
  130. ^ 「開発コードPIKO「歌手音ピコ」本日発売!」『DTM magazine』第18巻第1号、寺島情報企画、2010年12月、 112頁。
  131. ^ 『ボカロplus vol.3』徳間書店、2012年、50頁。ISBN 978-4197203451
  132. ^ “韓国のボカロキャラ発表 ネコ耳の女の子「シユ」”. ITmedia. (2011年10月9日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1108/31/news052.html 2011年10月21日閲覧。 
  133. ^ JAlonso, José (2013年12月11日). “Hatsune Miku: Voctro Labs, nacida en la Universidad Pompeu Fabra, creó su voz y lanzará dos cantantes victuales más” (スペイン語). Qué. http://www.que.es/ultimas-noticias/curiosas/201312110800-hatsune-miku-voctro-labs-nacida.html 2013年12月19日閲覧。 
  134. ^ a b c d 「OCALOID生みの親 剣持秀紀氏の語る10年」『DTM magazine』第20巻第10号、寺島情報企画、2013年10月、 12-18頁。
  135. ^ MAIKA is on Sale!”. Voctro Labs (2013年12月18日). 2013年12月19日閲覧。
  136. ^ VOCALOIDTM 3 Library MAIKA(ダウンロード版)”. ボーカロイドストア. 2013年12月19日閲覧。
  137. ^ 『ボカロplus vol.8』徳間書店、2012年、6頁。ISBN 978-4197203574
  138. ^ “新たなVOCALOIDキャラクターが続々お目見え! “ボカファーレ 〜第0章〜”リポート”. ファミ通.com (エンターブレイン). (2011年12月17日). http://www.famitsu.com/news/201112/17007270.html 2011年12月19日閲覧。 
  139. ^ “ビープラッツが中国市場でVOCALOID事業を展開「VOCALOID CHINA」”. DTM MAGAZINE (寺島情報企画). (2011年11月21日). http://www.dtmm.co.jp/item/682 2012年7月17日閲覧。 
  140. ^ VOCALOID™ CHINAの統廃合について”. bplats (2014年). 2016年1月15日閲覧。
  141. ^ 致中国VOCALOID粉丝的一封信”. VOCANESE (2014年4月22日). 2016年1月15日閲覧。
  142. ^ 『ボカロplus vol.4』徳間書店、2012年、50頁。ISBN 978-4197203482
  143. ^ “中国語ボーカロイド第2弾『言和』が発売決定!”. SNN (東京産業新聞社). (2013年7月1日). http://snn.getnews.jp/archives/112402 2013年7月16日閲覧。 
  144. ^ “新たなボーカロイド“MAYU”、2012年12月5日(水)登場! キャラクターデザインは左氏が担当”. ファミ通.com (エンターブレイン). (2012年10月19日). http://www.famitsu.com/news/201210/19023061.html 2012年10月20日閲覧。 
  145. ^ a b 『歌ってみたの本 別冊 exit tunes magazine』エンターブレイン、2012年、76頁。ISBN 978-4047284425
  146. ^ 山田幸治 (2013年10月25日). “池澤春菜ボイスのVOCALOID3ライブラリ「マクネナナ」が製品化”. PC Watch. http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131025_620944.html 2014年1月11日閲覧。 
  147. ^ a b c 「ロックでクーデレなアーティスト「VOCALOID3 v flower」」『DTM magazine』第243巻、寺島情報企画、2014年9月、 10-13頁。
  148. ^ a b “ヤマハ、ロックに特化したキレと力強さのVOCALOID 3女性歌声「v flower」”. インプレス (AV Watch). (2014年4月18日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140418_645032.html 2014年8月23日閲覧。 
  149. ^ a b “オリジナルボーカロイド「Rana」で学ぶ分冊百科『ボカロPになりたい!』”. DTMマガジン. (2014年8月7日). http://www.dtmm.co.jp/item/1905 2014年9月26日閲覧。 
  150. ^ 「永久シリアルナンバー発行についてのお知らせ」『ボカロPになりたい!』第1号、ウィーヴ、 25頁。
  151. ^ “歌える人工音声登場 ヤマハが合成ソフト開発”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊、第28面. (2003年10月23日) 
  152. ^ a b 『ボカロ神Pと超絶クリエイターたち~才能が出逢う場所:ボーカロイドとニコニコ動画で起きていること~』ヤマハミュージックメディア、2011年、62頁。ISBN 978-4636867572
  153. ^ a b “新VOCALOID「CV-4Cβ」、CEATECで歌う 声は中村繪里子さん”. ITmedia News (ITmedia). (2009年10月8日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/08/news107.html 2010年5月7日閲覧。 
  154. ^ a b “法政大学ボーカロイドイベント「VOCALOID on STAGE@Hosei University」レポート”. 声優ニュース.com (株式会社声優ニュースドットコム). (2009年11月10日). http://seiyunews.com/modules/news/article.php?storyid=1769 2009年11月10日閲覧。 
  155. ^ a b “CEATEC JAPAN 2009:「ワールドイズマイン、歌います!」 ヤマハ、“しゃべる”VOCALOIDロボ公開”. ITmedia News (ITmedia). (2009年10月6日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/06/news089.html 2009年10月9日閲覧。 
  156. ^ “歌って踊れるようになった女性型ロボット「HRP-4C」”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). (2010年10月20日). http://ascii.jp/elem/000/000/563/563034/ 2010年10月23日閲覧。 
  157. ^ “ラスボスは“平和”を歌うVOCALOID? 「メタルギア ソリッド ピースウォーカー」のイベントでサプライズ発表”. Online Pl0ayer EX (ディーエス・プレス). (2009年9月24日). http://www.onlineplayer.jp/modules/topics/article.php?storyid=15434 2009年9月25日閲覧。 
  158. ^ a b c d 大類洋輔 (2009年9月25日). “ヤマハ、PSP向けゲーム「メタルギア」にNetVOCALOIDを提供”. =AV Watch (インプレス). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090925_317557.html 2010年3月29日閲覧。 
  159. ^ a b “『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』に使われている先端技術――なぜ“ゆみっぽいど”はできたのか”. ファミ通.com. (2010年3月2日). http://www.famitsu.com/game/news/1232565_1124.html 2012年6月27日閲覧。 
  160. ^ “ローソン、「VOCALOIDオリジナルグッズ」が当たるキャンペーンを実施”. マイコミジャーナル (毎日コミュニケーションズ). (2011年9月6日). https://news.mynavi.jp/news/2011/09/06/088/ 2011年9月14日閲覧。 
  161. ^ 『ホット&クール! ローソンのソーシャル・キャラクター戦略』小池書院、2013年、75頁。ISBN 978-4862259387
  162. ^ a b “ボーカロイドを活用した3Dキャラも - ニコ動に「ローソンチャンネル」開設”. ITmedia News (ITmedia). (2011年8月30日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1108/30/news049.html 2011年9月15日閲覧。 
  163. ^ “ローソンがVOCALOIDとコラボ!! キャンペーンソングはオニキスさん作なのですっ”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). (2011年9月6日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/055/55819/ 2011年9月15日閲覧。 
  164. ^ 『ボカロplus vol.5』徳間書店、2012年、14-15頁。ISBN 978-4197203505
  165. ^ “galaxias!とのコラボVOCALOID「galaco」10月末まで配布延長”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2012年8月1日). http://www.musicman-net.com/artist/19035.html 2012年8月1日閲覧。 
  166. ^ “植木等、ボーカロイド「植木ロイド」で蘇る”. BARKS (グローバル・プラス). (2012年5月1日). http://www.barks.jp/news/?id=1000079259 2012年6月28日閲覧。 
  167. ^ a b c 藤本健 (2010年4月12日). “第412回:ヤマハのしゃべれる「VOCALOID-flex」とは?”. AV Watch (インプレス). http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20100412_360797.html 2010年4月13日閲覧。 
  168. ^ 高橋信頼 (2010年10月28日). “「Webサービスを組み合わせた活用アイディアを募集中」、MA6 Android/VOCALOID Talks”. ITpro (日経BP). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20101028/353526/ 2010年10月31日閲覧。 
  169. ^ “ガチャピンの声質でしゃべり声を生成できるウェブサービス開始”. Internet Watch (インプレス). (2010年10月18日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20101018_400881.html 2011年11月26日閲覧。 
  170. ^ a b c d “VOCALOIDをハードウェア化、ロボットにも組み込み可能に ヤマハ「VOCALOID-board」”. ITmedia News. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1010/14/news118.html 2010年10月15日閲覧。 
  171. ^ “ライブ歌唱できる「VOCALOID キーボード」をYAMAHAが学会発表(動画)”. Engadget Japanese (AOL Asia Limited). (2012年3月23日). http://japanese.engadget.com/2012/03/22/vocaloid-keyboard/ 2012年9月23日閲覧。 
  172. ^ ヤマハ ボーカロイドキーボード「VKB-100」 発売日決定および予約キャンペーン実施のお知らせ
  173. ^ 公式サイト
  174. ^ 【重要なお知らせ】「ボカロネット」の提供終了のお知らせ
  175. ^ a b c “ヤマハ、VOCALOIDアプリをiPhone/iPod touchとiPadで公開”. MdN Design Interactive (エムディエヌコーポレーション). (2010年12月13日). http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/16312/ 2011年9月28日閲覧。 
  176. ^ a b c d e “VOCALOIDエンジン引っさげ、ヤマハがゲームに参入 第1弾「ボカロダマ」で遊んでみた”. ITmedia. (2013年9月11日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1309/11/news097.html 2013年9月11日閲覧。 
  177. ^ “iPhone/iPad版のVOCALOIDが進化 GarageBandとのコラボ可能に”. ITmedia. (2011年9月12日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1109/12/news059.html 2011年9月16日閲覧。 
  178. ^ “ヤマハ、男声ボカロのiPad/iPhoneアプリ「iVOCALOID-VY2」をリリース”. MdN Design Interactive (エムディエヌコーポレーション). (2011年9月26日). http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/20002/ 2011年9月28日閲覧。 
  179. ^ a b “ヤマハ、iPhone/iPadアプリ「iVOCALOID 蒼姫ラピス」「VocaloWitter 蒼姫ラピス」を発売”. ITmedia. (2012年11月26日). http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1211/26/news081.html 2012年11月27日閲覧。 
  180. ^ “Pad/iPhone版VOCALOIDがバージョンアップ”. DTM MAGAZINE (寺島情報企画). (2011年5月27日). http://www.dtmm.co.jp/index.php?itemid=435 2011年5月27日閲覧。 
  181. ^ “ヤマハ、VOCALOID技術搭載の歌声合成ゲームアプリ「ボカロダマ」無償公開”. INTERNET Watch (インプレス). (2013年9月11日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130911_615070.html 2013年12月26日閲覧。 
  182. ^ a b c “「VOCALOID first」無料提供開始 素材をつなぐだけで簡単にボカロ曲完成”. アニメ!アニメ! (イード). (2013年11月10日). http://animeanime.jp/article/2013/11/10/16270.html 2013年12月26日閲覧。 
  183. ^ a b 「ニンテンドー3DS用ソフト大合奏!バンドブラザーズPで作曲して遊ぼう」『DTM magazine』第21巻第1号、寺島情報企画、2014年1月、 12-13頁。
  184. ^ a b c 岡田有花 (2009年4月20日). “VOCALOIDの可能性、DTMの“外”にも――ヤマハに聞く「NetVOCALOID」”. ITmedia News (ITmedia). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/20/news012.html 2009年9月25日閲覧。 
  185. ^ 永井美智子 (2009年4月7日). “初音ミク、がくっぽいどがケータイで利用可能に--KDDI公式サイトで登場”. CNET. http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20391225,00.htm 2009年4月26日閲覧。 
  186. ^ a b 山崎健太郎 (2009年4月9日). “携帯で初音ミクを歌わせる「ミクと歌おう」が開始 -利用料発表/完成曲も配信。「がくっぽいど」も”. AV Watch (インプレス). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090409_110625.html 2009年4月26日閲覧。 
  187. ^ “KDDI「iida calling」がソーシャルメディアを採用した理由”. ITmedia. (2010年4月15日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/15/news030.html 2010年4月15日閲覧。 
  188. ^ “初音ミクの“神調教”が自動で!? 「ぼかりす」に話題騒然”. ITmedia News (ITmedia). (2008年5月1日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/01/news103.html 2009年3月30日閲覧。 
  189. ^ a b c 藤本健 (2012年9月24日). “第522回:人の歌声をボカロが真似る「ぼかりす」ついに発売 〜産総研とヤマハが語る「VocaListener」開発の道のり〜”. AV Watch (インプレス). http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20120924_561914.html 2012年9月29日閲覧。 
  190. ^ “VOCALOID“神調教”技術「ぼかりす」実用化へ、ヤマハと産総研が連携”. ITmedia News (ITmedia). (2009年4月27日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/27/news039.html 2009年10月7日閲覧。 
  191. ^ 藤本健 (2010年10月20日). “藤本健のDigital Audio Laboratory 第436回:「VOCALOID」がiPad/iPhone進出〜「Y2 AUTUMN 2010」。NETDUETTOでオンラインセッション〜”. AV Watch (インプレス). http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20101018_400867.html 2010年12月26日閲覧。 
  192. ^ 「内藤先生のDTM豆知識」『ボカロPライフ』第1巻、学研マーケティング、2011年8月、 108頁。
  193. ^ “3次元声色空間で声の変化までを模倣する「ぼかりす2」 鏡音リン疑似Appendの仕組みとは?”. ITmedia News (ITmedia). (2010年7月30日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1007/30/news057.html 2012年3月3日閲覧。 
  194. ^ >(声優)aListener2/index-j.html VocaListener2(ぼかりす2):ユーザ歌唱の音高と音量だけでなく声色変化も真似る歌声合成システム”. 後藤真孝. 2012年3月30日閲覧。
  195. ^ 剣持秀紀 & 藤本健 2014, pp. 38-39.
  196. ^ 剣持秀紀 & 藤本健 2014, pp. 45-46.
  197. ^ 剣持秀紀 & 藤本健 2014, pp. 56-57.
  198. ^ “さらに自然なバーチャル・ボーカルに”. DTMマガジン. (2005年6月16日). http://www.dtmm.co.jp/archives/2005/06/post_48.html 2009年11月14日閲覧。 
  199. ^ “NAMM発表製品情報続々!”. DTMマガジン. (2007年1月15日). http://www.dtmm.co.jp/archives/16.php?page=6 2011年10月11日閲覧。 
  200. ^ 平成24年度クール・ジャパン戦略推進事業(海外展開支援プロジェクト)」に係る委託先の採択結果について
  201. ^ http://www.scla.com.cn/hatsunemikuv4c/ (上海世紀華創文化形象管理有限公司(SCLA) 初音未来V4中文版紹介ページ)
  202. ^ 初音ミク中国語版、8月31日発売 札幌のクリプトン社 北海道新聞(2017年8月25日)
  203. ^ バンダイナムコが手がけたVOCALOID「ミライ小町」。Mr.ドットマンのドット絵付き AV Watch




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボカロ」の関連用語

ボカロのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ボカロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのVOCALOID (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS