飛沫感染とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 感染症 > 感染 > 飛沫感染の意味・解説 

ひ まつかんせん [4] 【飛沫感染】

患者咳・くしゃみ・会話などによって空気中に飛び散った病原体吸入することにより感染すること。感冒インフルエンザ結核麻疹猩紅熱ようこうねつ)などがこの様式伝播する。泡沫感染飛沫伝染

感染経路

(飛沫感染 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/28 05:38 UTC 版)

感染経路(かんせんけいろ、: route of infection)は、感染を生じた個体や環境中に存在する病原体が、未感染の個体に到達して新たに感染を起こす経路をいう。病原体によっては複数の感染経路を介して感染を生じる場合もある。伝染病をはじめとした集団感染や院内感染予防など感染管理上は病原体を突き止め感染源を割り出すことも重要だが、何よりも感染経路を絶たなければ終息は図れない。




「感染経路」の続きの解説一覧



飛沫感染と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飛沫感染」の関連用語

飛沫感染のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飛沫感染のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感染経路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS