インフルエンザ菌とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > その他の生物 > 真正細菌 > インフルエンザ菌の意味・解説 

インフルエンザ菌

同義/類義語:インフルエンザ桿菌
英訳・(英)同義/類義語:Haemophilus influenzae, Haemophilus influenzae, genome sequence

最初にゲノム決められた小型細菌細胞間でDNA伝搬を行うことで知られており、多く制限酵素単離されていることでも知られている。

インフルエンザ菌 [Haemophilus influenzae]

 ヘモフィルス属細菌グラム陰性通性嫌気性桿菌です。インフルエンザ菌は、増殖血液含まれる因子(ヘミン)と補酵素因子を必要とする。大きさ細菌の中では小さい方で、培養条件により形態は様々に変り、球桿菌状から短桿菌糸状繊維状などになる(多形性)。運動性芽胞もない。病気原因となるでは多く場合莢膜を持つ。
1890年R. プァイフェル(Pfeiffer)と北里柴三郎によりインフルエンザ患者から分離されたのでインフルエンザ菌と名付けられた。実際インフルエンザは、インフルエンザウイルスによるので、インフルエンザ原因ではない。健康な人の口腔内中耳などにいる常在細菌一種である。インフルエンザウイルスとの混合感染による肺炎重篤になるケース多く見られる

インフルエンザ菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 06:16 UTC 版)

インフルエンザ菌(インフルエンザきん、Haemophilus influenzae)とは、パスツレラ科ヘモフィルス属のグラム陰性短桿菌で、主に呼吸器中耳に感染する細菌の1種である。b型菌のことをHib(ヒブ)と呼ぶ。歴史的な理由によりインフルエンザという名称が付けられてはいるが、インフルエンザ病原体ではない




  1. ^ Fleischmann, R.D. et al., 1995. Whole-genome random sequencing and assembly of Haemophilus influenzae Rd. Science 269:496-512. Journal
  2. ^ Markowitz, S.M., 1980. Isolation of an ampicillin-resistant, non-beta-lactamase-producing strain of Haemophilus influenzae. Antimicrob. Agents Chemother. 17:80-83. Journal
  3. ^ Hasegawa, K. et al., 2004. Rapidly Increasing Prevalence of ß-Lactamase-Nonproducing, Ampicillin-Resistant Haemophilus influenzae Type b in Patients with Meningitis. Antimicrob. Agents Chemother. 48:1509-1514. Journal
  4. ^ Qin, L. et al., 2007. Antimicrobial susceptibility and genetic characteristics of Haemophilus influenzae isolated from patients with respiratory tract infections between 1987 and 2000, including β-lactamase-negative ampicillin-resistant strains. Epidemiol. Infect. 135:665-668. Journal
  5. ^ Osaki, Y. et al., 2005. Genetic approach to study the relationship between penicillin-binding protein 3 mutations and Haemophilus influenzae ß-lactam resistance by using site-directed mutagenesis and gene recombinants. Antimicrob. Agents Chemother. 49:2834-2839. Journal
  6. ^ Ubukata, K. et al., 2001. Association of amino acid substitutions in penicillin-binding protein 3 with ß-lactam resistance in ß-lactamase-negative ampicillin-resistant Haemophilus influenzae. Antimicrob. Agents Chemother. 45:1693-1699. Journal
  7. ^ Dabernat, H. et al., 2002. Diversity of ß-lactam resistance-conferring amino acid substitutions in penicillin-binding protein 3 of Haemophilus influenzae. Antimicrob. Agents Chemother. 46:2208-2218. Journal
  8. ^ a b 生方 公子 2003. 「抗菌薬耐性菌感染症の現状と対策 (PDF) 」 『埼玉医科大学雑誌』 2003年 30巻 1号 p.99-107.
  9. ^ Hotomi, M. et al., 2007. Genetic characteristics and clonal dissemination of ß-lactamase-negative ampicillin-resistant Haemophilus influenzae strains isolated from the upper respiratory tract of patients in Japan. Antimicrob. Agents Chemother. 51:3969-3976. Journal
  10. ^ 厚生労働省医薬食品局審査管理課 2006. アクトヒブ審査結果報告書. Approval letter
  11. ^ ヒブワクチン ジャパンワクチン
  12. ^ 小池 晃 2007. インフルエンザ菌b型ワクチン接種及び肺炎球菌ワクチンの早期承認に関する質問主意書. 参議院第166回国会質問趣意書提出番号72. 質問趣意書情報
  13. ^ 侵襲性インフルエンザ菌感染症 厚生労働省


「インフルエンザ菌」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インフルエンザ菌」の関連用語

インフルエンザ菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



インフルエンザ菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2019 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインフルエンザ菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS