四類感染症とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 四類感染症の意味・解説 

四類感染症

読み方:よんるいかんせんしょう
別名:4類感染症

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法上で規定されている感染症区分動物飲食物などからの感染懸念される感染症などが指定されている。

四類感染症は、「人から人への感染ほとんどないが、動物飲食物などの物件を介して人に感染し、国民の健康に影響与えるおそれのある感染症」と定義されている。発見された場合には感染源となる対象物へ(動物含めて消毒措置などがとられる。

具体的には、下記感染症が四類感染症に指定されている。

E型肝炎
A型肝炎
黄熱黄熱病
Q熱
狂犬病
炭疽
鳥インフルエンザH5N1型を除く)
ボツリヌス症
マラリア
野兎病

この他、感染性疾病であって既知感染症で、これらと同程度健康被害与えおそれがあるものとして特に政令定め感染症含まれる

感染症予防法では、感染症は「一類感染症」「二類感染症」「三類感染症」「四類感染症」「五類感染症」「新型インフルエンザ等感染症」「指定感染症」および「新感染症」に区分されている。 

関連サイト
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律感染症法) - e-Gov
耐性菌に関するサーベイランスの現状について - 厚生労働省


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四類感染症」の関連用語

四類感染症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



四類感染症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS