エアロゾルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力防災基礎用語 > エアロゾルの意味・解説 

エアゾール [3] 【aerosol】

エーロゾル に同じ。
缶などの容器液化ガスとともに封入した薬品などを,ガス圧力状に吹き出させて使用する方式。また,そのものスプレー

エアロゾル [2] [3] 【aerosol】


エーロゾル [4] 【aerosol】

分散系の一。気体中に直径 10-710-5cm ほどの液体または固体微粒子分散しているもの。分散している物質液体のときは固体のときは煙であるが,この区別は厳密なものではない。エアゾール。エアロゾル。煙霧質。 → コロイド

エアロゾル

エアロゾルとは「気体媒体として液体あるいは固体微小粒子浮遊している系または状態」と定義されている。通常、エアロゾルというときは、粒子径比較小さく例えば、粒子径μm以下)、全体としてかなりの時間大気中に浮遊続けるようなものを対象とする場合が多い。特に、微小粒子放射性である場合放射性エアロゾルと呼ばれる。 エアロゾルは、吸入されたとき、その粒子大きさ形状密度などによって呼吸器官各部位への沈着割合異なる。

エアロゾル aerosol

大気中のもやのように、気体中に粒子浮遊している状態。

エアロゾル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/29 22:22 UTC 版)

エアロゾル (英語: aerosol [ˈɛərəˌsɔl]ドイツ語: Aerosol [aeʁoˈzoːl]) とは、化学上は、分散相が固体または液体またはその両方であり、連続相が気体(通常は空気)であるゾルであると定義されている[1]。一方、化学品の分類および表示に関する世界調和システムGHSでは、Aerosols (エアゾールと表記される)の定義はエアゾール噴霧器(中身を含めていう)のことである[2]。 この記事では化学上の"エアロゾル"を扱う。


  1. ^ IUPAC Gold aerosol
  2. ^ 国連(2013) 化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS) 改訂5版, p. 57
  3. ^ 石弘之著『世界史の鏡1 歴史を変えた火山噴火 ー自然災害の環境史ー』刀水書房 2012年 23-24ページ)
  4. ^ Whytlaw-Gray, R. Speakman, B. and Campbell, H. P., Proc. Roy. Soc. (London), A102, 600 (1923).
  5. ^ a b c 高橋幹二 『エアロゾル学の基礎』 日本エアロゾル学会、森北出版、2003年ISBN 4-627-67251-9
  6. ^ 岩坂泰信 エアロゾル


「エアロゾル」の続きの解説一覧

エアロゾル

出典:『Wiktionary』 (2011/11/10 21:10 UTC 版)

語源

英語:aerosol転写

名詞

  1. 微粒子浮遊粉塵煙霧質

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エアロゾル」の関連用語

エアロゾルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エアロゾルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2019 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエアロゾル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエアロゾル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS