シーシェパードとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > シーシェパードの意味・解説 

シーシェパード

英語:Sea Shepherd

クジラはじめとする海洋生物保護訴え抗議活動を行っている環境保護団体。「SS」とも略される。米国本拠を置く。

シーシェパードの抗議活動過激手段厭わない妨害行為として行われている。そのためいわゆるエコテロリスト」として言及されることが多い。

2000年代半ば以降日本南極海近辺で行っている調査捕鯨に対してシーシェパードが妨害活動を行うケース多発している。その手口は航路妨害体当たりレーザー光線照射など、年々過激になっている

なお、日本捕鯨協会をはじめ、日本側は調査捕鯨対す批判いわれなき批判であると反論している。

日本2007年度、2010年度、および2012年度の調査捕鯨において、妨害活動備え海上保安官乗船させている。

2012年アメリカ合衆国最高裁判所連邦高裁)は、日本調査捕鯨船への妨害活動を行わないようにとの命令をシーシェパードに下している。しかしシーシェパードは命令遵守せず妨害活動継続している。

2016年8月アメリカ連邦地方裁において再び、シーシェパードの妨害行為を禁じる趣旨合意成立した。

関連サイト
Sea Shepherd - 日本語ホームページ
反捕鯨団体の言われなき批判に対する考え方 - 日本捕鯨協会

シーシェパード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/25 08:25 UTC 版)

シーシェパード環境保護団体(シーシェパードかんきょうほごだんたい、: Sea Shepherd Conservation Society)、通称シーシェパードは、海洋生物の保護のための直接行動を掲げる国際非営利組織の海洋環境保護団体[1][2]を自称しているテロリスト集団、海賊[3][4]。本部はアメリカ合衆国ワシントン州フライデーハーバー。


注釈

  1. ^ 例えば、元アメリカ環境保護局・捜査官で、シーシェパード幹部のスコット・ウェストは2010年9月初めから「観光目的」で訪日、太地町の畠尻湾に貼り付き、10月に取材された段階で、同年12月上旬まで日本に滞在予定とした。3か月間の滞在費用は200万円近くとした[148]

出典

  1. ^ Japen - Sea Shepherd”. Sea Shepherd. 2011年10月18日閲覧。
  2. ^ “シー・シェパード事件 反捕鯨 傷害は否認 元船長初公判 艦船侵入認める”. 東京新聞. (2010年5月27日). "米国の環境保護団体「グリーンピース」を脱退したポール・ワトソン氏が、前身団体を経て1981年、海洋生物の保護を目的に設立した米国の団体。「直接行動」を掲げ、所有する船で捕鯨船に体当たりして沈没させるなどの活動で知られる。国際捕鯨委員会(IWC)は2008年3月、シーシェパード環境保護団体を名指しして妨害行為を非難している。" 
  3. ^ 「シーシェパード」『日本大百科全書』小学館。
  4. ^ 「シーシェパード」『知恵蔵』朝日新聞出版。
  5. ^ a b “【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(上)エコ・テロリスト”. 産経新聞. (2010年2月10日). オリジナルの2010年11月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101129092400/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100210/crm1002100033001-n1.htm 2016年9月20日閲覧。 
  6. ^ a b 捕鯨船に劇物投げつけ侵入 「シー・シェパード」は「テロリスト集団だ」”. j-cast.com (2008年1月16日). 2011年10月17日閲覧。
  7. ^ a b Testimony of James F. Jarboe”. FBI (2002年2月12日). 2011年10月17日閲覧。
  8. ^ a b 山本秀也 (2008年4月13日). “環境テロに大義名分はなし”. 産経新聞 
  9. ^ a b G. Davidson (Tim) Smith (1998年). “Commentary No. 74:Single Issue Terrorism”. Canadian Security Intelligence Service. 2011年10月21日閲覧。
  10. ^ a b “Cue the annual seal hunt war of words”. Tronto Star. (2008年4月16日) 
  11. ^ “捕鯨抗議の船長を逮捕 東京入港、調査船侵入の疑い”. 朝日新聞. (2010年3月12日) 
  12. ^ 木村恵子 (2008年1月28日). “保護という名の環境テロ いくらなんでも過激すぎます”. アエラ: p. 67 
  13. ^ “調査捕鯨中止 安全優先 苦渋の決断 捕鯨基地「妨害行為は違法」”. 読売新聞. (2010年2月18日) 
  14. ^ a b シー・シェパードは「疑いもなく海賊だ」 米高裁が認定 連邦地裁の判断を覆す
  15. ^ 「シー・シェパード」活動家ら入国拒否 治安乱すおそれ 法務省 2015-01-05 FNNニュース (キャッシュ)
  16. ^ a b c シー・シェパード創設者 今夏にフランスへ逃亡 ICPO手配 反捕鯨国、逮捕を拒否か 2014-12-12 産経ニュース
  17. ^ a b c d SEA SHEPHERD’S VIOLENT HISTORY、日本鯨類研究所。
  18. ^ 反捕鯨団体のワトソン容疑者保釈、コスタリカへの移送検討”. CNN.co.jp (2012年5月22日). 2012年5月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
  19. ^ 反捕鯨のワトソン容疑者が行方不明、ドイツが移送手続き再開”. CNN.co.jp (2012年7月26日). 2012年8月15日閲覧。
  20. ^ a b c Paul Palango (1979年7月19日). “Portugal or U.K. to lay charges in ship-ramming”. The Globe and Mail 
  21. ^ a b Nagtzaam, Gerry; Lentini, Pete (2008-01). “Vigilantes on the High Seas?:The Sea Shepherds and Political Violence”. Terrorism and Political Violence 20 (1): 110–133. doi:10.1080/09546550701723658. ISSN 0954-6553. http://www.informaworld.com/smpp/279937011-9747435/content~db=all~content=a789728401. 
  22. ^ a b c “反捕鯨団体、南極海で日本船に照準”. NNA-オーストラリア版. (2007年1月11日) 
  23. ^ a b Heller, Peter (02-16-2007). “The Whale Warriors:Whaling in the Antarctic Seas”. National Geographic. 2012年9月10日閲覧。
  24. ^ Marshall, Colin (01-11-2006). “Anti-whaling skipper calls NZ Government 'contemptible'”. The New Zealand Herald. 2012年9月10日閲覧。
  25. ^ 鯨類捕獲調査に対する不法なハラスメント及びテロリズム 日本鯨類研究所
  26. ^ 日本の捕鯨活動妨害の「シー・シェパード」メンバーに逮捕状”. AFPBB (2008年8月18日). 2012年7月14日閲覧。
  27. ^ “シー・シェパードに「音のビーム」 捕鯨船が海賊対策の装置を初使用 (1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2009年2月7日). オリジナルの2009年2月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090208093455/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090207/crm0902071933019-n1.htm 
  28. ^ シーシェパード妨害船が調査船に体当たり:危険な妨害活動がエスカレート(速報)、日本鯨類研究所 2009年2月6日
  29. ^ 衝突映像
  30. ^ シー・シェパードまた妨害 調査捕鯨船にレーザー光線、乗員失明の恐れも
  31. ^ “鯨類捕獲調査に対する不法なハラスメント及びテロリズム” (日本語) (プレスリリース), 日本鯨類研究所, (2011年2月9日), http://www.icrwhale.org/gpandseaJapane.htm 2011年7月3日閲覧。 
  32. ^ “シー・シェパード抗議船がノルウェー船を偽装 ノルウェーが抗議 (1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2010年1月18日). オリジナルの2010年1月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100121144152/http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100118/asi1001182144003-n1.htm 
  33. ^ “調査捕鯨母船にレーザー光線 南極海でシー・シェパード”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年2月6日). オリジナルの2010年2月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100209014114/http://www.asahi.com/national/update/0206/TKY201002060224.html 
  34. ^ “第2昭南丸乗組員を告訴 「海賊行為」と米環境団体”. 47news. 共同通信. (2010年1月9日). http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010010801000953.html 2011年1月9日閲覧。 
  35. ^ “シー・シェパードが抗議船を海に放棄 殺傷力ある矢発見 水産庁”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2010年1月8日). オリジナルの2010年1月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100111081454/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100108/crm1001081843017-n1.htm 
  36. ^ “調査捕鯨船とシー・シェパードの船が衝突 けが人なし”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年2月6日). オリジナルの2010年2月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100208203715/http://www.asahi.com/national/update/0206/TKY201002060277.html 
  37. ^ “シー・シェパード、今度はクロマグロ漁妨害へ「衝突はすべて日本に非」 (1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2010年2月9日). オリジナルの2010年2月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100212073451/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100209/crm1002092003037-n1.htm 岡崎哲「反捕鯨の舞台裏」”. 25today. 日豪プレス (2009年3月28日). 2009年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月21日閲覧。
  38. ^ “日本の捕鯨船に侵入 シー・シェパード 衝突の賠償金請求”. 東京新聞. (2012年2月15日) 
  39. ^ “シー・シェパードが調査捕鯨船にレーザー光線照射”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年2月22日). オリジナルの2010年2月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100223033609/http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY201002210287.html 
  40. ^ 日本船侵入の「シーシェパード」メンバーを逮捕、海保
  41. ^ “捕鯨船妨害の「シー・シェパード」活動家を起訴、艦船侵入や傷害など”. AFPBBnews. (2010年4月2日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2715380/5561144 2010年4月2日閲覧。 
  42. ^ シー・シェパード代表を国際手配
  43. ^ ICPO シー・シェパード代表を国際手配
  44. ^ 捕鯨船侵入のベスーン被告に猶予付き有罪判決、東京地裁
  45. ^ “シー・シェパード高速艇沈没、自作自演だった”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年10月8日). オリジナルの2010年10月8日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20101008230454/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101008-OYT1T00092.htm 
  46. ^ Bethune quits Sea Shepherd over lies(2011年7月14日時点のアーカイブ) - 3news.co.nz 2010年10月6日
  47. ^ Maritime New Zealand (2010年11月). “Investigation Report:Ady Gil and Shonan Maru No. 2 collision on 6 January 2010 (PDF)”. 2011年10月6日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g 佐々木正明 (2010年11月28日). “【海外事件簿】無免許運転、証拠隠滅疑惑、SS抗議船衝突調査で、新事実が判明”. 産経新聞. 2011年10月6日閲覧。
  49. ^ シー・シェパード、調査捕鯨船に今季初妨害[リンク切れ] 日テレNEWS24 2011年1月1日
  50. ^ シー・シェパードが妨害行為 ランチャーでペイント弾[リンク切れ]
  51. ^ 「海の無法者」シー・シェパードに無策の日本[リンク切れ]
  52. ^ 反捕鯨団体「シー・シェパード」、日本の調査船に対し今二年期4回目の妨害活動[リンク切れ]
  53. ^ “シー・シェパード、南極海で活動する日本の調査捕鯨船に今シーズン5回目の妨害活動”. FNNニュース (Fuji News Network). (2011年1月30日). オリジナルの2011年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110131203504/http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00192149.html 
  54. ^ シー・シェパード妨害 捕鯨船が救難信号
  55. ^ “反捕鯨団体、母船「日新丸」に初の妨害”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年2月9日). オリジナルの2011年2月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110213035315/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110209/crm11020920290036-n1.htm 
  56. ^ 日本の調査捕鯨、今季の早期切り上げを検討
  57. ^ 調査捕鯨:シー・シェパードが妨害 日本船にレーザー光線[1]
  58. ^ 妨害の影響で、南極海の調査捕鯨の中止決定 日テレNEWS24 2011年2月18日
  59. ^ シー・シェパード代表「大きな勝利」 日テレNEWS24 2011年2月18日
  60. ^ 日本が調査捕鯨を中止、「国際訴訟は取り下げない」—豪政府
  61. ^ 佐藤潤一 (2011年2月18日). “調査捕鯨船団、早期帰港の本当の理由”. グリーンピースジャパン. 2011年10月6日閲覧。
  62. ^ シー・シェパードが妨害 日本の調査捕鯨船に今季初”. 中国新聞 (2012年1月5日). 2012年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月8日閲覧。
  63. ^ “反捕鯨団体が妨害/今季2回目”. 東奥日報. (2012年1月7日) 
  64. ^ 佐々木正明 (2011年1月28日). “「救出費用は日本に」「すしバーなかった」SS支援活動家が放言 捕鯨監視船乗り込み”. 産経新聞. 2012年2月8日閲覧。
  65. ^ “シー・シェパードまた妨害行為 調査捕鯨船に酪酸瓶投げる”. 産経新聞. (2012年1月12日) 
  66. ^ “シー・シェパード、捕鯨船のロープ切る 南極海で”. 信濃毎日新聞. (2012年1月18日) 
  67. ^ シー・シェパードがまた妨害行為 酪酸入り瓶を投げつけ”. 産経新聞 (2011年1月21日). 2012年2月8日閲覧。
  68. ^ シー・シェパード、刺激性物質入り弾を調査船に発射”. 産経新聞 (2011年2月12日). 2012年2月13日閲覧。
  69. ^ シー・シェパードがまた妨害行為、発煙筒など投げつける 南極海”. 産経新聞 (2011年2月12日). 2012年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月13日閲覧。
  70. ^ “調査捕鯨の給油また妨害 シー・シェパード”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年2月25日). http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013022501002536.html 2015年1月6日閲覧。 
  71. ^ a b “日本の捕鯨、今冬妨害せず シー・シェパード”. 共同通信社. 産経フォト. (2017年8月29日). http://www.sankei.com/photo/daily/news/170829/dly1708290021-n1.html 2017年8月29日閲覧。 
  72. ^ シー・シェパードが方針転換 日本の捕鯨船に...JCASTニュース公式ホームページ
  73. ^ “イルカ救えば1頭100ドル払う 壱岐へ米保護団体宣言 ノーなら港封鎖”. 読売新聞. (1982年1月20日) 
  74. ^ “イルカの使者、捕獲に理解”. 朝日新聞. (1982年3月10日) 
  75. ^ Sea Shepherd Conservation Society - Taiji Japanese(2008-5-26のアーカイブ)
  76. ^ Prosecutor Agrees to Release Allison and Alex jailed 22 days ... but Fines Sea Shepherd 800,000 Yen ($8,000 US) for freeing dolphins!” (2003年12月6日). 2003年12月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月7日閲覧。
  77. ^ 報道発ドキュメンタリ宣言 2011年2月5日放送[2]
  78. ^ シー・シェパードがイルカ漁を撮影 和歌山・太地町
  79. ^ 太地町、イルカ追い込み漁に抗議で騒然
  80. ^ 特命調査班 〜マル調〜「反捕鯨団体幹部を直撃した!」
  81. ^ 反捕鯨団体 小競り合い続く
  82. ^ イルカ漁、反捕鯨側と意見交換 太地町、歩み寄り見られず”. 47NEWS (2010年11月2日). 2011年10月10日閲覧。
  83. ^ a b 太地町でイルカ漁の意見交換会、地元と反捕鯨団体応酬”. 和歌山放送 (2010年11月2日). 2011年10月10日閲覧。
  84. ^ a b “コーヴの太地町、シー・シェパードと意見交換 : 社会”. 読売新聞(YOMIURI ONLINE). (2010年11月2日). オリジナルの2010年11月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101105102846/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101102-OYT1T00442.htm 
  85. ^ 吉岡逸夫 (2010年12月5日). “ニュースを問う 吉岡逸夫 (新宮支局) イルカ漁をめぐる論戦 国も関与し強い説得力を 立ち位置に距離 根拠ない反対派”. 中日新聞 
  86. ^ 吉岡逸夫「『ザ・コーブ』上映後の太地町、嵐の中の静けさ」『』第40巻第10号、2010年12月、 102-107頁。
  87. ^ “町と反捕鯨団体が初対話 海外メディアも取材-「ザ・コーヴ」の和歌山・太地町”. 静岡新聞. 共同通信. (2010年11月2日) 
  88. ^ a b c “反捕鯨団体『もう続けるな』 太地町『価値観の押しつけ』 イルカ漁初の直接対話 和歌山 厳戒警備の中”. 中日新聞. (2010年11月2日) 
  89. ^ a b c d e “イルカ漁意見交換会 主張譲らず平行線 激しい議論を交わす場面なし”. 中日新聞. (2010年11月2日) 
  90. ^ a b c “イルカ漁- 反捕鯨団体、太地町と意見交換 双方の溝、埋まらず /和歌山”. 毎日新聞. (2010年11月3日) 
  91. ^ “町側「双方相いれず」 SS「妥協余地ない」 イルカ漁、太地で意見交換 /和歌山県”. 朝日新聞. (2010年11月3日) 
  92. ^ a b “太地漁協「攻撃に屈さず」*和歌山*イルカ漁めぐり初談話”. 北海道新聞. (2010年11月3日) 
  93. ^ a b c d e 初の意見交換、議論平行線=和歌山・太地町と反捕鯨団体-町長やシーシェパード幹部”. 時事通信 (2010年11月2日). 2010年11月2日閲覧。[リンク切れ]
  94. ^ シー・シェパード幹部を直撃インタビュー「太地の漁師たちは自らの行動を恥じている」と挑発”. 産経新聞 (2010年11月2日). 2011年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月11日閲覧。
  95. ^ イルカ漁巡り反捕鯨団体と意見交換 和歌山・太地町”. 日経新聞 (2010年11月2日). 2014年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月2日閲覧。
  96. ^ “シー・シェパード、イルカ漁巡り太地町長と対話 和歌山”. 朝日新聞. (2010年11月2日) 
  97. ^ “太地漁協がイルカ漁で談話「攻撃に屈さず」”. サンスポ. (2010年11月2日). オリジナルの2010年11月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101105111631/http://www.sanspo.com/shakai/news/101102/sha1011021733018-n1.htm 2010年11月2日閲覧。 
  98. ^ シー・シェパード支援者のオランダ人を現行犯逮捕 和歌山県警”. 産経新聞 (2011年12月16日). 2011年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月16日閲覧。
  99. ^ シー・シェパード「和歌山県にありがとうと言いたい」 暴行事件無罪判決で”. 産経新聞 (2012年2月24日). 2012年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。
  100. ^ 反捕鯨団体のドイツ人の男を逮捕、NHKニュース 2012年10月9日
  101. ^ シー・シェパードのポール・ワトソン船長逮捕 船舶の運航妨害容疑”. 産経新聞 (2012年5月14日). 2012年5月15日閲覧。
  102. ^ “シー・シェパード代表 独で逮捕 漁船の航行妨害容疑”. 産経新聞. (2012年5月15日) 
  103. ^ シー・シェパード代表の身柄拘束を各国に要請 ICPO、産経ニュース 2012年9月14日 (キャッシュ)
  104. ^ 逃亡中のSS創設者ポール・ワトソン容疑者引き渡しを 日本が仏政府に要請 産経ニュース 2015年4月20日
  105. ^ “調査捕鯨- シー・シェパード妨害問題 反捕鯨船長逮捕 法廷にらみ神経戦”. 毎日新聞. (2010年3月13日) 
  106. ^ a b c d 妨害差止命令訴訟 日本鯨類研究所
  107. ^ a b シー・シェパード、日本側に3億1000万円支払いへ 仮処分に違反 ハフィントンポスト 2015年6月9日
  108. ^ シー・シェパードが日本側に賠償金3億1千万円を支払い 創設者「予算の範囲内だ」と強弁 産経ニュース 2015年7月4日
  109. ^ 調査捕鯨の妨害しない 米の反捕鯨団体と合意 NHKニュース 2016年8月23日
  110. ^ シー・シェパード、捕鯨妨害禁止で日本側と合意 米での訴訟決着 日本経済新聞 2016年8月23日
  111. ^ Rewards - Sea Shepherd”. シーシェパード. 2012年1月12日閲覧。
  112. ^ “シー・シェパード、親日国パラオの「用心棒」に”. Sankei Express. (2011年4月12日). オリジナルの2011年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110415054929/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110412/asi11041211230000-n1.htm 2011年4月12日閲覧。 
  113. ^ 千野境子 (2011年6月18日). “西太平洋の制海権と米中”. 産経新聞 
  114. ^ “シーシェパード、活動資金はセレブが提供”. NNA-オーストラリア版. http://news.nna.jp/free/news/20120112aud009A_lead.html 2012年1月12日閲覧。 
  115. ^ “シー・シェパード イルカ漁妨害で寄付増 収入確保、欠かせぬ活動”. 産経新聞. (2011年12月10日) 
  116. ^ a b c d 佐々木正明 (2008年11月27日). “暴力美化の反捕鯨番組 米で週1回放送 都合よく編集 反日色も”. 産経新聞 
  117. ^ a b c d e 佐々木正明 (2011年2月19日). “シー・シェパード宣伝媒体 米テレビ番組に「撮らせぬ」 日本、資金源封じ狙う”. 産経新聞 
  118. ^ a b c 鈴木伸幸・大野孝志 (2010年1月9日). “こちら特報部 南極海 クジラ紛争の背景(上) シー・シェパード 戦争演出 反捕鯨煽る メディアを操作、味方に”. 東京新聞 
  119. ^ “「日本の捕鯨船と戦う」シー・シェパードの抗議船にハリウッド女優乗船”. 産経新聞. (2008年12月3日) 
  120. ^ “シー・シェパード 高速の新抗議船”. 産経新聞. (2010年10月26日) 
  121. ^ “シー・シェパード代表 逮捕状 調査捕鯨 妨害命じた疑い 海上保安庁”. 読売新聞. (2010年4月30日) 
  122. ^ “シー・シェパード捕鯨船妨害地裁判決 ワ代表「裁判に宣伝効果」”. 信濃毎日新聞. 共同通信社. (2010年7月8日) 
  123. ^ “「経済的に日本の捕鯨船を沈める」 国際手配のSSワトソン容疑者”. iza. オリジナルの2010年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100705142453/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/asia/410953/ 2010年7月8日閲覧。 
  124. ^ a b 「クジラのために命落としてもかまわない」 「シー・シェパード」に日本人メンバーも参加”. J-CASTニュース (2010年12月11日). 2010年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月15日閲覧。
  125. ^ 「日本人乗組員の声」『ソトコト』第131号、2010年5月、 44頁。
  126. ^ Matsutani, Minoru (2010年11月24日). “Japanese open about being part of Sea Shepherd crew”. The Japan Times. オリジナルの2012年8月2日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120802211221/http://www.japantimes.co.jp/text/nn20101124f1.html 2011年12月15日閲覧。 
  127. ^ “余録- 「ジョリー・ロジャー」といえば、映画などでおなじみの…”. 毎日新聞. (2008年3月5日) 
  128. ^ : Operation Leviathan
  129. ^ Sea Shepherd Launches Operation Leviathan with Flagship Farley Mowat - Sea Shepherd
  130. ^ Sea Shepherd Launches Operation Leviathan with New Ship Robert Hunter - Sea Shepherd
  131. ^ a b 調査捕鯨船に米環境団体の船衝突”. 日刊スポーツ (2007年2月12日). 2007年2月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年2月12日閲覧。
  132. ^ a b Neptune's Navy”. The New Yorker]ref=Page 4 of article. 2008年2月26日閲覧。
  133. ^ シー・シェパード抗議船、2隻ともオランダ籍に”. 読売新聞 (2010年5月25日). 2010年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月26日閲覧。
  134. ^ “シー・シェパード 高速の新抗議船員”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2010年10月26日). オリジナルの2010年11月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101128174023/http://www.sanspo.com/shakai/news/101026/sha1010261511017-n1.htm 
  135. ^ : Cable and Wireless Adventurer
  136. ^ : Earthrace
  137. ^ Sea Shepherd Conservation Society ::The Beast Transforms into a Beauty as Godzilla Becomes the Brigitte Bardot
  138. ^ Darby, Andrew (2012年7月2日). “Simpsons co-creator backs anti-whaling bid”. Brisbane Times. 2012年7月9日閲覧。
  139. ^ “Paul Watson, owner of Sea Shepherd, former British trawler that rammed and...”. The New York Times. (1980年1月13日) 
  140. ^ a b c “Coast guard calls activist's former ship pollution threat:Sea Shepherd II:'I have no idea what happened to the ship after I sold it'”. National Post. (2004年7月17日) 
  141. ^ “Marine;Sea Shepherd II (British)”. Lloyd's Information Casualty Report. (1993年11月13日) 
  142. ^ “イルカ漁妨害断念(米の自然保護団体) 水産業”. 朝日新聞. (1982年2月17日) 
  143. ^ “Conservation Vessel Rams 2 Ships in Pacific”. The New York Times. (1990年8月16日) 
  144. ^ a b The Fleet - Sea Shepherd”. Sea Shepherd Conservation Society. 2011年12月16日閲覧。
  145. ^ Sea Shepherd Receives the Flag of the Five Nations of the Iroquois Confederacy”. Sea Shepherd Conservation Society. 2008年2月26日閲覧。
  146. ^ 木村哲郎ティーグ (2006年12月27日). “日本の南氷洋「調査捕鯨」で紛争勃発へ 環境団体の抗議船29日豪州を出航 水産庁は「テロ」と非難”. 日刊ベリタ. 2012年9月10日閲覧。
  147. ^ 「イルカ漁を妨害せよ」SS、太地町に活動家 : 社会2010年9月3日 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  148. ^ シー・シェパード幹部「ザ・コーヴ」の舞台、太地町に常駐 「日本たたき」強化+(1/3ページ) MSN産経ニュース 2010.10.8
  149. ^ シー・シェパードが妨害宣言 和歌山・太地町に送り込んでくる活動家はリピーターより初参加組 - MSN産経west1ページ2ページ 2013.12.14
  150. ^ a b 太地町における反捕鯨問題対策広報誌『和歌山の警察2013』19ページ、和歌山県警察。2013年3月発行。
  151. ^ シー・シェパード妨害許さぬ クジラの町・太地に臨時交番2013.8.24 MSN産経west
  152. ^ ケネディ駐日米大使のつぶやきにイルカの町が“鯨撃” 「漁を守り続ける」強い思い - 政治・社会 ZAKZAK 2014.02.10
  153. ^ a b c 捕鯨トラブルで対策本部 和歌山・太地町に臨時交番 日本経済新聞 2011/7/20
  154. ^ a b 反捕鯨団体想定し警備訓練 和歌山県警と海保 AGARA紀伊民報 2013年08月10日更新
  155. ^ クジラ漁を前に県警と海保が合同訓練、違法行為に対応 太地町 AGARA紀伊民報 2012年08月08日更新
  156. ^ 鯨追い込み漁を前に臨時交番設置 反捕鯨団体警戒 太地町 AGARA紀伊民報 2012年08月24日更新
  157. ^ 2011.3.11(その5)森田実の言わねばならぬ【183】(archive.orgによる2014年2月25日時点のアーカイブ)
  158. ^ 2011.3.12(その5)森田実の言わねばならぬ【188】(archive.orgによる2014年2月25日時点のアーカイブ)
  159. ^ 2011.3.14(その2)森田実の言わねばならぬ【194】(archive.orgによる2014年2月25日時点のアーカイブ)
  160. ^ 2011.3.13(その4)森田実の言わねばならぬ【192】(archive.orgによる2014年2月25日時点のアーカイブ)
  161. ^ 太地町を視察 民主党の捕鯨対策議員協(archive.isによる2014年2月25日時点のアーカイブ) - AGARA紀伊民報 2012年6月5日更新、2017年5月30日閲覧。
  162. ^ 広報たいじ3月号2頁、2014年3月1日 - 太地町
  163. ^ ICR to Australia, Holland:prosecute Sea Shepherd”. The Japan Times Online (2008年12月23日). 2008年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月29日閲覧。
  164. ^ “月曜 考グレン・インウッドさん(42)*日本の捕鯨政策を世界に説く*脅しに屈せず主張代弁”. 北海道新聞. (2011年1月14日) 
  165. ^ シー・シェパードを提訴 妨害中止求め日鯨研が米連邦地裁に”. 産経新聞 (2011年12月9日). 2011年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月19日閲覧。
  166. ^ 西島太郎 (2012年2月17日). “シー・シェパード 妨害差し止め棄却 米連邦地裁”. 読売新聞 
  167. ^ シー・シェパードの捕鯨妨害差し止め 米裁判所が仮処分”. 朝日新聞デジタル (2012年12月18日). 2012年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月24日閲覧。
  168. ^ シー・シェパードの捕鯨妨害を禁止、米裁判所が仮処分”. AFPBB (2012年12月19日). 2013年2月27日閲覧。
  169. ^ 米最高裁、シー・シェパードの抗告却下 日本船への接近禁止命令は有効”. AFPBB (2013年2月15日). 2013年2月27日閲覧。
  170. ^ ワトソン氏、シー・シェパード代表退く 妨害活動は続行”. 朝日新聞デジタル (2013年1月8日). 2013年2月27日閲覧。
  171. ^ 「シー・シェパードの妨害は海賊行為」米高裁が認定”. 産経新聞 (2013年2月27日). 2013年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月27日閲覧。
  172. ^ シー・シェパードは「海賊」、米控訴裁が認定”. AFPBB (2013年2月27日). 2013年2月27日閲覧。
  173. ^ “「シー・シェパード」取り締まりの法整備へ 自民、海賊対処法改正など検討”. 産経新聞. (2013年4月12日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130412/plc13041212360012-n1.htm 2013年5月9日閲覧。 
  174. ^ “シー・シェパードが4億円募金呼び掛け、訴訟で資金集めに苦慮”. AFPBB News. (2013年5月9日). http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2943105/10715196 2013年5月9日閲覧。 
  175. ^ Katherine Monk (2010年4月22日). “Paul Watson a rebel with a cause;Captain of anti-poaching vessel Sea Shepherd in reality TV show, new film”. Vancouver Province 
  176. ^ 土佐茂生 (2008年3月10日). “捕鯨船妨害を非難 IWC声明”. 朝日新聞 
  177. ^ a b “聖火リレー出発地点辞退に謝意 ダライ・ラマ 善光寺で法要”. 産経新聞. (2010年6月20日) 
  178. ^ 「カンガルー300万頭撃ち殺す豪州に反捕鯨の資格あるか」 国際紙がコラムを掲載 (1/2ページ)”. 産経新聞 (2010年2月24日). 2010年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月24日閲覧。
  179. ^ 「カンガルー300万頭撃ち殺す豪州に反捕鯨の資格あるか」 国際紙がコラムを掲載 (2/2ページ)”. 産経新聞 (2010年2月24日). 2010年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月24日閲覧。
  180. ^ “Hysterics on the high seas will never halt whaling”. The Australian. (2010年1月18日) 
  181. ^ 佐々木正明『シーシェパードの正体』扶桑社、2010年、220頁。ISBN 978-4594062149
  182. ^ “豪首相、シー・シェパードに警告”. TBS News i. オリジナルの2011年1月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110111095440/http://news.tbs.co.jp/20110104/newseye/tbs_newseye4615746.html 2011年1月4日閲覧。 
  183. ^ 棚部秀行 (2008年7月8日). “質問なるほドリ- 「グリーンピース」ってどんな団体?”. 毎日新聞 
  184. ^ 『サイゾー2010年11月号』「マル劇トーク・オンデマンド第47回」
  185. ^ 佐々木正明『シーシェパードの正体』扶桑社、2010年、280頁。ISBN 978-4594062149
  186. ^ シー・シェパードが世界で“晒し者”に? 司法闘争激化、地中海のマルタ首相も提訴へ”. 産経新聞 (2012年3月10日). 2012年3月27日閲覧。
  187. ^ 産経新聞電子版 2015年11月28日
  188. ^ a b c 井田純 (2009年11月19日). “知りたい!- 反捕鯨、先鋭化の一途 米団体シー・シェパード「今年はもっと妨害する」”. 毎日新聞 
  189. ^ 木村哲郎ティーグ (2008年1月19日). “捕鯨船追跡を再開と反捕鯨団体 派手な活動に懸念と疑問を示す専門家も”. 日刊ベリタ 
  190. ^ パタゴニア社の公式見解」参照。
  191. ^ “【日々是(これ)世界 国際情勢分析】シー・シェパード強制捜査に揺れる豪”. 産経新聞. (2009年3月10日) 
  192. ^ Former Vice-Chair of the International Whaling Commission Joins Sea Shepherd Board” (英語). Sea Shepherd (2008年11月3日). 2011年9月19日閲覧。
  193. ^ Gosling, Melanie. “Featured Supporters” (英語). seashepherd. 2009年7月29日閲覧。
  194. ^ Gosling, Melanie. “Kleinschmidt joins activists trying to stop whaling” (英語). Cape Times. 2009年7月29日閲覧。
  195. ^ Attard, Monica (2008年3月16日). “Ian Campbell - former Coalition Environment Minister” (英語). ABC. 2009年7月29日閲覧。
  196. ^ 'MacGyver' tackles seal hunt” (英語). CBC (2005年3月8日). 2009年7月29日閲覧。
  197. ^ a b c d e f Attard, Monica (2008年3月16日). “Paul Watson:Sea Shepherd eco-warrior fighting to stop whaling and seal hunts” (英語). Telegraph Media Group. 2009年7月29日閲覧。
  198. ^ Graham, Caroline (2008年12月2日). “Splash actress Daryl Hannah joins hardline anti-whalers on Southern Ocean mission” (英語). Associated Newspapers Ltd. 2009年7月29日閲覧。
  199. ^ Surfers Return To Taiji And Expose Pilot Whale Slaughter” (英語). Sea Shepherd (2007年10月29日). 2009年8月2日閲覧。
  200. ^ a b シー・シェパードを支援するエンタメ界の大物たち”. AFP (2010年1月8日). 2011年9月19日閲覧。
  201. ^ ケイ小原 (2011年7月29日). “【イタすぎるセレブ達】「シーシェパードの船を助けて! 」Facebookに投稿したカナダのロックバンドに賛否両論の嵐。”. TechinsightJapan. 2011年9月19日閲覧。
  202. ^ Yuri Kageyama (2010年10月12日). “Japanese village depicted in Oscar-winning film kills dolphins but spares youngest” (英語). Associated Press 
  203. ^ “「アバター」女優がシー・シェパード参加”. サンケイスポーツ. (2010年10月12日) 
  204. ^ ステラがキャプテン・ポール・ワトソンと対談” (日本語). stella mccartney (2017年7月31日). 2018年1月24日閲覧。
  205. ^ “Environmental Hero Paul Watson's Story Rights Acquired By Montreal's Kingsborough Greenlight Pictures For Spring 1998 Motion Picture” (英語). Canada NewsWire. (1997年7月14日) 
  206. ^ Paul Watson (2010年3月11日). “Shepherding “The Cove” to an Oscar”. Sea Shepherd. 2011年9月19日閲覧。
  207. ^ 捕鯨抗議!?海保が警戒 那智勝浦町 - 読売新聞 2011年1月20日[リンク切れ]
  208. ^ Nick McKim MP (2009年2月21日). “GREENS WELCOME STEVE IRWIN’S SAFE RETURN TO HOBART” (英語). The Tasmanian Greens. 2009年7月29日閲覧。[リンク切れ]
  209. ^ a b Sponsors” (英語). Sea Shepherd Conservation Society. 2009年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月29日閲覧。
  210. ^ 『シーシェパードの正体』扶桑社 214頁
  211. ^ LUSH and Sea Shepherd Launch Global Anti-Shark-Finning Campaign:Alice Newstead Hung by Actual Shark Hooks in Protest of the Slaughter” (英語). Sea Shepherd Conservation Society (2008年9月3日). 2009年7月29日閲覧。
  212. ^ Earthrace delays whaling protest trip” (英語). Brisbane Times (2009年10月30日). 2010年3月19日閲覧。
  213. ^ Julian Lee (2008年1月23日). “Coke may join anti-whaling bout”. The Sydney Morning Herald. http://www.smh.com.au/business/coke-may-join-antiwhaling-bout-20080123-1nq6.html 2011年10月17日閲覧。 
  214. ^ アディダス、 PARLEY FOR THE OCEANS とともに国連の気候変動イベントにてサステナビリティ・イノベーションを発表 (PDF)”. 2015年7月16日閲覧。
  215. ^ SS創設者が国連イベント出演 日本政府が抗議”. 産経ニュース. 2015年8月8日閲覧。
  216. ^ NHKスペシャル クジラと生きる2011年5月22日(日) 午後9時00分〜9時49分
  217. ^ 【ETV特集】「鯨の町に生きる」7/24(日)夜10時
  218. ^ 2011年10月10日放送 15:05 - 15:55 NHK総合 NHKスペシャル クジラと生きる太地町公民館 | NHKスペシャル | TVでた蔵
  219. ^ a b ようこそ知事室へ 知事からのメッセージ 平成23年5月 太地の捕鯨 和歌山県ホームページ]
  220. ^ 浜岡賢次『元祖!浦安鉄筋家族』28、秋田書店〈少年チャンピオン・コミックス〉、2011年1月17日。ISBN 978-4253203289




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シーシェパード」の関連用語

シーシェパードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シーシェパードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシーシェパード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS