昭和天皇の戦争責任論とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 戦争・紛争 > 太平洋戦争 > 昭和天皇の戦争責任論の意味・解説 

昭和天皇の戦争責任論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/22 09:30 UTC 版)

昭和天皇の戦争責任論(しょうわてんのうのせんそうせきにんろん)は、1931年昭和6年)9月18日満州事変勃発から1945年(昭和20年)8月15日ポツダム宣言受託による日本の降伏までの十五年戦争(満州事変・支那事変/日中戦争大東亜戦争/太平洋戦争)に対する昭和天皇戦争責任に対する議論のこと。


  1. ^ 昭和の日に「国のかたち」を思う”. 産経新聞 (2010年4月29日). 2010年12月19日閲覧。
  2. ^ 秦郁彦『歪められる日本現代史』、PHP研究所、208頁、2006年
  3. ^ 「戦前は立憲君主制 天皇に戦争責任はない」のですか?”. しんぶん赤旗 (2006年9月9日). 2010年7月24日閲覧。
  4. ^ 井上清史『天皇の戦争責任』p1-p3、現代評論社
  5. ^ 『東京朝日新聞』1948年11月4日、UPI通信
  6. ^ 井上清『天皇の戦争責任』p2-p3
  7. ^ 相良竜介編集『ドキュメント昭和史6占領時代』平凡社、p17
  8. ^ 相良竜介編集『ドキュメント昭和史6占領時代』所収「戦争責任と天皇の退位」平凡社、p53
  9. ^ 歴史科学協議会『歴史評論』2015年8月号(第784)p6-p7、山田朗「戦争責任論の現在と今後の課題 ―戦争の〈記憶〉の継承の観点から― 」[1]
  10. ^ 井上清『天皇の戦争責任』p9-p15
  11. ^ 立花書房編『新 警備用語辞典』立花書房、2009年、525頁。
  12. ^ 「昭和天皇は終戦時、退位すべきだった」菅氏発言”. 産経新聞 (2005年5月9日). 2005年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月19日閲覧。
  13. ^ 田村謙(松山大学教授). “近衛文麿の上奏文(抜粋)”. 外務省編『日本外交年表竝主要文書』下. 2010年12月19日閲覧。
  14. ^ 宮良(2004)、p.170
  15. ^ 清水正義(白鴎大学教授). “戦争責任とは何か”. 2010年12月19日閲覧。
  16. ^ 『社会科学総合辞典』新日本出版社、1992年、「天皇の戦争責任」の項参照。
  17. ^ たとえば該当書p.27-29
  18. ^ 英紙「サン」昭和天皇の御真影載せ「血に染まった独裁者」「1万6千人殺害」と描写”. 國民新聞 (1998年). 2006年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月24日閲覧。
  19. ^ BBCでは日本の捕虜収容所で死亡したイギリス兵12,000人を追悼する式典で捕虜経験者の過酷な捕虜生活を報道し、ITNでは日本国内での左翼のデモを報道し、エリザベス2世女王の夫であるエディンバラ公フィリップ王配の大喪の礼の参列で『王族の一族がなぜ・・・天皇は戦犯なのに・・・』と動揺を隠せない夫婦とジェフリー・アーチャーのインタビューを報道している。
  20. ^ 西鋭夫 『國破れてマッカーサー』 中央公論新社1998年ISBN 4-122-04556-8





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「昭和天皇の戦争責任論」の関連用語

昭和天皇の戦争責任論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



昭和天皇の戦争責任論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの昭和天皇の戦争責任論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS