家庭生活とは? わかりやすく解説

家庭生活


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 18:29 UTC 版)

曽我ひとみ」の記事における「家庭生活」の解説

1981年「組織」は4人のアメリカ人その家族を立石里のジェンキンスの家の横に新しくアパート建てて、そこでまとめて住まわせることを決定したジェンキンス・ひとみの夫妻1983年6月1日長女のロベルタ・ミカ・ジェンキンス、1985年7月23日次女のブリンダ・キャロル・ジェンキンスの二女もうけたアパート完成したのは遅れに遅れて1984年のことであった引っ越前にマカオから拉致されてきたタイ人アノーチャ・パンジョイの夫ラリー・アブシャー死去してしまった。アパートには、未亡人となったアノーチャとジェンキンス・ひとみ一家2階ジェームズ・ドレスノクルーマニア人ドイナ・ブンベア一家ジェリー・パリッシュレバノンシハーム・シュライテフ一家3階住み1階空き家とした。ドレスノク夫妻には2人パリッシュ夫妻には3人の子がおり、アノーチャは3世帯の家族たちにとっておばさんのような存在だった。アパート巨大な幼稚園の様相を呈し子どもたち同士大の仲良しであったが、親同士そうとばかり言えない状態だった。アノーチャのところの一室子どもたち4歳から6歳までの2年間、読み書きや数について学ぶ場となった。それが終わると家に隣接した農場小学校に通ったが、学校でプロパガンダ以上のものはほとんど教えてないようだった。 1990年代後半の「苦難の行軍」と呼ばれた時期北朝鮮では数百万人規餓死者が生じ、その被害20世紀最大といわれ、多くの人拷問のような苦しみ味わったそれに加えて、「教化所」「管理所」と名づけられた強制収容所ではろくに食糧与えられないなかでの苛酷な労働に、今なお数十万人あるいはそれ以上の人びと苦しめられている。そうしたなかにあってアメリカ人家庭北朝鮮のなかでは特別待遇あたえられはるかにめぐまれた生活を送っていたことは事実である。しかし、特権的な暮らしはいっても、世界大部分の国の人びと比較すれば話にならないほどひどい生活であった。「私たちは常に寒さ空腹貧困不衛生闘っていた—来る日も来る日も、そして来る年来る年も」とジェンキンス振り返っている。ひとみ自身また、いつ停電するか分からないことにはたいへん難渋した述べている。上等なものではないにせよ中古家電製品そろえていたので、電気止まれば生活に支障をきたした。水道電気汲み上げていたので停電する使えず雨水をためて、洗濯食器洗いものに利用したことがあった。不衛生なので、一滴のこらず必ず煮沸してからでないと飲料用台所用には使えなかった。 冬の暖房のために支給された石炭指導員たちによってしばしば盗まれた。温水を流すパイプゆがんでいるうえに元々の作りがわるいので、温水流れない箇所あったり空気入り込んで流れなくなることがあるので、つきっきりで火をかき立てでもしなければボイラー管理するのは難しかったジェンキンスは寒い娘たち部屋自家製床暖房つくってやったが、1997年以降は夏でも断続的に停電し、冬は常に停電していた。食用油醤油の類は冬になると決まって凍結した。マイナス30度にもなる真冬は、家ではなるべく歩き回るようにした。停電して真っ暗ななか、身体決し冷やさぬよう、4も5着られるだけの服を着て、足には何もの靴下をはいて、家族1つ布団にもぐり込み固まって寝るようにした。水洗式便所溜まっていた凍り、それが膨張して便器破裂したこともあった。 毎月決まった日に米と生活費支給があったが、生活費最低限保証しかなかった。4人家族としては苦し金額で、最初に必要経費振り分け、どうしても欲しいものがあるときは何カ月節約できるものを削って貯金しなければならないギリギリのものであった食品は、日本製のものは高すぎて手が出せず、たいていは中国製のもので間に合わせた生活費不足しそうになると、禁止されていた闇市チャンマダン)に行って買い物をすることもあったが、「何でもあり」なので不良品まがい物つかまされることも少なくなかった鶏卵などは、割るとひよこになる寸前のもの、腐っているものが混じっていることがあった。配給米も小石混ぜてかさ上げしたものがたくさ混入したものが配られることが日茶飯事であった。のちに、娘たち初め日本の米見てお米って白いんだね」と驚いたという。 1995年幹部たち何人かやって来て、「金正日同志偉大なるお心遣いによって、あなたがたの子どもたち全員平壌外国語大学(の高校の部)へ入学できることになった」と告げた。しかし、それは工作員養成するための下準備であるとも考えられジェンキンスなどは実のところ猛反対であった米国脱走兵たち北朝鮮抑留されていることを知る者は少なく結婚していることを知る者、子どもがいることを知る者はさらに少ないうえに、西洋人的な風貌をもつ子どもたちは誰も北朝鮮工作員だと怪しまない。だからこそ工作員はうってつけなのである金賢姫外国語大学学生だったところを召喚され工作員させられた。ジェンキンスはたいへん心配したが、結局学校の寮に空きがなく、アパートからの通学となり、それには川下りともなって冬季きわめて危険だというのですぐに退学させるほかなくなり彼の心配の種なくなった

※この「家庭生活」の解説は、「曽我ひとみ」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「曽我ひとみ」の記事については、「曽我ひとみ」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 01:11 UTC 版)

アレクサンダー・グラハム・ベル」の記事における「家庭生活」の解説

1877年7月11日ベル電話会社創業数日後メイベル・ハバード1857年 - 1923年)と結婚ケンブリッジハバード宅で結婚式行った花嫁への結婚プレゼントとして新会社彼の持株1,497株のうち1,487妻の名義に書き換えた。その後1年間ヨーロッパへ新婚旅行出かけた新婚旅行はいっても、ベル手製電話機携行し仕事兼ねていた。求愛したのは数年前である。ベル金銭的に余裕ができるまでプロポーズ延ばした電話即座に収益上げられたわけではなくベルのおもな収入源1897年までは講義だった。婚約者からのちょっと変わった要求として、通称の「アレック」の綴りを "Aleck" から "Alec" に変えるというものがあり、1876年からは "Alec Bell" と署名するようになった夫妻は4人の子もうけた。エルシー・メイ・ベル(1878年 - 1964年)はナショナルジオグラフィック協会のギルバート・グローヴナー(英語版)と結婚。マリアン・ハバード・ベル(1880年 - 1962年)は通称は「デイジー」で、ほかに2人の男子が生まれたがともに幼少期亡くなった一家1880年までマサチューセッツ州ケンブリッジ住みその後義理の父ハバード購入したワシントンD.C.屋敷引っ越し1882年にはベル自身購入したワシントンD.C.屋敷引っ越したワシントンD.C.住んだのは、特許に関する裁判長く続き頻繁に出廷する必要があったためである1882年アメリカ合衆国の市民権取得するまでベルスコットランドでもカナダでもイギリス市民だった。1915年、「私は2つの国へ忠誠を誓うような外国アメリカ人ではない」と述べている。それにもかかわらず、彼が住んでいたスコットランド・カナダ・アメリカの3国ベル自国民主張している。 1885年新たなの別荘を持つことにした。その夏、ベル一家ノバスコシア州ケープ・ブレトン島のバデックという小さな村休暇過ごした1886年にもそこに赴き、バデックの対岸のブラスダー湖(英語版)を一望できる所に別荘を建て始めた1889年、The Lodge名付けたログハウス完成し2年後には研究室含めた大きな複合建築物となったベルはその地を故郷ハイランド地方にちなんでベイン・バリー(英語版)(ゲール語で「美しい山」の意)と名付けたベルその後後半生大部分ワシントンD.C.とベイン・バリーで過ごしたベル実験没頭することが多くなり、ベイン・バリーで過ごす期間が徐々に長くなっていった夫妻はバデックの村民との交流大事にし、村民として認められた1917年12月6日ハリファックス大爆発起きたときもベルはベイン・バリーにいた。夫妻ハリファックス被災者救出奔走した

※この「家庭生活」の解説は、「アレクサンダー・グラハム・ベル」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「アレクサンダー・グラハム・ベル」の記事については、「アレクサンダー・グラハム・ベル」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 04:27 UTC 版)

ヘンリー・キッシンジャー」の記事における「家庭生活」の解説

高校時代、アン・フライシャー(Ann Fleischer)と知り合い交際をしていたが、戦争影響でしばらく疎遠となった2人結婚したのは1949年2月6日で、ヘンリー25歳アン23歳だった。結婚式ワシントンハイツにあるヘンリーアパートで行われ12名ほどが出席したユダヤ教正統派則ってが行われた。長女1959年長男1961年生まれたが、1963年別居態となり、1964年離婚するその後アン女性解放運動参加1973年化学者のソール・コーエン(Saul Cohen)と再婚一方キッシンジャー1974年ハーバード時代教え子ネルソン・ロックフェラー秘書だったナンシー・シャロン・マギネス(Nancy Sharon Maginnes、1934年生まれ)と再婚した。式には 前妻との2人の子供も出席したキッシンジャー離婚から再婚までの間に少なからぬロマンス報じられていたこともありこの際UPI通信は、「浮名流したヘンリー年貢を納めるSwinging Henry Ends His Days of Bachelorhood)」と報じている。

※この「家庭生活」の解説は、「ヘンリー・キッシンジャー」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「ヘンリー・キッシンジャー」の記事については、「ヘンリー・キッシンジャー」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 18:04 UTC 版)

マリーア・ソフィア・ディ・バヴィエラ」の記事における「家庭生活」の解説

マリーア・ソフィアの突出した富と特権は、私生活不幸で曇ったフランチェスコとの間にできた唯一の女子は3か月死亡二度との子を産めなかった。しかし、1862年にマリーア・ソフィアは双子出産していた。当時彼女はフランチェスコの妃だったが、子供たち父親はアルマン・ド・ラワイスというベルギー人伯爵だった。双子は、醜聞恐れたヴィッテルスバッハ家縁者たちにより、彼女か引き離された。その後1度2度監視の中で子供たち再会したといわれている。1897年、妹ゾフィー・シャルロッテが火災現場から少女たちを助けようとして英雄的な死を遂げた1898年、姉エリーザベトが、無政府主義者により暗殺された。 1925年、マリーア・ソフィアはミュンヘン没したウィキメディア・コモンズには、マリーア・ソフィア・ディ・バヴィエラ関連するカテゴリあります典拠管理 BNF: cb12398767z (データ) DTBIO: 119105225 FAST: 312505 GND: 119105225 ISNI: 0000 0000 6119 4102 LCCN: n92108215 NLG: 241771 NTA: 108132609 RISM: pe30110012 SUDOC: 16713017X VcBA: 495/98678 VIAF: 13971837 WorldCat Identities: lccn-n92108215

※この「家庭生活」の解説は、「マリーア・ソフィア・ディ・バヴィエラ」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「マリーア・ソフィア・ディ・バヴィエラ」の記事については、「マリーア・ソフィア・ディ・バヴィエラ」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 03:12 UTC 版)

ヨーゼフ・ゲッベルス」の記事における「家庭生活」の解説

ゲッベルス家の子どもたち」も参照 1931年12月19日ゲッベルスはマクダ・クヴァントと結婚するマクダ前夫実業家ギュンター・クヴァントで、一男ハラルトドイツ語版)があった。そのハラルト養子としてゲッベルス家に迎えられたが、ゲッベルスハラルトにも分け隔てなく愛情注いでいたという。これによりナチス幹部との血縁関係得たギュンター・グヴァントは、強制収容所から徴収した労働者自身の工場酷使するなどして巨万の富築いたクヴァント家は現在、BMWファルタなどを所有するドイツで最も富裕な一族となっている)。ハラルト1940年ドイツ空軍降下猟兵志願入隊して各地転戦し最終的に中尉にまで昇進したが、1944年イタリアで重傷負ってイギリス軍捕虜となり、ゲッベルス家庭で唯一戦後まで生き残ったハラルト戦後機械工学修め1954年実父死去によってファルタなどの大企業受け継いだが、1967年乗機墜落事故死亡したゲッベルスマクダ夫人生涯六人の子供をもうけた上から長女ヘルガ1932年生)、二女ヒルデ1934年生)、長男ヘルムート1935年生)、三女ホルデ1937年生)、四女ヘッダ1938年生)、五女ハイデ1940年生)である。一見模範的なドイツ家庭作り上げてそれを宣伝したゲッベルス家庭ナチ党高官たちが集う憩いの場でもあったが、宣伝では模範的だった家庭も、実際にはゲッベルス奔放な女性関係によりしばしば危機に瀕した。ゲッベルスは、ナルシスト特有の自信映画界での権力背景多くの女優に関係を迫っていた。 1938年チェコ出身女優リダ・バーロヴァとの関係は、双方ともに本気の恋愛関係となり、マクダ夫人との離婚バーロヴァとの結婚決意するまでに至った総統ヒトラーはこれに激怒したが、ゲッベルスは「宣伝大臣辞任して同盟国である駐日本大使となり、バーロヴァとともにドイツ去りたい」とまで申し出た。しかしヒトラーはこれを許さずゲッベルスにはバーロヴァの手切れを、妻には結婚生活継続命じるというスキャンダルに発展した。マクダ夫人はこれに感謝しヒトラー大変な信頼を寄せることとなる。 ベルリン郊外、ヴァンドリッツ(ドイツ語版)のボーゲン湖(ドイツ語版湖畔にあったゲッベルス邸宅は、戦後ソ連軍接収後に東ドイツ周囲建物群を増築し自由ドイツ青年団教育施設となった1990年東ドイツ国家消滅すると、ベルリン市管轄移った1999年空き家となるとネオナチ聖地化するのを恐れ建物閉鎖して管理していたが、財政難により売却することになった。しかし2013年現在買い手ついていない

※この「家庭生活」の解説は、「ヨーゼフ・ゲッベルス」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「ヨーゼフ・ゲッベルス」の記事については、「ヨーゼフ・ゲッベルス」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 01:07 UTC 版)

マリア・テレジア」の記事における「家庭生活」の解説

個人的には当時王族としては珍しく初恋の人である夫フランツ・シュテファンとは恋愛結婚結ばれ夫婦生活は非常に円満だった。フランツ時折他の女性浮き名を流すことがあったが、政治家として多忙な彼女はそれらを把握した上で容認したまた、夫が亡くなると、彼女はそれまで持っていた豪華な衣装装飾品をすべて女官たち与えてしまい、以後15年間、自らの死まで喪服だけの生活を送った多忙な政務をこなしながらフランツとの間に男子5人、女子11人の16人の子供をなした。子供に関しては、四女マリア・クリスティーナを最も可愛がり、彼女にだけは相愛ポーランド王ザクセン選帝侯アウグスト3世息子アルベルト・カジミールとの恋愛結婚1766年許している。このためマリア・テレジア死後、この夫婦ヨーゼフ2世から冷遇された。マリー・アントワネットマリア・クリスティーナ次に可愛がられていた。 また、身体障害があり病弱であった次女マリア・アンナ反抗的なマリア・アマーリエに対して生涯を通じて酷薄であった彼女ら二人厄介者呼ばわりし真っ先に嫌ったのが、他ならぬマリア・テレジア本人であった死の直前まで末娘フランス王妃になったマリア・アントーニアマリー・アントワネット)の身を案じていた。夫フランツ譲り遊び好きな娘に対しフランス革命発生警告する手紙送っている。

※この「家庭生活」の解説は、「マリア・テレジア」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「マリア・テレジア」の記事については、「マリア・テレジア」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:37 UTC 版)

シャーリー・テンプル」の記事における「家庭生活」の解説

アメリカ航空宇宙局NASA)が「素晴らし家庭築いた」と賞賛しているとおり、ブラック家は家族の絆が非常に強く、またふだんは彼女自身家事一切を行いつつ、同時に国務省公務実業家としての仕事こなした社会的に高い地位にあっても贅沢はせず生活は質素なものの、宿泊先セキュリティのため必ず超一流ホテルスイート・ルーム選んでいる。現代アメリカ人には珍しく年老いた両親ガートルードジョージを家に引き取る他人助け借りず自分ひとりで介護する。父ジョージ晩年脳溢血のため身体不自由になったため、毎食流動食作って食べさせていた。 子供3人長女サンフランシスコ図書館員長男実業家で父の会社継いだ次女は、ごく短期間メルヴィンズなどのロック・バンドベース弾き後に写真家として活動している。孫は一人曾孫一人いる。 趣味ゴルフガーデニング釣り料理など。

※この「家庭生活」の解説は、「シャーリー・テンプル」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「シャーリー・テンプル」の記事については、「シャーリー・テンプル」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:38 UTC 版)

ベーブ・ルース」の記事における「家庭生活」の解説

ルース1914年にヘレン・ウッドフォードと結婚するも、ヘレンルース浸る華やかな生活好きになれず、1926年あたりから別居生活を送っていた。1929年1月11日火災によりヘレン焼死ルースは「彼女に可哀想なことをしてしまった。私が悪かった」と死を悲しんでいた。 ルースには二人の娘、ドロシー英語版)とジュリアがいたが、二人とも養女であったドロシールースヘレンとの養女であったが、後年その著書『わが父、ベーブの中で、自らをルースガールフレンドであったジュアニータ・ジェニングスの実子であると主張している。ジュリアは、ルース再婚した妻で、女優・モデルのクレア・メリット・ホジソンの連れ子である。ジュリアは現在[いつ?]アリゾナ州住んでおり、2008年9月21日行われたヤンキー・スタジアム最終戦にて始球式の役を務めている。 ルースクレアオフシーズンフロリダ州過ごしゴルフなどを楽しんでいた。引退後ルースセントピーターズバーグから程近いフロリダ州トレジャーアイランド英語版)に別荘購入し冬場はそこで過ごしていた。

※この「家庭生活」の解説は、「ベーブ・ルース」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「ベーブ・ルース」の記事については、「ベーブ・ルース」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 03:36 UTC 版)

アビタン」の記事における「家庭生活」の解説

ヌーベルフランスアビタンの家庭生活は活気があった。大部分家族では子だくさんで、しばしば10人から12人の子供を持つ家庭もいた。 女性は、成長してからの大部分を妻の仕事育児ついやした。ヌーベルフランス女性にとって結婚不可欠で未亡人になってからも再婚する人も少なくなかった男性人数著しく多いため、女性には夫を選ぶ権利があり、見合い結婚はあまり行われなかった。 教会アビタンの生活に重要な役割果たした教区管轄地域すべての出生結婚そして死亡が記録されたこれらのアビタンにとって重要な節目には、宗教のっとった行事が行われた。とはいえ教区多くの人口と、増えていく土地と共に発展する一方でアビタン自分たちの教区土地教会司祭館提供した教会通常集会所親睦の場としても使われ日曜日ミサは、アビタンにとって礼拝のみならず社交の場でもあった。

※この「家庭生活」の解説は、「アビタン」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「アビタン」の記事については、「アビタン」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/06/27 07:22 UTC 版)

マリー・ゾフィー (両シチリア王妃)」の記事における「家庭生活」の解説

マリー・ゾフィーの突出した富と特権は、私生活不幸で曇ったフランチェスコとの間にできた唯一の子は死産となり、二度との子を産めなかった。しかし、1862年にマリー・ゾフィーは双子出産した当時彼女はフランチェスコの妻だったが、子供たち父親はアルマン・ド・ラワイスというベルギー人伯爵だった。双子は、醜聞恐れたヴィッテルスバッハ家縁者たちにより、彼女か引き離された。その後1度2度監視の中で子供たち再会したといわれている。1897年、妹ゾフィー・シャルロッテが火災現場から少女たちを助けようとして英雄的な死を遂げた1898年、姉エリーザベトが、無政府主義者により暗殺された。 1925年、マリー・ゾフィーはミュンヘン没した

※この「家庭生活」の解説は、「マリー・ゾフィー (両シチリア王妃)」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「マリー・ゾフィー (両シチリア王妃)」の記事については、「マリー・ゾフィー (両シチリア王妃)」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/21 18:40 UTC 版)

エッパ・ハントン」の記事における「家庭生活」の解説

1848年ハントンロバートとクララ・ブースのウェア夫妻の娘、ルーシー・キャロライン・ウェア(1825年2月20日-1899年9月4日)と結婚した夫妻には次の2人の子供が生まれた。 エリザベス・ブース・ハントン(1853年6月20日-1854年9月30日エッパ・ハントン3世1855年4月14日-1932年3月5日2番目の子エッパ・ハントン3世1901年著名なリッチモンド法律会社ハントンウィリアムズ」の共同設立者となった1977年その会社ハントンの孫(1904年7月31日-1976年11月23日)の栄誉称えバージニア大学法律学校で「エッパ・ハントン4世記念出版賞」を設立した大学に拠れば、この賞は「訴訟コース目だった適性示し弁護士倫理的および職業的責任鋭く自覚し認識している3年生毎年与えられる。」 ハントン女性奴隷ヘンリエッタとの間に1人の子供をもうけた考えられている。この子ジョン1854年11月5日生まれだった。1850年時点では6人の奴隷を、1860年時点では11人の奴隷所有していた。

※この「家庭生活」の解説は、「エッパ・ハントン」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「エッパ・ハントン」の記事については、「エッパ・ハントン」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 07:40 UTC 版)

ユストゥス・メーザー」の記事における「家庭生活」の解説

1746年にユリアーネ・エリーザベト・ブロウニングと結婚し、娘ジェニー息子ヨハン・エルンスト・ユストゥス(1753-1773)をもうけた

※この「家庭生活」の解説は、「ユストゥス・メーザー」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「ユストゥス・メーザー」の記事については、「ユストゥス・メーザー」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 19:47 UTC 版)

ロリン・A・サーストン」の記事における「家庭生活」の解説

ホノルル生まれる。 彼の父はエイサ・グッデール・サーストン、母はサラ・アンドリュース。 父の側では、彼は1820年ハワイ諸島入植した宣教師アーサ・サーストンとルーシーグッデール・サーストンの孫宣教師第三世代に当たる彼の母の側では、彼は別の初期の宣教師ロリン・アンドリュースの孫でもあった。彼の父はハワイ王国衆議院議長であったが、ロリン1859年12月にわずか1歳半のときに亡くなったその後、母と一緒にマウイ島引っ越す。 ハワイ生まれ育った後、サーストンニューヨークコロンビア大学法科大学院1年間法律学んだのち、再びハワイ戻り最高裁判所裁判官秘書務めながら弁護士としての素養身に付けている。その傍ら彼はハワイハレアカラ農場経営したり、ハワイアン果物加工会社や、プランテーションホテルなどの多種多様な企業の経営携わりハワイビジネス界を主導していた。1884年以降はハワイ有力紙『デイリー・ブルティン』紙の編集者としてカラカウア政策批判する論説執筆している。サーストン記事かねてから王国政策に不満を抱いていた白人感情訴えたため、サーストンハワイ変革する人物として注目を集めるようになったその結果サーストンは、1886年改革党(Reform Party) から出馬して代議院議員当選したまた、1887年には、サーストンサンフォード・ドール中心となって秘密結社「ハワイアンリーグ」が設立されている。

※この「家庭生活」の解説は、「ロリン・A・サーストン」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「ロリン・A・サーストン」の記事については、「ロリン・A・サーストン」の概要を参照ください。


家庭生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 06:40 UTC 版)

アン (イギリス王女)」の記事における「家庭生活」の解説

アン1970年アンドリュー・パーカー・ボウルズとの交際伝えられたが短期間で破局した。その後1972年ミュンヘン五輪金メダリスト馬術団体でもあるマーク・フィリップス陸軍少尉との婚約成立し1973年11月14日ウエストミンスター寺院結婚式執り行われた。2人間にピーター1977年誕生)とザラ1981年誕生)の2子が生まれている。 フィリップス平民出身だったが、かつてエリザベス女王の妹マーガレット王女がやはり平民アンソニー・アームストロング=ジョーンズAntony Armstrong-Jones)と結婚した際に夫が「スノードン伯爵」に叙爵された先例あることから、フィリップス結婚と同時に叙爵されることが予想されていた。しかしアン将来生まれ子供たち普通に育てたい希望したことからフィリップス叙爵沙汰止みとなったその後アンエリザベス女王にとって初孫となるピーター出生した際にも、女王からは特にピーター叙爵することが打診されたが、アンはやはりこれを辞退した伝わる。この結果ピーター歴代君主直系の孫としては約500年ぶりに、何の貴族称号持たない人物となった夫妻グロスタシャーのギャトコム・パークに居を置いたが、1992年4月23日離婚したアン離婚から約6カ月後の同年12月12日ティモシー・ローレンス海軍中佐再婚した王族離婚再婚違憲ではないものの離婚は勿論のこと、離婚経験した人間再婚することをさらなるタブーとしたイングランド国教会保守性により、2度目の結婚式は再婚鷹揚スコットランド教会質素に行われたアン40代であり、ローレンスとの間に子供生まれなかった。アン離婚問題兄のチャールズ義妹ヨーク公爵夫人セーラ不倫疑惑とともにイギリスのみならず世界中で連日連夜報道された。激し王室バッシング明け暮れた1992年年末アンチャールズ母親でもあるエリザベス2世が「今年はひどい年アナス・ホリビリス)だった。」と総括するであったローレンス2007年海軍中将進級し2011年8月現役退いた前夫と同じようにローレンスアンとの結婚に際して叙爵されることはなかったが、2011年6月14日ロイヤル・ヴィクトリア勲章ナイト・コマンダーKCVO)に叙せられ、ナイト称号サー敬称許されている。 アン自身は1974年ロイヤル・ヴィクトリア勲章勲一等(GCVO)、1994年ガーター勲章LG)、2000年シッスル勲章LT)をそれぞれ授与されている。なお、夫妻そろって王室行事では、チャールズ王太子夫妻ウィリアム王子夫妻、弟のウェセックス伯エドワード王子夫妻より下位となるが、女性だけの行事際にエリザベス女王次席位置するまた、1971年昭和天皇訪英時には勲一等宝冠章授与されている。

※この「家庭生活」の解説は、「アン (イギリス王女)」の解説の一部です。
「家庭生活」を含む「アン (イギリス王女)」の記事については、「アン (イギリス王女)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「家庭生活」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「家庭生活」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

家庭生活のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家庭生活のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの曽我ひとみ (改訂履歴)、アレクサンダー・グラハム・ベル (改訂履歴)、ヘンリー・キッシンジャー (改訂履歴)、マリーア・ソフィア・ディ・バヴィエラ (改訂履歴)、ヨーゼフ・ゲッベルス (改訂履歴)、マリア・テレジア (改訂履歴)、シャーリー・テンプル (改訂履歴)、ベーブ・ルース (改訂履歴)、アビタン (改訂履歴)、マリー・ゾフィー (両シチリア王妃) (改訂履歴)、エッパ・ハントン (改訂履歴)、ユストゥス・メーザー (改訂履歴)、ロリン・A・サーストン (改訂履歴)、アン (イギリス王女) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS