床暖房とは? わかりやすく解説

ゆか‐だんぼう〔‐ダンバウ〕【床暖房】


ゆかだんぼう 床暖房 floor heating


床暖房

床面熱源入れて暖房する方式輻射熱暖房するため室内温度差小さいことが特徴温水式電気式がある。床下への放熱防止するため床断熱が重要となる。

床暖房(ゆかだんぼう)

床下温水を通す、電気による発熱体を敷くなどの方法で行われる暖房のひとつ床面全体暖める放射式の暖房で、空気乾燥せず、足元から温まるため、快適性高く近年ログハウスにも多く取り入れられるようになってきた。暖房により床材乾燥しやすいため、床暖房を取り入れ場合には、専用の床仕上げ材や乾燥による変形起こらないタイルなどを使うことが望ましい。

床暖房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 17:15 UTC 版)

床暖房(ゆかだんぼう)とは、床を加温することで生じる熱伝導対流および放射を利用した暖房方法である。


  1. ^ ガス暖房にできること 西部ガス
  2. ^ http://www.healthyheating.com/History_of_Radiant_Heating_and_Cooling/History_of_Radiant_Heating_and_Cooling_Part_1.pdf
  3. ^ Zhuang, Zhi; Li, Yuguo; Chen, Bin; Jiye; Guo (2009), “Chinese kang as a domestic heating system in rural northern China—A review”, Energy and Buildings 41 (1): 111–119, doi:10.1016/j.enbuild.2008.07.013 


「床暖房」の続きの解説一覧

床暖房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 01:14 UTC 版)

Thin & Economical System」の記事における「床暖房」の解説

床の内部に温水が通るパイプ組み込まれた温水マットという完成品張り巡らし、床全体60度の温水暖める。床の表面温度25程度まで上がり低温火傷などの心配が無い。 敷設率が決まっており、戸建住宅において通常の広さについては床面積に対し7080%で設計をする。集合住宅においては1F最上階除き60 - 70%で設計をすることになっている。 床暖房の敷き設工法は大きくふたつに別れており、新築用の床暖房と既築住宅用後付床暖房(はやわざ)がある。仕上げ材も種類があり、フローリング仕上げコルク仕上げ・畳仕上げカーペット仕上げタイル仕上げなどがあり、在来工法浴室洗い場などにも敷設できる。

※この「床暖房」の解説は、「Thin & Economical System」の解説の一部です。
「床暖房」を含む「Thin & Economical System」の記事については、「Thin & Economical System」の概要を参照ください。


床暖房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 20:01 UTC 版)

ガス機器」の記事における「床暖房」の解説

加熱させた循環液を床下に通し、床材暖めることで室内温度上昇させる暖房方式温風暖房等では天井付近空間から温まるため、足元寒くなるという現象生じやすかった。これに対して床暖房では床材そのものが熱を発生させるため、そういったことは起こらないまた、人間居住する床面から高さ1m程度空間が最も温まりやすいため、無駄なエネルギー消費せず、ランニングコスト安くなるデメリットとしては、床材加熱するためにその材質が床暖房専用であることが望ましく選択の自由度が低いことが挙げられる。しかし、昨今では床暖房の普及進んだため建材メーカーからも多くの種類発売されており、従前のように選択肢少なすぎるという状況改善されている。他には、暖房開始してからの立ち上がり他の方に比べて最も遅く寒くなってからスイッチ入れたのでは間に合わないことも挙げられる通常タイマー設定による自動運転開始機能あるためこれを利用するか、立ち上がるまで他の暖房設備補助的に用い場合もある。

※この「床暖房」の解説は、「ガス機器」の解説の一部です。
「床暖房」を含む「ガス機器」の記事については、「ガス機器」の概要を参照ください。


床暖房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 03:45 UTC 版)

浴室暖房」の記事における「床暖房」の解説

色々な方法で床自体加温することにより浴室暖める暖房方法電気熱源とする電気式外部で温めた温水床下循環させる温水式高温空気床下循環させる温風式などがある。 長所 温水式の場合はランニングコストが安い。 温風吹出し口が無いので埃もたたず音が静か。室内空気攪拌しないので空気媒介とするウイルスなどが広がりにくい。 表面材をタイルなどのセラミックスとすることで、遠赤外線によって体をから温めることができ、快適な暖房効果得られる。 床が暖かくなっても、天井熱せられないため、頭寒足熱効果得られる短所 初期コストが高い。 長時間にわたり床に接していると低温やけど危険がある電気式の場合、電磁波発生するものがある床材熱伝導率低い木材が使用されることが多く適温になるまでに時間がかかる

※この「床暖房」の解説は、「浴室暖房」の解説の一部です。
「床暖房」を含む「浴室暖房」の記事については、「浴室暖房」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「床暖房」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「床暖房」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



床暖房と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

床暖房のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



床暖房のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの床暖房 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのThin & Economical System (改訂履歴)、ガス機器 (改訂履歴)、浴室暖房 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS