並木 五瓶とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 工芸家 > 名跡 > 並木 五瓶の意味・解説 

なみき‐ごへい【並木五瓶】

[1747~1808]江戸後期歌舞伎狂言作者初世大坂の人。並木正三弟子大坂および江戸劇壇活躍し、幕末までの歌舞伎隆盛をもたらした。写実的合理的作風で知られる。代表作五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)」「金門五山桐(きんもんごさんのきり)」など。

並木五瓶の画像
五瓶(中央)を描いた錦絵

並木 五瓶 (なみき ごへい)

1747〜1808 (延享4年文化5年)
歌舞伎作者上方歌舞伎江戸風アレンジ江戸歌舞伎発展基礎を作った。
歌舞伎作者大坂生まれ安政期、大坂活躍した後、江戸移り数多く傑作を残した。大坂で作った旧作下敷きに、江戸町人生活を描いた世話物仕立てて、名作次々と創作した。緻密な構成写実的合理的な作品は、上方生まれ歌舞伎芝居が、江戸歌舞伎としての独自性確立する基礎ともなった。浅草雷門風邪薬を商っていたことも有名。五瓶は4代続き、『勧進帳』を残したのは三世五瓶。

 年(和暦)
1764年 (明和元年) 江戸大火 17才
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 25
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 36
1789年 (寛政元年) 棄捐令 42
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 43
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 44
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 50
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 56
1806年 (文化3年) 大火 59
1808年 (文化5年) フェートン号事件 61


 人物
伊能 忠敬 1745年1818年 (延享2年文政元年) +2
長谷川 平蔵 1745年1795年 (延享2年寛政7年) +2
塙 保己一 1746年1821年 (延享3年文政4年) +1
司馬 江漢 1747年1818年 (延享4年文政元年) 0
大田 南畝 1749年1823年 (寛延2年文政6年) -2
蔦谷 重三郎 1750年1797年 (寛延3年寛政9年) -3
笠森 お仙 1751年1827年 (宝暦元年文政10年) -4
桂川 甫周 1751年1809年 (宝暦元年文化6年) -4
喜多川 歌麿 1753年1806年 (宝暦3年文化3年) -6

並木五瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/23 03:17 UTC 版)

並木 五瓶(なみき ごへい)は、歌舞伎狂言作者の名跡


  1. ^ a b c d e f g h i j k l 岡本勝雲英末雄編 『新版 近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、441頁。 
  2. ^ 野崎左文『増補私の見た明治文壇1』平凡社、2007年、150p。


「並木五瓶」の続きの解説一覧



並木 五瓶と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「並木 五瓶」の関連用語

並木 五瓶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



並木 五瓶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの並木五瓶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS