松平 定信とは?

まつだいらさだのぶ まつだひら- 【松平定信】 ○

(1758~1829) 江戸後期老中陸奥(むつ)白河藩主。田安宗武の子松平定邦養子。号は楽翁。藩政尽力天明の飢饉(ききん)に藩内で餓死者を出さなかったという。田沼意次失脚後,老中となり寛政の改革主導した。著「花月草紙」「宇下人言(うげのひとこと」ほか。

松平 定信 (まつだいら さだのぶ)

1758〜1829 (宝暦8年文政12年)
老中田沼意次の後、寛政の改革断行したが、わずか6年失脚
白河藩主。徳川吉宗の孫。26歳で白河藩主となり、天明の飢饉では的確な藩政餓死者を出さず、名君と讃えられた。田沼意次失脚させ、1787年老中となり十一代将軍家斉を補佐した。農村崩壊財政破綻外国船接近など、問題山積幕政打開のため、寛政の改革を行った。しかし、はじめは期待された改革もうまく機能せず、家斉と対立老中解任された。その後は藩内で文教政策推進した。

 年(和暦)
1764年 (明和元年) 江戸大火 6才
1772年 (安永元年) 目黒行人坂火事 14才
1783年 (天明3年) 浅間山噴火 25
1789年 (寛政元年) 棄捐令 31
1790年 (寛政2年) 石川島人足寄場設置 32
1791年 (寛政3年) 江戸市中銭湯男女混浴禁止 33才
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 39
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 45
1806年 (文化3年) 大火 48
1808年 (文化5年) フェートン号事件 50
1825年 (文政8年) 異国船打払令 67
1828年 (文政11年) シーボルト事件 70
1829年 (文政12年) 江戸大火 71


 人物
喜多川 歌麿 1753年1806年 (宝暦3年文化3年) +5
鶴屋 南北 1755年1829年 (宝暦5年文政12年) +3
大槻 玄沢 1757年1827年 (宝暦7年文政10年) +1
葛飾 北斎 1760年1849年 (宝暦10年嘉永2年) -2
山東 京伝 1761年1816年 (宝暦11年文化13年) -3
酒井 抱一 1761年1828年 (宝暦11年文政11年) -3
高橋 至時 1764年1804年 (明和元年文化元年) -6

松平定信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 07:22 UTC 版)

松平 定信(まつだいら さだのぶ)は、江戸時代中期の大名老中陸奥国白河藩3代藩主。定綱系久松松平家9代当主。江戸幕府8代将軍徳川吉宗の孫に当たる。1787年から1793年まで寛政の改革を行った。定信は田沼の政策の経済政策をことごとく覆したとしばし言われるが、しかし近年では田沼政権との連続面があったことも重視される[2]




注釈

  1. ^ 老中首座に就任した同じ月に描かれた定信30歳時の自画像。画像には入っていないが、画面右上に「撥乱而反正 賞善而罰悪」(乱をおさめて正にかえし、善を賞して悪を罰す)という定信の改革に対する決意が記されている。定信の肖像にはこの他に、定信自筆の頭部のみの自画像を元に、松平定永が狩野養信に命じて全身の肖像画を描かせた「松平楽翁像[1]」(福島県立博物館蔵)もある(桑名市・白河市合同企画展実行委員会編集・発行 『桑名市・白河市合同特別企画展 「大定信展 ─松平定信の軌跡─」』 2015年8月7日、34,84-85頁)。
  2. ^ 久松松平家は御連枝ではなく、譜代の家柄である。ただし、後に親藩扱いとなる。
  3. ^ 松平定信は物価論などの著書において「人々が利益ばかりを追求し、煙草を作ったり、養蚕をしたり、また藍や紅花を作るなどして地力を無駄に費やし、常に少ない労力で金を多く稼ぐことを好むので、米はいよいよ少なくなっている。農家も今は多く米を食べ、酒も濁り酒は好まず、かつ村々に髪結床などもあり、農業以外で生計を立てようとしている」「近年水害なども多く、豊作とよばれる年は数えるほどで、傾向として米は年をおって減少している。その減少した上に不時の凶作があれば、どれほど困難な事態が生じるであろうか。恐ろしいことである」と述べている
  4. ^ 同時期のヨーロッパでは、1792年4月20日フランスオーストリアに宣戦布告してフランス革命戦争が勃発すると、フランスの隣に位置するオーストリア領ネーデルラントも戦場となった。このことは、極東の千島オランダ東インド会社1643年に領土宣言をして以来、長崎との南北二極で日本列島を挟み他の欧米諸国を寄せ付けなかったオランダの海軍力が手薄になったことを意味した。更にロシアが南下を開始し、1792年9月3日、日本人漂流民である大黒屋光太夫らの返還と交換に日本との通商を求めるのアダム・ラクスマン根室に来航した。翌1793年、オランダの戦況はフランス軍による制圧の様相がますます強まり、フランス革命戦争はヨーロッパ全域に波及する勢いで広がっていた。
  5. ^ 尊号一件は、成長した家斉が、厳格で形式を重んじる定信を嫌い、疎んじていた時に、タイミングよく起きた事件を巧みに利用して、定信を遠ざけたのだという指摘もある。
  6. ^ 一方で国外では、オランダ正月を祝った月に、オランダ共和国が滅亡し、代わってフランスの衛星国「バタヴィア共和国」が建国を宣言した。そして1797年、オランダ東インド会社はアメリカ船と傭船契約を結び、滅亡したオランダの国旗を掲げさせて長崎での貿易を継続することになった。しかし、1799年にオランダ東インド会社も解散した。雇い主を失ったオランダ商館は、なおもオランダ国旗を掲げさせたアメリカ船と貿易を続けた。
  7. ^ 田沼が丁銀から南鐐二朱銀への改鋳を推し進めた結果、秤量銀貨の不足による銀相場高騰を招き、天明6年(1786年)には金1両=銀50匁に至ることとなり、江戸の物価は高騰した。凶作による商品の供給不足もあり、年号とかけて「年号は安く永しと変われども、諸色高直(こうじき)いまにめいわく(明和9/迷惑)」と狂歌が歌われた。また歴史学者の西川俊作は、自書「日本経済の成長史」の中で二朱銀の流通がゆっくりとしか拡大しなかったことから、意次の目的は、貨幣制度の統一ではなく、専ら貨幣発行益を獲得することにあったと結論付けている。
  8. ^ 1780年代、田沼が銭を大量発行したことで銭安になっており、西日本では計算通貨として秤量銀貨を使った方が有利だった。また、基本的に銭しか使わない庶民は銭安に苦しんだ。
  9. ^ 寛政の改革以前は山田羽書には準備金はなく、御師個人の信用と不動産の保証のみであったが、寛政の改革以降は大阪城に保管された羽書株仲間の上納積立金計8,080両と、羽書取締役6名の上納金5,500両の正貨準備金を保持することになるなど、より近代的な仕様となり信用強化が行われている。また、羽書の発行限度も原則として20,200両とされていたが寛政の改革で山田奉行管轄となった時には発行高は28.283両余と、8.083 両余の空札が出ていた為、全ての空札を銷却を命じられるなど、信用崩壊の危機を脱している。

出典

  1. ^ a b 故上杉輝虎外四名贈位ノ件」 アジア歴史資料センター Ref.A10110299500 
  2. ^ a b 高木 久史 (2016). 通貨の日本史 - 無文銀銭、富本銭から電子マネーまで. 中公新書 
  3. ^ 定信伝記『守国公御伝記』
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 高澤憲治 著、日本歴史学会 編集 『松平定信』吉川弘文館人物叢書〉、2012年。
  5. ^ a b 吉田 元 (1992). “御免関東上酒 埼玉の旧家の記録から”. 日本醸造協会誌 87 巻 2 号: p. 116-123. 
  6. ^ 続徳川実紀』 - 文恭院殿御実紀
  7. ^ 徳川黎明会徳川林政史研究所 (2006). 江戸時代の古文書を読む―寛政の改革. 東京堂出版. p. 8 
  8. ^ 藤田覚 (2018). 勘定奉行の江戸時代. ちくま新書 
  9. ^ 辻善之助 1980, pp. 345-357, 解説 佐々木潤之介.
  10. ^ 藤田覚 2002, pp. 17-29, 「享保の改革」.
  11. ^ 磯崎康彦. “生誕250年・松平定信公伝 15”. 福島民友. 2020年5月13日閲覧。
  12. ^ 森銑三 「楽翁公の戯作」『森銑三著作集』第十一巻、中央公論社、1989年、ISBN 978-4-12-402781-5
  13. ^ 内藤正人 『大名たちが愛でた逸品・絶品 浮世絵再発見』 小学館、2005年、159-173頁、ISBN 978-4-09-387589-9
  14. ^ 渋沢栄一『楽翁公伝』 岩波書店、1937年、17頁。
  15. ^ 杉本竜 「松平定信の絵画印章について」(桑名市・白河市合同企画展実行委員会編集・発行 『桑名市・白河市合同特別企画展 「大定信展 ─松平定信の軌跡─」』 2015年8月7日、114-118頁。
  16. ^ 山本博文著 『武士の評判記』 新人物ブックス、14-17頁、ISBN 978-4-404-03981-1。同『江戸の組織人』 新潮文庫、151 - 152頁、ISBN 978-4-10-116444-1
  17. ^ 国立国会図書館近代デジタルライブラリー『集古十種』





松平 定信と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松平 定信」の関連用語

松平 定信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松平 定信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松平定信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS