松平 春嶽とは?

まつだいら‐しゅんがく〔まつだひら‐〕【松平春岳】

松平慶永(よしなが)


松平春嶽

読み方まつだいら

福井藩松平家十六当主江戸生。父は田安斉匡松平斎善の嗣となる。名は慶永、字は公寧、別号に礫川・栄井・渚鷗等。政事総裁職就任一橋慶喜とともに中江雪江横井小楠用いて幕政改革着手公武合体主張した。維新後議定内国事務総督民部卿大蔵卿などを歴任。著に『逸事史補』等。明治23年(1890)歿、63才。

松平 春嶽 (まつだいら しゅんがく)

1828〜1890 (文政11年明治23年)
政治家日本世界進出夢見て、慶喜とともに幕政改革
田安家出身福井藩主。名は慶永、春嶽は号。有能人材門閥とらわれず登用開明的政策をとり名君と称された。将軍継嗣問題では一橋慶喜推すが、井伊直弼により隠居謹慎を命じられ、江戸霊岸島幽閉される。1862年勅旨より政総裁職として慶喜とともに復帰慶喜文久幕政改革をたすけ、世界との通商による日本富国強兵主張した。王政復古後は、幕府朝廷の間に立って慶喜政権参加尽力明治新政府の議定大蔵卿など要職を担った。

 年(和暦)
1828年 (文政11年) シーボルト事件 0才
1829年 (文政12年) 江戸大火 1才
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 2才
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 9才
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 11
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 25
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 27
1858年 (安政5年) 安政の大獄 30
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 32
1862年 (文久2年) 生麦事件 34
1863年 (文久3年) 薩英戦争 35
1867年 (慶応3年) 大政奉還 39
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 40
1869年 (明治2年) 版籍奉還 41
1871年 (明治4年) 廃藩置県 43
1871年 (明治4年) 解放令 43
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 45
1876年 (明治9年) 廃刀令 48
1877年 (明治10年) 西南戦争 49
1877年 (明治10年) 東京大学設立 49
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 54
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 55
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 61


 人物
勝 海舟 1823年1899年 (文政6年明治32年) +5
Boissonade G. E. 1825年1910年 (文政8年明治43年) +3
梅若  実 1828年1909年 (文政11年明治42年) 0
高橋 由一 1828年1894年 (文政11年明治27年) 0
仮名垣 魯文 1829年1894年 (文政12年明治27年) -1
吉田 松陰 1830年1859年 (天保元年安政6年) -2
中村 正直 1832年1891年 (天保3年明治24年) -4
近藤 勇 1834年1868年 (天保5年明治元年) -6
Roesler K. 1834年1894年 (天保5年明治27年) -6

松平春嶽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 02:05 UTC 版)

松平 春嶽(まつだいら しゅんがく)は、幕末から明治初期にかけての大名、政治家。越前国福井藩16代藩主[注釈 1]


注釈

  1. ^ 一般には福井藩第3代と数える松平忠昌以降を別系統(別藩)と捉えると第14代となる。

出典

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)26頁
  2. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  3. ^ NHK『その時歴史が動いた』「秘録・幻の明治新政府〜維新を変えた激動の27日間〜」2004年11月10日放送[出典無効]
  4. ^ 『越前松平試農場史』
  5. ^ 角鹿尚計「松平春嶽をめぐる女性たち 3―華族夫人として生涯を全うした春嶽の愛娘―」福井市立郷土歴史博物館『DAYORI』22、2009年10月。福井県文書館資料叢書4-8『越前松平家家譜 慶永』1-5、2007-2011年


「松平春嶽」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松平 春嶽」の関連用語

松平 春嶽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松平 春嶽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松平春嶽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS