吉田 松陰とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > 吉田 松陰の意味・解説 

よしだ‐しょういん【吉田松陰】

1830〜1859]幕末思想家尊王論者長州藩士。名は矩方(のりかた)。通称寅次郎欧米遊学を志し、ペリーの船で密航企てたが失敗して入獄出獄後、松下村塾開き高杉晋作伊藤博文らの多く維新功績者を育成安政の大獄刑死


よしだ‐しょういん【吉田松陰】


吉田松陰 (よしだしょういん)

江戸時代終わり萩藩志士[しし]の1人です。松下村塾しょうかそんじゅく]で高杉晋作たかすぎしんさく]や久坂玄端[くさかげんずい]など後に活躍した人たちを教えていました。しかし、幕府にとらえられ、刑死しました


よしだしょういん 【吉田松陰】

幕末尊王論者思想家長州藩士。名は矩方。兵学学び長崎江戸遊学佐久間象山師事した。ペリー再来の時、密航企てて、下獄。のち自邸内に松下村塾開き高杉晋作久坂玄瑞伊藤博文維新指導者育成安政の大獄連座刑死した。主著『講孟余話』は『孟子』の評釈書で、冒頭に「聖賢に阿らぬこと要なり」とあり、孟子借りて自らの思想を語る。(一八三〇五九)

吉田松陰

作者海音寺潮五郎

収載図書幕末動乱男たち改版
出版社新潮社
刊行年月2008.4
シリーズ名新潮文庫


吉田松陰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 01:08 UTC 版)

吉田 松陰(よしだ しょういん、文政13年8月4日1830年9月20日〉 - 安政6年10月27日1859年11月21日〉)は、江戸時代後期の日本武士長州藩士)、思想家教育者山鹿流兵学師範。明治維新の精神的指導者理論者。「松下村塾」で明治維新に重要な働きをする多くの若者へ影響を与えた。


注釈

  1. ^ 11代将軍・徳川家斉を太政大臣に任じた詔書で、家斉が京都へ参内せず江戸城で詔を受けた無礼を悲憤慷慨した文
  2. ^ 賀茂神社の神官・玉田永教(たまだ ながのり)が論じた国体論
  3. ^ (3月28日)。この密航事件に連座して佐久間象山も投獄されている(4月6日)。
  4. ^ 高杉と久坂を村塾の双璧、これに吉田、入江を加えて松門四天王などと称される。
  5. ^ その一人だった伊藤博文は初代内閣総理大臣歴任の後、1905年に初代韓国統監となって李氏朝鮮(この時点では大韓帝国)の保護国化を行い、1910年の日韓併合に道筋を付けた後の1909年に満州北部のハルビン市で暗殺された。
  6. ^ 「松陰の写真と称するものの鑑定を乞ふ。曰く、全然異人なり」[13]

出典

  1. ^ 『官報』第1683号「叙任及辞令」1889年2月12日。
  2. ^ 古川薫全訳注『吉田松陰 留魂録』、徳間書店、p161-162
  3. ^ 海原徹 2003, pp. 25–26.
  4. ^ 「兵法者の生活」第六章.幕末兵法武道家の生涯 二.山鹿素水の業績(P217-220)
  5. ^ 川口雅昭『吉田松陰』[要ページ番号]
  6. ^ 村上一郎『草莽論』ちくま学芸文庫、2018年、P.209。
  7. ^ 吉田松陰全集1 岩波書店刊
  8. ^ 北海道大学大学院文学研究科 研究論集 第13号379ページ
  9. ^ 北海道大学大学院文学研究科 研究論集 第13号380ページ
  10. ^ 副島隆彦.日本の歴史を貫く柱(PHP文庫)
  11. ^ 『吉田松陰全集 第12巻 渡邊嵩蔵』
  12. ^ 国立国会図書館 吉田松陰 | 近代日本人の肖像
  13. ^ 広瀬豊「渡辺嵩蔵談話第二」1931年4月、大和書房版『吉田松陰全集』10巻、365頁
  14. ^ ご利用について|近代日本人の肖像
  15. ^ 『唱義聞見録』
  16. ^ 『吉田松陰全集』
  17. ^ 『逸話文庫 : 通俗教育. 志士の巻』P96
  18. ^ 『吉田松陰全集』
  19. ^ 『吉田松陰全集』
  20. ^ 『吉田松陰全集』
  21. ^ 『吉田松陰全集』
  22. ^ 『吉田松陰全集』
  23. ^ 『吉田松陰全集』
  24. ^ 『吉田松陰全集』
  25. ^ 『吉田松陰全集』
  26. ^ 『吉田松陰全集』
  27. ^ 『吉田松陰全集』
  28. ^ 『吉田松陰全集』
  29. ^ 『吉田松陰全集』
  30. ^ 『吉田松陰全集』
  31. ^ 『松陰とその門下』
  32. ^ 杉氏系譜





吉田 松陰と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「吉田 松陰」の関連用語

吉田 松陰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



吉田 松陰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2022,Hofu Virtual Site Museum,Japan
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉田松陰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS