門閥とは?

もん‐ばつ【門閥】

《「閥」は功を門に掲げて示す

世間認めている、家の格づけ。家柄家格門地

家柄のよい家が、互いに血縁関係を結んでつくった閥。

門閥家(か)」の略。


閨閥

(門閥 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 15:51 UTC 版)

閨閥(けいばつ)とは、外戚妻方の親類)を中心に形成された血縁婚姻に基づく親族関係、又はそれから成す勢力、共同体、仲間などを指す[1][2]。もともとは中国語で「閨」の意味は夜、寝るための部屋のこと。婚姻は政略結婚[3]も含み、政界財界官界さらには王室貴族に属す一族が自身や血族の影響力の保持および増大を目的に、婚姻関係を用いて構築したネットワークを門閥(もんばつ)と呼ぶこともある[4]


  1. ^ 『広辞苑 第四版』、793頁。
  2. ^ デジタル大辞泉(けい‐ばつ / 閨閥) 小学館 2018年01月01日閲覧
  3. ^ 政治、経済、官僚組織などはそれぞれの分野に強みや弱みがあり、各々分野に秀でた一族がそれらを補完し合うため行われる。家同士の互助であるから、必然的に有力な家同士の婚姻が成立する。
  4. ^ 『広辞苑 第四版』、2561頁。
  5. ^ 広瀬隆『赤い楯―ロスチャイルドの謎』 1991年11月 集英社 系図85 イギリス・フランスの歴代首脳と現代大富豪の血族関係
  6. ^ 吉川弘文館 『標準 世界史年表』
  7. ^ アメリカ対日協議会の母体となったニューズウィーク所有者のハリマン家、アスター家、メロン家、モルガン家などは代表的である。
  8. ^ 広瀬隆『地球のゆくえ』 集英社 1994年7月 系図16 国連に仕組まれたPKO
    登場人物にアーガー・ハーン3世ピーター・キャリントン (第6代キャリントン男爵)ブトロス・ブトロス=ガーリエヴェリン・ロバート・ド・ロスチャイルドなど。
  9. ^ 広瀬隆 『持丸長者 日本を動かした怪物たち 幕末・維新編』『持丸長者 国家狂乱編』
  10. ^ 広瀬隆 『持丸長者 戦後復興篇』
  11. ^ 選択」2007年2月号、選択出版
  12. ^ 学者の閨閥を形成している箕作家佐藤朝泰著『門閥―旧華族階層の復権』(立風書房1987年4月10日第1刷発行、ISBN 4-651-70032-2)及び小谷野敦著『日本の有名一族―近代エスタブリッシュメントの系図集』(幻冬舎幻冬舎新書〉、2007年9月30日第1刷発行、ISBN 978-4-344-98055-6)で取り上げられており、芸能人の閨閥を形成しているマキノ家も小谷野著『日本の有名一族』で取り上げられている。


「閨閥」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「門閥」の関連用語

門閥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



門閥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの閨閥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS