高橋 由一とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 高橋 由一の意味・解説 

たかはし‐ゆいち【高橋由一】

読み方:たかはしゆいち

[1828〜1894]洋画家江戸生まれ初め川上冬崖(かわかみとうがい)、のちワーグマン師事明治6年(1873)私塾、天絵(てんかいろう)を創立油彩による写実追求。作「花魁(おいらん)」「」など。


高橋 由一 (たかはし ゆいち)

1828〜1894 (文政11年明治27年)
洋画家】 「絵事精神ノ為ス業ナリ物の実存に、油彩画通して迫った天才画家
幕末?明治期洋画家江戸佐野藩邸に生まれる。はじめ狩野派を学ぶが、石盤洋画志し1862年文久2)蕃書調所画学局に入り川上冬崖とうがい)に指導をうけた。その後横浜英国人特派画家ワーグマン師事72年明治5)の「花魁」では吉原遊女リアルに描いた73年明治6)日本橋浜町私塾天絵てんかいろう)を設立後進の指導にあたる。片反身をそいだ塩鮭描いた」はその代表作一貫して写実的な描写通した

 年(和暦)
1828年 (文政11年) シーボルト事件 0才
1829年 (文政12年) 江戸大火 1才
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 2才
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 9才
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 11
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 25
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 27
1858年 (安政5年) 安政の大獄 30
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 32
1862年 (文久2年) 生麦事件 34
1863年 (文久3年) 薩英戦争 35
1867年 (慶応3年) 大政奉還 39
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 40
1869年 (明治2年) 版籍奉還 41
1871年 (明治4年) 廃藩置県 43
1871年 (明治4年) 解放令 43
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 45
1876年 (明治9年) 廃刀令 48
1877年 (明治10年) 西南戦争 49
1877年 (明治10年) 東京大学設立 49
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 54
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 55
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 61
1894年 (明治27年) 日清戦争 66


勝 海舟 1823年1899年 (文政6年明治32年) +5
Boissonade G. E. 1825年1910年 (文政8年明治43年) +3
梅若  実 1828年1909年 (文政11年明治42年) 0
松平 春嶽 1828年1890年 (文政11年明治23年) 0
仮名垣 魯文 1829年1894年 (文政12年明治27年) -1
吉田 松陰 1830年1859年 (天保元年安政6年) -2
中村 正直 1832年1891年 (天保3年明治24年) -4
近藤 勇 1834年1868年 (天保5年明治元年) -6
Roesler K. 1834年1894年 (天保5年明治27年) -6

高橋由一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/07 06:56 UTC 版)

高橋 由一(たかはし ゆいち、文政11年2月5日1828年3月20日〉- 明治27年〈1894年7月6日)は、江戸生まれの日本洋画家[1]狩野派を学んだ後に洋画の道へと邁進し、川上冬崖チャールズ・ワーグマンアントニオ・フォンタネージらに師事する[1]。1873年には画塾天絵社を創設し、淡島椿岳川端玉章といった洋画家を輩出した[2]。代表作には重要文化財に指定されている『』や『花魁』などがあり、近代日本洋画における開拓者と位置付けられている[1]


注釈

  1. ^ 干支戊子であったが、ネズミは家風に合わないとして前年の干支にちなんで付けられたと見られる[4]
  2. ^ 裏書に「これは高橋由一の四十才ころの肖像なり 源吉妻 高橋たか 七十才」とあり、後に記されたものであるため、由一の肖像ではないという説や別の人物の手による作品であるとする説などもある[14]
  3. ^ エゴマの種子から採取した油に銀密陀を加えたもの[21]
  4. ^ 「一日上官ノ一名由一ニ異見スラク、君ハ終始理屈ニ富メリ、其思想好カラザルニアラズ、然シナガラ理屈ヲ吐ク寸隙ニモ、写法ヲ研究スルガ得益ナラン」[23]
  5. ^ 「絵事ハ精神ノ為ス業ナリ、理屈ヲ以テ精神ノ汚濁ヲ除去シ、始テ真正ノ画学ヲ勉ムベシ」[23]
  6. ^ 画家の岸田劉生やオペラ歌手の岸田辰彌の父親で、和英辞典『和英語林集成』編纂のためにヘボンのもとに滞在していた[25]
  7. ^ 印刷技術などを研究していた開成所の教授[27]
  8. ^ 1832年にロンドンで生まれたチャールズ・ワーグマンは由一の4歳年下の人物であり、イラストレイテド・ロンドン・ニュース社の特派員兼、現地のスケッチを本国に送る画家として文久元年(1861年)に来日した[28]。日本での生活に溶け込んだワーグマンは翌年には日本最初の漫画雑誌『ジャパン・パンチ』を創刊し、文久3年(1863年)には日本人女性と結婚し、子を設けている[29]
  9. ^ 横浜居留地で競売業を営んでいたラファエル・ショイヤーの妻であったが、夫が急死したため画家として日本で生計を立てていた人物[35]川上冬崖下岡蓮杖も彼女に師事した経験を持つ[35]
  10. ^ 二分金1枚、当時の相場で白米10キログラムに相当する[55]
  11. ^ 江戸詰定府であった高橋家は、敷地内に設けられた長屋に一家揃って居住していたと土方は分析している[95]

出典

  1. ^ a b c 高橋由一』 - コトバンク
  2. ^ a b 吉田 2012, pp. 89–91.
  3. ^ a b c 歌田 2002, p. 45.
  4. ^ a b c 吉田 2012, p. 13.
  5. ^ a b 青木編註 1984, p. 474.
  6. ^ a b 吉田 2012, p. 14.
  7. ^ a b c d e 歌田 2002, p. 46.
  8. ^ 吉田 2012, p. 17.
  9. ^ 吉田 2012, p. 15.
  10. ^ a b 吉田 2012, p. 45.
  11. ^ a b c d 青木編註 1984, p. 475.
  12. ^ 吉田 2012, p. 18.
  13. ^ 吉田 2012, p. 19.
  14. ^ 日動美術財団 2015, p. 29.
  15. ^ 吉田 2012, p. 22.
  16. ^ 吉田 2012, p. 23.
  17. ^ 吉田 2012, p. 24.
  18. ^ a b 吉田 2012, p. 25.
  19. ^ 吉田 2012, p. 26.
  20. ^ a b 吉田 2012, p. 30.
  21. ^ a b c d e 吉田 2012, p. 29.
  22. ^ 吉田 2012, p. 31.
  23. ^ a b c 歌田 2002, p. 48.
  24. ^ 吉田 2012, p. 28.
  25. ^ a b 吉田 2012, p. 34.
  26. ^ 吉田 2006, p. 101.
  27. ^ a b c 吉田 2012, p. 35.
  28. ^ 吉田 2012, pp. 41–42.
  29. ^ 吉田 2012, p. 43.
  30. ^ 吉田 2012, p. 36.
  31. ^ a b c 歌田 2002, p. 49.
  32. ^ a b 吉田 2012, p. 37.
  33. ^ 吉田 2012, p. 38.
  34. ^ 吉田 2012, pp. 47–48.
  35. ^ a b c 吉田 2012, p. 46.
  36. ^ 吉田 2012, p. 51.
  37. ^ 吉田 2012, p. 52.
  38. ^ 吉田 2012, p. 57.
  39. ^ 吉田 2012, p. 58.
  40. ^ 吉田 2012, pp. 59–60.
  41. ^ a b 吉田 2012, p. 60.
  42. ^ 歌田 2002, pp. 49–50.
  43. ^ 吉田 2012, pp. 60–61.
  44. ^ 吉田 2012, p. 67.
  45. ^ 吉田 2012, p. 78.
  46. ^ 吉田 2012, p. 81.
  47. ^ a b 吉田 2012, p. 86.
  48. ^ 吉田 2012, p. 82.
  49. ^ a b 土方 1972, p. 127.
  50. ^ a b 吉田 2012, p. 88.
  51. ^ 土方 1972, p. 126.
  52. ^ 吉田 2012, p. 89.
  53. ^ 吉田 2012, p. 91.
  54. ^ a b 吉田 2012, p. 93.
  55. ^ 吉田 2012, p. 94.
  56. ^ 吉田 2012, pp. 94–95.
  57. ^ 吉田 2012, p. 95.
  58. ^ 吉田 2012, p. 98.
  59. ^ a b 吉田 2012, p. 100.
  60. ^ 吉田 2012, p. 106.
  61. ^ 吉田 2012, p. 103.
  62. ^ a b 吉田 2012, p. 104.
  63. ^ a b 吉田 2012, p. 112.
  64. ^ 伊藤 2015, p. 29.
  65. ^ a b 吉田 2012, pp. 115–116.
  66. ^ 吉田 2012, p. 122.
  67. ^ 吉田 2012, p. 123.
  68. ^ 吉田 2012, p. 126.
  69. ^ 吉田 2012, p. 129.
  70. ^ a b 吉田 2012, p. 130.
  71. ^ 菊畑 2003, p. 51.
  72. ^ a b 菊畑 2003, p. 52.
  73. ^ a b 吉田 2012, p. 131.
  74. ^ 吉田 2012, p. 137.
  75. ^ a b 吉田 2012, p. 146.
  76. ^ 吉田 2012, p. 148.
  77. ^ 吉田 2012, pp. 152–155.
  78. ^ 吉田 2012, p. 156.
  79. ^ a b c 吉田 2012, p. 158.
  80. ^ 吉田 2012, pp. 174–178.
  81. ^ a b c 歌田 2002, p. 71.
  82. ^ 歌田 2002, p. 72.
  83. ^ 歌田 2002, p. 74.
  84. ^ 歌田 2002, p. 75.
  85. ^ 歌田 2002, p. 78.
  86. ^ a b c 歌田 2002, p. 79.
  87. ^ a b c 吉田 2012, p. 162.
  88. ^ a b c d 吉田 2012, p. 163.
  89. ^ a b 吉田 2012, p. 164.
  90. ^ 鮭〈高橋由一筆/油絵 紙〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2024年2月11日閲覧。
  91. ^ 花魁〈高橋由一筆/油絵 麻布〉”. 国指定文化財等データベース. 文化庁. 2024年2月11日閲覧。
  92. ^ a b 吉田 2006, p. 76.
  93. ^ 土方 1972, p. 237.
  94. ^ a b c 吉田 2006, p. 77.
  95. ^ 吉田 2006, p. 79.
  96. ^ 青木編註 1984, p. 487.
  97. ^ a b c d e f 吉田 2012, p. 161.
  98. ^ 土方 1972, p. 239.
  99. ^ 吉田 2012, p. 113.
  100. ^ 菊畑 2003, p. 53.
  101. ^ 青木編註 1984, p. 477.
  102. ^ 土方 1972, p. 7.
  103. ^ 吉田 2006, p. 75.
  104. ^ 菊畑 2003, p. 34.
  105. ^ 菊畑 2003, p. 42.
  106. ^ 北澤 2019, p. 133.
  107. ^ 辻他 1992, p. 116.
  108. ^ 神戸市立小磯記念美術館編集・発行 『神戸市立博物館所蔵 洋画コレクション』 2018年5月22日、第2図。
  109. ^ ウッドワン美術館編集発行 『ウッドワン美術館 名品選集』 2017年9月、pp.92-93,219。
  110. ^ a b 宮内庁三の丸尚蔵館編集 『明治美術の一断面 ―研ぎ澄まされた技と美 三の丸尚蔵館展覧会図録NO.82』 宮内庁、2018年11月3日、第22-23図。
  111. ^ a b 神奈川県立近代美術館編集・発行 『「美は蘇る 検証・二枚の西周像―高橋由一から松本竣介まで」展 図録』 2013年。


「高橋由一」の続きの解説一覧

「高橋 由一」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



高橋 由一と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高橋 由一」の関連用語

高橋 由一のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高橋 由一のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2024 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高橋由一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS