仮名垣 魯文とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 小説家・作家 > 戯作者 > 仮名垣 魯文の意味・解説 

仮名垣 魯文 (かながき ろぶん)

1829〜1894 (文政12年明治27年)
ジャーナリスト文明開化世相軽妙タッチ風刺毒婦ものが大人気に。
明治期戯作者新聞記者本名野崎文蔵江戸生れ1860年万延元)に「滑稽富士詣」で売りだし、明治維新後は「西洋道中膝栗毛」「安愚楽鍋あぐらなべ)」で、維新後文学空白期を埋めた。72年明治5)敬神愛国などを謳った三条の教憲発布の際、山々亭有人ありんど)と「著作道書上ゲ」を上申以後戯作者からジャーナリスト転身75年仮名読(かなよみ)新聞」を創刊、「高橋阿伝夜刃譚おでんやしやものがたり)」などの毒婦悪婦もので読者魅了した。

 年(和暦)
1829年 (文政12年) 江戸大火 0才
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 1才
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 8才
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 10
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 24
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 26
1858年 (安政5年) 安政の大獄 29
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 31
1862年 (文久2年) 生麦事件 33才
1863年 (文久3年) 薩英戦争 34
1867年 (慶応3年) 大政奉還 38
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 39
1869年 (明治2年) 版籍奉還 40
1871年 (明治4年) 廃藩置県 42
1871年 (明治4年) 解放令 42
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 44
1876年 (明治9年) 廃刀令 47
1877年 (明治10年) 西南戦争 48
1877年 (明治10年) 東京大学設立 48
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 53
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 54
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 60
1894年 (明治27年) 日清戦争 65


 人物
勝 海舟 1823年1899年 (文政6年明治32年) +6
Boissonade G. E. 1825年1910年 (文政8年明治43年) +4
梅若  実 1828年1909年 (文政11年明治42年) +1
松平 春嶽 1828年1890年 (文政11年明治23年) +1
高橋 由一 1828年1894年 (文政11年明治27年) +1
吉田 松陰 1830年1859年 (天保元年安政6年) -1
中村 正直 1832年1891年 (天保3年明治24年) -3
近藤 勇 1834年1868年 (天保5年明治元年) -5
Roesler K. 1834年1894年 (天保5年明治27年) -5
橋本 雅邦 1835年1908年 (天保6年明治41年) -6
土方 歳三 1835年1869年 (天保6年明治2年) -6

仮名垣魯文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/15 22:54 UTC 版)

仮名垣 魯文(かながき ろぶん、1829年2月9日文政12年1月6日) - 1894年明治27年)11月8日)は、江戸末期から明治初頭にかけての戯作者新聞記者。江戸京橋生まれ。本名は野崎文蔵、字は能連、幼名兼吉、また庫七、後に文蔵と改めた。別号に鈍亭猫々道人(みょうみょうどうじん)、和堂開珍英魯文戯作書太郎野狐庵。俳号は香雨亭応一、狂名は斜月窗諸兄。


  1. ^ 柳田泉『啓蒙期文学』岩波書店、1959年、68p。
  2. ^ a b 小林智賀平校注『安愚楽鍋』岩波文庫 1967年
  3. ^ 伊藤整『近代日本人の発想の諸形式』岩波文庫 1981年(近代日本の作家の生活)


「仮名垣魯文」の続きの解説一覧



仮名垣 魯文と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仮名垣 魯文」の関連用語

仮名垣 魯文のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仮名垣 魯文のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮名垣魯文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS