幕政改革とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 改革 > 幕政改革の意味・解説 

幕政改革

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 13:52 UTC 版)

幕政改革(ばくせいかいかく)は、江戸時代幕府が実施した、財政および政治制度その他の諸改革を指す。俗に、享保の改革寛政の改革天保の改革をもって「江戸幕府の三大改革」と呼ばれるが、これ以外にも、大規模な財政・制度改革は幾度にも亘って行われている。


  1. ^ 元禄7年(1694年)の「御蔵入高並御物成元払積書」によれば、幕府領からの年貢米は146万石で金額にすると1,165,500両。一方歳出は1,274,550両に上り、約10万両の赤字であった。歳出内訳のうち作事(公共工事)の総額が224,600両と突出しており、これが赤字の主因とみられる。深井2012、45頁。
  2. ^ #関山、p.p.63.


「幕政改革」の続きの解説一覧



幕政改革と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幕政改革」の関連用語

幕政改革のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



幕政改革のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幕政改革 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS