鍋島直孝とは?

鍋島直孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/04 13:28 UTC 版)

鍋島 直孝(なべしま なおたか、文化6年(1809年)5月 - 万延元年(1860年)4月)は、江戸時代後期の旗本江戸北町奉行通称は初め帯刀(たてわき)、内匠(たくみ)、内匠頭(たくみのかみ)。室はクマ(黒田直方の娘で本多正意養女)。子に、直影(餅ノ木家第11代)、今(鍋島直正養女、鍋島茂生室)。






「鍋島直孝」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鍋島直孝」の関連用語

鍋島直孝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鍋島直孝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鍋島直孝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS