高島秋帆とは?

たかしましゅうはん -しうはん 【高島秋帆】 ○

1798~1866江戸後期兵学者砲術家。名は舜臣(きみおみ)、通称、四郎太夫長崎生まれ長崎町年寄鉄砲方となり大砲購入鋳造に努め、幕府洋式砲術採用建議武州徳丸原で砲術演習を行なって、江川太郎左衛門幕末西洋砲術家に多大影響与えた。

高島秋帆

読み方たかしま しゅうはん

幕末兵学者砲術家。長崎生。名は茂敦、字は舜臣、通称を糾之丞。鉄砲外国より購入し、その鋳造尽力した。近代的西洋砲術先駆者進取精神持主であった。幕府鉄砲方手付教授方頭取、講武所砲術師範役などを歴任慶応2年(1866)歿、69才。

高島 秋帆 (たかしま しゅうはん)

1798〜1866 (寛政10年慶応2年)
砲術家】 西洋砲術により、幕府軍隊の近代化促進
砲術家。長崎町年寄などを勤めながら荻野流砲術を修めた後、オランダ人より西洋砲術を学ぶ。1840年アヘン戦争の際、幕府西洋砲術採用建議翌年徳丸ヶ原で初の洋式砲術実射演習をおこなう。その後講武所砲術師範役に任じられた。著書に本訳書高島流砲術伝書」がある。

 年(和暦)
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 5才
1806年 (文化3年) 大火 8才
1808年 (文化5年) フェートン号事件 10
1825年 (文政8年) 異国船打払令 27
1828年 (文政11年) シーボルト事件 30
1829年 (文政12年) 江戸大火 31
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 32
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 39
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 41
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 55
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 57
1858年 (安政5年) 安政の大獄 60
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 62
1862年 (文久2年) 生麦事件 64
1863年 (文久3年) 薩英戦争 65


 人物
徳川 家慶 1793年1853年 (寛政5年嘉永6年) +5
遠山 金四郎 1793年1855年 (寛政5年安政2年) +5
渡辺 崋山 1793年1841年 (寛政5年天保12年) +5
水野 忠邦 1794年1851年 (寛政6年嘉永4年) +4
千葉 周作 1794年1855年 (寛政6年安政2年) +4
Siebold Philipp Von 1796年1866年 (寛政8年慶応2年) +2
歌川 広重 1797年1858年 (寛政9年安政5年) +1
男谷 精一郎 1798年1864年 (寛政10年元治元年) 0
Harris Townsend 1804年1878年 (文化元年明治11年) -6

高島秋帆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/26 06:42 UTC 版)

高島 秋帆(たかしま しゅうはん)は、江戸時代後期から末期の砲術家。高島流砲術の創始者(流祖)。「火技之中興洋兵之開祖」と号すことを認められた。


  1. ^ 「高島平」という地名は、秋帆によってこの場所で初めて洋式砲術と洋式銃陣の公開演習が行われたことにちなんで名づけられたものである。
  2. ^ 山脇悌二郎「天保改革と長崎会所」(『日本歴史』248号、1969年1月)
  3. ^ 金子功『反射炉Ⅰ』1995年、法政大学出版局


「高島秋帆」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高島秋帆」の関連用語

高島秋帆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高島秋帆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2019 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高島秋帆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS