水野 忠邦とは?

みずの‐ただくに〔みづの‐〕【水野忠邦】

[1794〜1851]江戸後期大名唐津藩主から浜松藩主へ転封大坂城代京都所司代などを経て老中となる。将軍徳川家慶信任され、天保の改革断行したが、反対者が多く失脚


みずの‐ただくに【水野忠邦】


水野 忠邦 (みずの ただくに)

1794〜1851 (寛政6年嘉永4年)
老中出世奔走して、老中首座に。天保の改革挫折
唐津浜松藩主。幕閣への出世求め唐津から石高が低い浜松へあえて転封した。自ら「青雲の要所」と称した大坂城代への昇進足がかりに、1839年老中上りつめた。天保の改革では、政策現実乖離大きく規制統制厳ししたため多く階層から反発を受けて失脚した。のち老中復帰するが、在職中賄賂問題隠居蟄居となり、失意のうちに没した。

 年(和暦)
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 3才
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 9才
1806年 (文化3年) 大火 12
1808年 (文化5年) フェートン号事件 14才
1825年 (文政8年) 異国船打払令 31
1828年 (文政11年) シーボルト事件 34
1829年 (文政12年) 江戸大火 35
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 36
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 43
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 45


 人物
為永 春水 1790年1843年 (寛政2年天保14年) +4
徳川 家慶 1793年1853年 (寛政5年嘉永6年) +1
遠山 金四郎 1793年1855年 (寛政5年安政2年) +1
渡辺 崋山 1793年1841年 (寛政5年天保12年) +1
千葉 周作 1794年1855年 (寛政6年安政2年) 0
Siebold Philipp Von 1796年1866年 (寛政8年慶応2年) -2
歌川 広重 1797年1858年 (寛政9年安政5年) -3
高島 秋帆 1798年1866年 (寛政10年慶応2年) -4
男谷 精一郎 1798年1864年 (寛政10年元治元年) -4

水野忠邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 05:38 UTC 版)

水野 忠邦(みずの ただくに)は、江戸時代後期の大名老中肥前国唐津藩主、のち遠江国浜松藩主。1841年から1843年まで天保の改革を行った[2]


  1. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 42頁。
  2. ^ “19世紀後半、黒船、地震、台風、疫病などの災禍をくぐり抜け、明治維新に向かう(福和伸夫)”. Yahoo!ニュース. (2020年8月24日). https://news.yahoo.co.jp/byline/fukuwanobuo/20200824-00194508/ 2020年12月2日閲覧。 
  3. ^ 源頼光公館土蜘蛛作妖怪図”. ウィーン大学東アジア研究所FWFプロジェクト「錦絵の諷刺画1842-1905」データーベース. 2021年9月14日閲覧。
  4. ^ 藤田覚『大江戸世相夜話』(中央公論新社、2003年) 29-30頁


「水野忠邦」の続きの解説一覧



水野 忠邦と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水野 忠邦」の関連用語

水野 忠邦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水野 忠邦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2021 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水野忠邦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS