歌川 広重とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 歌川 広重の意味・解説 

うたがわひろしげ うたがは-歌川広重 ○

1797~1858 江戸後期浮世絵師。号、一立斎。江戸の人。歌川豊広?~1829)に師事美人画役者絵を描いたが、のち、洋画遠近透視法を応用した斬新な風景版画新生面開き、「東海道五十三次」「名所江戸百景」などの名作発表安藤広重

歌川 広重 (うたがわ ひろしげ)

1797〜1858 (寛政9年安政5年)
浮世絵師風景画傑作東海道五十三次』を残した、北斎ライバル浮世絵師
安藤広重とも。浮世絵師。父は幕府定火消同心江戸出身歌川豊広入門美人画役者絵を描いた。1831年頃から『東都名所』など風景画手がけるようになり、1833年東海道五十三次』で風景画家として声価高めた。『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』など、当時北斎庶民人気二分した。

 年(和暦)
1797年 (寛政9年) 湯島聖堂昌平坂学問所改称 0才
1803年 (享和3年) 江戸開府200年 6才
1806年 (文化3年) 大火 9才
1808年 (文化5年) フェートン号事件 11
1825年 (文政8年) 異国船打払令 28
1828年 (文政11年) シーボルト事件 31
1829年 (文政12年) 江戸大火 32
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 33才
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 40
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 42
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 56
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 58
1858年 (安政5年) 安政の大獄 61


 人物
徳川 家慶 1793年1853年 (寛政5年嘉永6年) +4
遠山 金四郎 1793年1855年 (寛政5年安政2年) +4
渡辺 崋山 1793年1841年 (寛政5年天保12年) +4
水野 忠邦 1794年1851年 (寛政6年嘉永4年) +3
千葉 周作 1794年1855年 (寛政6年安政2年) +3
Siebold Philipp Von 1796年1866年 (寛政8年慶応2年) +1
高島 秋帆 1798年1866年 (寛政10年慶応2年) -1
男谷 精一郎 1798年1864年 (寛政10年元治元年) -1

歌川広重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/09 18:20 UTC 版)

歌川 広重(うたがわ ひろしげ、寛政9年(1797年) - 安政5年9月6日1858年10月12日)は、江戸時代の浮世絵師。本名は安藤重右衛門。かつては安藤広重(あんどう ひろしげ)とも呼ばれたが、安藤は本姓・広重は号であり、両者を組み合わせて呼ぶのは不適切で、広重自身もそう名乗ったことはない[1]


  1. ^ 歌川広重 人物像
  2. ^ 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、49頁。ISBN 978-4-09-626607-6 
  3. ^ 歌川広重伝」『浮世絵師歌川列伝』「
  4. ^ 白石(1993)
  5. ^ 関根(1899)
  6. ^ 現住所は東京都墨田区向島4-9-13
  7. ^ 増補浮世絵類考』では、62歳で死亡とある。
  8. ^ 当初、浅草北松山町にあったが、関東大震災により、足立区伊興本町1-6 に移転、東武伊勢崎線竹ノ塚駅より徒歩圏内。
  9. ^ 永田生慈 「広重の動静と作品 問題点を中心として」『生誕200周年記念 特別展 歌川広重展』図録所収、1996年
  10. ^ 藤懸(1924)
  11. ^ 菊地(1965)


「歌川広重」の続きの解説一覧



歌川 広重と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歌川 広重」の関連用語

歌川 広重のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



歌川 広重のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歌川広重 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS