渡辺 崋山とは?

わたなべ‐かざん〔‐クワザン〕【渡辺崋山】


渡辺崋山

作者石川淳

収載図書石川淳全集11
出版社筑摩書房
刊行年月1990.1


渡辺崋山

作者森銑三

収載図書徳川家康
出版社個人
刊行年月1991.3
シリーズ名森銑三紀念文庫


渡辺崋山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/02 02:44 UTC 版)

渡辺 崋山(わたなべ かざん)は、江戸時代後期の武士、画家。三河国田原藩(現在の愛知県田原市東部)の藩士であり、のち家老となった。通称は登(のぼり・ただし一部の絵には「のぼる」と揮毫)、は定静(さだやす)。号ははじめ華山で、35歳ころに崋山と改めた。号は他にも全楽堂、寓画堂など。贈正四位[1]


  1. ^ a b 「叙任及辞令」『官報』1891年12月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)。「渡邊登」の名で掲載。
  2. ^ 田中弘之『「蛮社の獄」のすべて』(吉川弘文館、2011年)
  3. ^ 田中『「蛮社の獄」のすべて』
  4. ^ “19世紀後半、黒船、地震、台風、疫病などの災禍をくぐり抜け、明治維新に向かう(福和伸夫)”. Yahoo!ニュース. (2020年8月24日). https://news.yahoo.co.jp/byline/fukuwanobuo/20200824-00194508/ 2020年12月2日閲覧。 
  5. ^ 『文明東漸史』百八頁
  6. ^ こういった経緯のために昭和戦時下、左翼文学者の藤森成吉らが崋山を好んで描き、左翼運動の隠喩とした。
  7. ^ 田中『「蛮社の獄」のすべて』
  8. ^ 佐藤昌介『渡辺崋山』


「渡辺崋山」の続きの解説一覧



渡辺 崋山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渡辺 崋山」の関連用語

渡辺 崋山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渡辺 崋山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渡辺崋山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS